腰痛の症例2

よこはま山手治療院の口コミ 横浜市中区大和町|エキテン-min

 

腰痛の患者さん

患者さん

30代 女性 主婦

来院動機

友人のご紹介

症状

腰痛の女性

慢性的に腰痛を感じており、「このままだと良くないな」と思いながらも、何とかごまかして来た。

初回のご来院の数日前に、痛みがかなり強くなり、前々からお友達の方から紹介されていた当院にご来院。

横になっていれば痛みはひどくないが、立ったり座ったりの状態が辛く、身体を起こすことにも。痛みが強く出る。

当院にご来院前の治療方法

上記致しましたように、慢性的に腰痛を感じていらっしゃいましたが、特にどこかに通院されてはいないとのことでした。

しかし、今回急激な痛みが出たことで、整形外科を受診。

「椎間板ヘルニアになりかけている」と言われ、「不安」が強くなり、これは何とかしなければと、当院にいらっしゃることをご決断されました。

 

当院での施術

施術の様子

まずは、強い痛みを抑えるように施術を行いました。

結果的に一度目の施術で、痛みはかなり軽減されました。

施術前には、動きに制限もかなりありましたが、施術後には立ったり座ったりの動作は行うことも可能となり、患者さん自身もホッとされているご様子でした。

施術としては、仙腸関節の動き、腹部の緊張、身体の傾きも大きかったため、全体のバランスを整えるようにも施術を行いました。

 

経過

日常生活の動きも制限されているような状態でしたので、「生活の質」という面では向上しましたが、慢性的にあった腰痛を改善して行くためにも、週に一回の施術を提案し、1~2か月ほど施術を続けました。

それから2週間に一度の施術になり、現在は月に一度の施術を行っています。

たまに腰痛を感じることもあるとのことですが、「ここに来れば何とかしてもらえる」と思うと、日常生活も安心して過ごせるとのことでした。

何度も申し上げることですが、痛みや症状は「結果」に過ぎません。

ぶつけた、転んだなどの急性症状の場合ではなく、慢性痛の場合…

「結果」に至るまでの「過程」は、やはり「患者さん自身の身体の使い方」、日常生活での「運動習慣」や「姿勢」つまり「生活習慣」によることが大きいわけです。

「筋力低下」によっても痛みは起こりますし、心理的な要因や、誤った認識によっても起こり得ます。

痛みは一つの原因で起こるというよりは、様々な要因を考慮しなければなりません。

その場しのぎの対処を繰り返すことが悪いとは申しませんが、「痛みに日常生活が縛られる」よりも「痛みに振り回されない生活」の方が良いのかなと感じます。

考察

カウンセリング
  • (どこかに)痛みがあるけど、時間がないし…
  • 痛みがあるけど、何とかごまかせば…
  • 痛くなったら、痛み止めや湿布を貼ればいい

日常的に身体のどこかに「痛み」を感じている人は、多いのではないでしょうか。

上記のようなことも、当てはまる方も多いかもしれませんね。

しかし、「痛み」は身体からのサインとも言えますので、そのサインを見逃し続けていると、後にもっと痛みが…ということも少なくありません。

まして、ご自身で運動をする習慣や、気を付けていなければ、そうなってしまう確率も高いでしょう。

「時間がない」ことも理解できますが、ご自身からのサインを見逃さず、ご自身の身体をもっと大切にしてあげた方が良いかもしれません。

ご自身の身体に鞭を打っていても、状況が好転することの方が少ないように思います。

無理をしているから、「無理しないで」と身体がサインを送っているのかもしれません。

今回ご紹介した患者さんに対して、当院での施術が、何らかの「気付き」となれたことが、施術者としても嬉しく思います。

この記事を書いた人

院長

中野 貴博(なかの たかひろ)

横浜市中区の整体 よこはま山手治療院 院長 あん摩マッサージ指圧師

「痛みや症状に振り回されることなく、やりたいことをやりたい時にできる身体作りを目指すこと」を患者さんに体現したいただくため、日々施術を行い、「常に成長」をするため学びを続けている。

昭和54年8月20日生 石川県金沢市出身(横浜在住20年ほど)

血液型O型

詳しいプロフィールはこちら

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事