椎間板ヘルニア

こんな症状でお困りではありませんか

  • 「ヘルニアが出ている」と言われて、毎日不安でしょうがない
  • 薬を飲んでいるけど、痛みが変わらない
  • 常に足が痛い、しびれていてどうしたら良いか分からない
  • 毎日湿布は貼っているけど…
  • 手術しかありませんと言われたけど、怖いし入院もしたくない

当院には、「椎間板ヘルニア」に悩む多くの方が来院されています。

あなたが、お困りの症状には、何かしらの原因が存在します。

その原因に気付き、今現在ある痛みを何とかすることはもちろん、症状がなくなった後も、「また痛くなるんじゃないか…」「またあの痛みが出てきたら…」という症状の再発に怯えながら生活するのではなく、多少無理をしても、痛みや症状に振り回されない身体を手に入れていただきたと考えております。

多くの方が、当院で椎間板ヘルニアのお悩みから卒業されています。

お一人で悩まず、当院にご相談ください。

椎間板ヘルニアについて、詳しく知りたいという方は、最後までお付き合いください。

一人で悩まずにまずはご相談ください

よこはま山手治療院 電話

LINE予約

ネット予約

当院では開院以来、椎間板ヘルニアでお悩みの患者さんを数多く診させていただきました。

中には、「病院で手術を勧められた」という方もいらっしゃいます。

椎間板ヘルニアは「腰椎」に多いですが、「頸椎」(首)に起こる場合もあります。

  • ヘルニアと言われて、毎日不安でしょうがない
  • 薬を飲んでいるけど、効かなくなっている
  • 常に足が痛い、しびれていてどうしたら良いか分からない
  • 毎日湿布は貼っているけど…
  • 手術しかありませんと言われたけど、怖いし入院もしたくない

このような方が本当に多いですよね。

「波があり、痛みが軽くなる場合もあるけど、痛い時は本当に痛くて動けない」

調子が良い時とのギャップで、周囲から誤解されてしまうという方もいらして、見ているこちらもつらい時があります。

仕事は休めないし、運動もやりたいんだけど、痛くてどうしようもない。
電気をやったり、マッサージを受けたりしても改善しないので、どうしたら良いか分からない。

ご自分でも頑張っていらっしゃる方が大半です。

そもそも椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニア

「腰椎」や「頸椎」と言われる「骨」の間にはクッションの役割をする「ゼリー状のもの(椎間板)」が存在します。

椎間板に「過度な刺激」や「繰り返しダメージ」が加わると、膜が破れて椎間板が飛び出してしまう状態、それを「椎間板ヘルニア」と呼びます。

「ヘルニア」は飛び出すという意味です。

その飛び出したものが近くを走っている神経に触れたり、圧迫されたりすると激痛となってしまいます。

しかし…

詳しくは 【腰痛のページ】をご覧いただきたいのですが、椎間板ヘルニアの状態を画像で確認された方でも、全く症状を感じない方も中にはいらっしゃいます。

いわゆる無症状の方も多いのが現状です。

ヘルニアはマクロファージが食べてくれます

では、その『飛びだした状態が一生続いてしまうのか』というと、そんなことはありません。

「この痛みが一生続いたらどうしよう」と不安に思う方もいらっしゃるかと思いますが、マクロファージという白血球が、飛び出した椎間板を「異物」とみなし食べてくれるということが確認されています。

また、近年では、慢性痛に対する研究が進み、「不安」が脳内で痛みを作り出していると、医師がメディアを通して紹介しています。

「痛み」は、脳で感じます。

実際に、痛い箇所から信号を受け取っている場合もありますが、脳内で痛みを作り出していることもあるのです。

メディアを通して、「手術は不要である」と医師が紹介する時代になりました。

手術をしても、良くならない方、再発する方が圧倒的に多いということであり、人によって期間は変わりますが、手術をしなくても、ヘルニアの状態は改善する場合が多いのです。

本当に手術が必要な割合は、ほぼないということです。(膀胱直腸障害など、特別な場合を除いて)

当院の施術

当院では、負担のかかっている箇所、身体のバランスを整えるなどの施術を行います。

足のしびれが強い時などには、腹圧が高くなっている場合も多く、一人では歩けないという方も、数多く施術させていただいております。

上述致しましたように、免疫細胞である「マクロファージ」が働きやすい状態にしてあげたり、異常を起こしている筋肉、関節、神経の状態を整えて行き、よりあなた自身の治癒力も高めていきます。

施術が長期に渡る場合が多々ありますが、焦らずじっくり辛抱強くやっていくことが必要です。また、日常生活に支障を来たす場合、家族やお仕事場での協力や理解が必要不可欠です。

認知のゆがみ

重いものを持つ男性

また、椎間板ヘルニアに限らず、「腰痛」の場合には、「認知のゆがみ」も深く関係しています。

ここで申し上げる「認知」とは、「情報」「思い込み」など、あなたが「腰痛」や「椎間板ヘルニア」などに関しての知識のことです。

  • 椎間板ヘルニアは治らない
  • 腰痛とは、一生付き合っていかなければならない
  • 手術しないと痛みがなくならない
  • 画像診断することは、痛みを取ることに有効である
  • 重いものを持って、腰に負担をかけてはいけない

上記のように思っている方が、非常に多いですね。

しかし、ご覧になっているチェック項目は、どれも正しくありません。

椎間板ヘルニアは、治ります。
腰痛に怯えながら生活する必要などありません。
手術しなくても、痛みがなくなる方がほとんどです。
画像診断によって、痛みがひどくなるケースもあります。
重いものを持っても、「腰が悪くなる」なんてことはありません。

「画像診断」は、「原因を知りたい」という欲求を満たしてくれるものではあり、実際に原因を知って良くなるという方もいらっしゃいますが…

多くの場合、「ここにヘルニアが出てます」「こんなに骨の間がつぶれてますよ」と言われると、無意識に「あぁこんな状態だったり、痛くなって当たり前だな」、「痛くないはずがない」と認識してしまい、常に「自分の腰」に対して、警戒心を持つようになります。

朝起きた瞬間から、「今は痛くないけど、また電車に乗ったら痛くなるだろうな」、「いつ痛みが来るんだろう」と常に、自分の腰に対して、警戒しているのです。

例えば、あなたが山道を歩いていたとして、「熊出没注意!」と書かれた看板が立っていたら、どうでしょうか。

「えっ!熊いるの!」と、ダラっとは歩けませんよね。

「いつ来るんだろう」「ホントにいたらどうしよう」と身体を硬く緊張させて歩いてしまうはずです。

ということは、「警戒」は、筋肉を硬くするのです。硬くなった筋肉は、痛みを作り出しやすくなります。

そして、「重いもの」を持つと「腰が悪くなる」のも、単なる思い込みです。

「腰が悪い」と思っている方で、絶対に重いものを持たないと決めている方もいらっしゃいます。(本当は、腰が悪いという思い込みも良くないんですが)

「筋トレ」ってご存知ですか?いや、ご存知ですよね(笑)

「筋トレ」って、鍛えたい箇所に、負荷をかけ(負担をかけ)、その刺激によって、筋肉の成長を促す、その箇所を強くする行為ですよね。

「負担をかけた場所」は、また同じ刺激が来た時に、耐えられるようにと、あなたの身体が、筋繊維を太くします。

もう一度確認しますが、負担をかけた場所は、強くなるんです。

痛みの原因には、少なからず筋力の低下がありますので、負担をかけてはいけないのではなく、重いものを持たない、負担はかけないということは、その部分を弱くしているだけということになります。

「いやいや、椎間板が余計に飛び出したりするんじゃ…」とお思いの方もいらっしゃいますが、椎間板の形状と痛みは、関係していないケースがほとんどなんです。

負担をかけた場所 → 悪くなる ✖
負荷をかけた場所 → 強くなる 〇

なんです。

 

痛みや症状は結果でしかない

一時、症状が軽くなっても、「波」があったりします。(痛い日、痛くない日がある)

「痛み」だけを抑えるなら、強力な痛み止めや、麻酔を使えばよいのかもしれませんが、それは「治った」とは言えませんよね。

今ある痛みを何とかすることは、もちろん大事ですが、もっと大事なことは、「なぜ痛くなったか」の方です。

良くなった後も、痛み怯えたり、振り回されない身体になることの方が、よっぽど大事なんです。

当院では、痛みが出ない状態を続けて行けるようにアドバイスや、定期的なお身体のチェックもしております。

症状が出てしまうと、またつらい時期が長くなり、回復にも時間がかかってしまう場合があります。

再びそのような状態にならないよう、セルフケアのご提案もさせていただいておりますので、お気軽にご相談ください。

手術・注射は必要なのか?

現在、腰椎椎間板ヘルニアの治療では、保存療法と手術療法に大別されているが、多くの患者で保存療法により3ヵ月以内に軽快することから、治療の原則は保存療法となっている。

この保存療法では、安静、コルセット等の理学療法と鎮痛薬、筋弛緩薬、抗うつ薬などによる薬物療法が推奨されている。

しかし一方で、これらの保存療法を行っても十分な改善が見られずに、手術療法が選択される症例も少なくないのが現状だ。

手術療法は、全身麻酔下で行う必要があり、患者への侵襲性も高く、さらには術後血腫など重篤な合併症の発現のリスクもある。—- 引用ここまで —-

上記の文は、あるサイトから引用したものです。

決して、現状の医療を否定しているわけではありませんが、治療の原則は、「保存療法」。

ということは、医療としては、「何もやれることはない」と捉えることもできるいうことですね。

手術をするにしても、「なぜそうなってしまったのか」の方に目を向けなければ、同じことを繰り返してしまいます。

最近では、腰椎椎間板ヘルニアの治療薬として「コンドリアーゼ」(商品名ヘルニコア)が薬価収載されたとニュースになっていました。

要は、注射でヘルニアを溶かすということらしいですが、手術と同じく、ヘルニアがあっても痛みを感じない人、全く症状がないという方もいらっしゃるのが現状ですので、「結果」ではなく、「過程」の方に目を向けるべきかなとも考えます。

実際に、

  • 手術をしたのに痛みが取れない
  • 半年後にまた痛みが出てきた
  • 手術をしてからずっと足の冷えが続いている

といったお声を当院の患者さんからお聞きします。

もし、手術をしてもあなたの痛みが取れなかったら、全く変化がなかったとしたら。。。

注射ならそのリスクはないかもしれませんが、例え内視鏡などの小さな手術跡でも、筋繊維や筋膜は傷つきます。

組織が壊れてしまうということです。筋膜は全身を一枚で覆われているとも言われています。

ある部分に傷がつけば、その部分を補正しようと他の部分が伸びたり縮んだりします。

そういうバランスも変化してしまうということです。

当院としては、安易に手術をすることをおススメしませんし、注射によってヘルニアがなくなったとしても、
再び同じ状況にならないことの方が大切だと考えています。

もちろん、手術して痛みがなくなったという症例もあるでしょう。

しかしながら、それは、「手術を受けたんだから、大丈夫だ」という安心感が生んだものかもしれません。

その安心感がずっと続けば良いのですが、何かのきっかけで、また「不安」が襲ってきたら、また同じような症状に悩まれることになるかもしれません。

ここまで、長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

椎間板ヘルニアでお困りの場合は、ぜひ一度当院にご相談ください。

 

多くの患者さんに喜ばれています

患者さんからの口コミ

【整体への見方が変わりました】

約一年前、ヘルニアからくる左臀部からつま先に痛み、痺れ、冷感があり通っていた複数の整形外科医からは手術しかないかもと言われていました。

医学療法やカイロ等も試したのですが改善されず、まさに路頭に迷う感じでした。

そんな時知り合いに山手治療院を紹介され、中野先生に最初に言われた事は<手術は絶対しなくていい>と言う一言でした。

当時、気持ちの奥底で安堵の気持ちがあった事をよく覚えています。

現在、手術と言われた症状がほぼなくなり普通に生活させてもらっています。ありがとうございます。

syumさん

※患者様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

 

エキテン感想

【数か月前から歩くと左のお尻が…】

数か月前から歩くと左のお尻が痛むようになって、犬の散歩に行くのもつらくなり始めて、このまま歩けなくなったらどうしようと整形外科や接骨院をはしごしました。

しかし、良くなるどころか段々と痛みがひどくなってしまって、少し歩くだけで痛くなってしまいました。

家からは遠かったものの、ダメもとでこちらにお世話になりました。院長先生にお願いしましたが、病院と違ってちゃんと私の話を聞いてもらえて、初めての時に「大丈夫!きっと良くなりますよ」と言ってもらえました。

もうそれだけで救われた気持ちになって、とても安心しました。

接骨院と違って電気をあてるようなことはせず、骨格を整えるというよりは、直されているという感じがします。

最初にあった痛みも今は、心地よくなって来て、歩くと痛かったのも、今ではほとんど痛みがないんです。

先日、もう行けないと思ってあきらめかけていた登山にも行けました!

主人ともども驚いています。

本当にこちらにお世話になって良かったと思っています。友達にも紹介しています。

今後もよろしくお願いします。

 

ゲストさん

※患者様の感想であり、効能を保証するものではありません。

キャンペーン中

よこはま山手治療院 電話

ライン予約

なぜ当院が選ばれるのか

5つの理由

理由1

医師推薦の技術力

当院の院長は、国家資格取得後、横浜市、生麦にある「長生医院」(現在は長生院)にて約5年間の修業の中で、数多くの患者さんを施術させていただきました。

80年以上続く歴史ある長生院で、たくさんのことを学ばさせていただきました。

長生医院の院長であった、「医学博士」の故柴田正義先生から、「修了証」と「推薦」をいただいております。

常に結果を求められる治療院の中で、5年間鍛えられました。

そして、この山手に開院して10年。

 

おかげさまで、治療院業界の「食べログ」とも言われる「エキテン」において、【横浜市中区】で一位の評価をいただいております。

今後も、地域の皆様にお役に立てるよう、日々精進しております。

理由2

一人一人に合ったプラン

当院の特徴として、「施術計画」をお出しすることが挙げられます。

当院では、スタッフ全員がカウンセリングについても学んでおり、ただ痛みや症状を追うだけではなく、今後の患者さんの生活全般において、お役に立てるよう、心掛けております。

あなたのお身体の状態をチェックすることはもちろん、ケアプランを立て、あなたのお悩みがなくなり、より人生が輝くように、一緒に歩んで参ります。

施術者全員が国家資格を所有しています。

当院のスタッフは、国が認めた専門学校(長生学園)で3年間みっちり勉強し、

「按摩マッサージ指圧師」という国家資格を有しております。

もちろん、資格を持っていることだけが全てではありません。

のべ35,00人以上の方を施術させていただき、「経験」も豊富です。

プロの施術家の先生からも、推薦文を多数いただいております。

理由4

女性にやさしい空間作りを心掛けています

院内のようす

当院は、女性の方でも安心して来院していただけるよう、清潔感ある院内を心掛けております。

実際に、当院の患者さんの約7割以上は、女性の患者さんです。
(もちろん男性の方もお気軽にお越しください。)

JR京浜東北根岸線「山手駅」から徒歩3分とアクセスも抜群で、お仕事帰りの方も、多数ご来院されています。

 

また、キッズスペースを設けており、お子様連れのご来院もOKです。託児サービスもございますので、詳しくは、お問い合わせください。

理由5

身体の変化を実感できる

当院では、まず客観的にあなたのお身体を判断するため『姿勢分析システム』『筋硬度計』を用いて、「姿勢」や「筋肉の状態」「関節の硬さや動き」などをチェックします。

患者さんにも、「ご自身のお身体の状態」を知っていただくことで、よりお身体の変化を感じていただけると評判です。

整形外科医からの推薦文

修了証

日本長生医学会、前会長の故「柴田正義医学博士」は、私が研修(修業)させていただいた、「長生医院」の院長であり、整形外科医として様々な功績を残された先生で、私の師でもありました。

先生の下で、多くの患者さんと向き合い、勉強させていただき、長生医院の研修修了課程をクリアし、第61号として『修了証』もいただきました。

施術の流れ

院長からのメッセージ

初めての方限定キャンペーン

電話番号

ライン予約

よくあるご質問

Q.予約をしないでも大丈夫ですか?

A.当院は、予約制になっております。ただ、当日でもご予約が可能の場合がございますので、お問い合わせください。

 

Q.何か持ち物はありますか?

A.特には、ございません。お着替えに関しても、ご自身でお持ちいただいても大丈夫ですし、当院にもご用意がございますので、ご利用ください。会社帰りの方も、お気軽にご来院ください。

 

Q.駐輪場(自転車やバイク)や駐車場はありますか?

A.自転車、バイクに関しては、当院の前に置いていただいて大丈夫です。当院専用の駐車場はございませんので、近隣のコインパーキングをご利用ください。(30分200円のところが多いです。)

 

その他のご質問は、こちらからご覧いただけます。

ご予約の前に

  • とにかく一回で治してほしいという方
  • リラクゼーションを目的とする方
  • 当院の施術方針をご理解いただけない方
  • 予約時間にご来院いただけない方
  • ご自分のお身体を大事にできない方

周りを見渡すと、整骨院や整体院が、たくさんありますよね。

「たくさんありすぎて、どこを選んだら良いか分からない」そうお考えの方も多いですよね。

一口に「○○整体」や「○○整骨院」といっても、様々な特徴やスタイルがあり、あなたがお考えの目的によって、「選び方」や「通院方法」も変わります。

例えば、あなたが《肩こりでお悩み》の場合

 

◇『とりあえず、今だけでも楽になりたい』

  ⇒【鎮痛剤を服用する、もしくは、安さを売りにしている整体院やリラクゼーションを目的としたマッサージへ】

 

◇『ちょっと押されたぐらいじゃ効かないし、強く押してもらいたいんだよな』

  ⇒【グイグイ押してくれるマッサージ屋さんへ】

 

◇『一回でどこも悪くならないようにしてほしい』

  ⇒【達人】のいるようなお店を探すしかないかもしれません。

 

◇『肩こりを何とかするのではなく、肩がこらないような身体になりたい‼』

  ⇒ぜひとも【当院】へご相談ください

 

真に、肩こりや腰痛などの不調をなくそうと考えていても、その場しのぎの方法を選んでしまう方が多いですよね。

あなたが、その場さえ気持ち良ければいいとお考えであれば、申し訳ないのですが、当院ではお役に立てないかもしれません。

しかし…

「凝りにくい体質や身体に変化して、明るく前向きに生活したい」

とお考えであれば、当院がお役に立てるはずです。ぜひ当院にご相談ください。