腸脛靭帯炎

こんな症状でお困りではありませんか

  • 走っていると膝が痛む
  • バドミントンをして、痛みが出る
  • 歩いていると平気なのに、走ると違和感を感じる
  • 趣味の山歩きに行きたいんだけど…
  • 手術をすると言われている

腸脛靭帯炎の施術について

当院には、「腸脛靭帯炎」や「ランナー膝」に悩む多くの方が来院されています。

私自身の運動経験から、数多くのケガもしてきました。

その中でも、膝や腸脛靭帯炎は、学生時代やジョギングを日課としている現在でも悩まされた痛みでもあります。

当院では、今現在ある痛みを何とかすることはもちろん、「腸脛靭帯炎にならないような身体」を目指し、再発防止までしっかりサポート致します。

多くの方が、当院で腸脛靭帯炎(ランナー膝)のお悩みから卒業されています。

お一人で悩まず、当院にご相談ください。

腸脛靭帯炎(ランナー膝)について、詳しく知りたいという方は、最後までご覧ください。

一人で悩まずまずはご相談ください。

よこはま山手治療院 電話

LINE予約

ネット予約

こういったお声を耳にします

  • 走っていると膝が痛む
  • バドミントンをして、痛みが出る
  • 歩いていると平気なのに、走ると違和感を感じる
  • 趣味の山歩きに行きたいんだけど…
  • 手術をすると言われている

といった患者さんが当院に来院されています。

そもそも腸脛靭帯炎とは?

まず、腸脛靭帯炎とは何か?

ご紹介して参りますね。

「腸脛靭帯炎」は、別名「ランナー膝」と言われており、長距離を走る人に多いとされています。

太ももの外側にある大きな靭帯で、大腿筋膜張筋とともに、骨盤部分と膝をつないでいる靱帯です。

一般的に、「使い過ぎ」つまり「走りすぎ」によって炎症を起こし、痛みが起こるとされています。

腸脛靭帯炎が起こる原因

原因として挙げられているのは、繰り返しの屈伸運動(膝の)によって
腸脛靱帯が、大腿骨外顆(膝付近)と接触して炎症が起きると言われています。

ランナー膝と言われるように、マラソンなどのを行う長距離ランナーに多く起こると言われています。

もちろん、長距離ランナーだけではなく、膝の曲げ伸ばしが多いスポーツをされる方には起こりやすい症状です。

近年では、ロードバイク(自転車)に乗る方も増え、自転車でも痛みが出る方が増えています。

他にも、テニスや水泳、バスケットボールやバレーボールなども多いとされています。

上記致しましたが、痛みの要因は、使い過ぎによる炎症と言われています。

本当に使い過ぎだけで起こるの?

走る人

「使い過ぎ」による炎症。

腸脛靭帯炎について色々と調べてみても、そう書いてあることが多いです。

しかし、本当に「使い過ぎ」だけなのでしょうか?

もし、本当に使い過ぎが原因なら、フルマラソンを走るランナー達、毎日何十キロも走るランナー達は、皆さん炎症を起こすことになってしまいます。

どんな症状でもそうかもしれませんが、同じことをやっていても、痛みが出る人とでない人がいますよね。

長距離を走っても、痛みが出る人とでない人がいる。

そこには、「走りすぎ」では片付けられない原因が存在していると考えた方が自然です。

実際のところ…

上記致しましたが、私自身も毎日ジョギングをしています。

もう20年ほど続けている中で、「膝」を痛めるときもありました。

雨の中を走って、「冷え」から炎症を起こすこともありましたし、フルマラソンにチャレンジしたものの、膝の痛みによってリタイアするという経験もしてきました。

しかし、その時は痛みがあっても、今現在は全く痛みはなく、日々のジョギングを続けられています。

単純に「走りすぎ」、「使い過ぎ」だけが原因というわけでもなさそうですね。

腸脛靭帯炎の症状

では、実際に、「腸脛靭帯炎」ではどのような症状が出てしまうのでしょうか?

膝の外側に痛みが出るのが主な症状です。

  • 走り始めに違和感があり、時間が経つと(しばらく走ると)気にならなくなる
  • 長い距離を走った時や膝に負担がかかる動きをすると痛みが出る

といった症状が言われています。

悪化してくると、階段の上り下りや歩いているだけでも痛んでくるという、日常生活でも痛みが出るようになってしまいます。

主に、運動時に痛みが出るということが挙げられます。

単なる膝の痛みと違うの?

どんな症状にも言えることかもしれませんが、痛む場所によって名前が違っているだけという場合もあります。

例えば、「坐骨神経痛」という症状も、「臀部~太ももの裏~ふくらはぎ~足指など」の坐骨神経の通り道である箇所に痛みやしびれが出た場合を「坐骨神経痛」と呼んでいます。

「その部分に症状が出た場合に、そういうふうな名前を付けましょう」ということであって、実際の原因は色々なことが挙げられます。

いわゆる椎間板ヘルニアもそうかもしれませんし、単純に筋肉のハリが原因かもしれません。

この「腸脛靭帯炎」も膝の外側に、歩き始めや使いすぎた時に痛みが出るという時に、そういう名前がついていると考えていただければ良いかと思います。

「明確な定義」を用いるのも難しいですし、それについて過剰に心配や不安を持つ必要はありません。

腸脛靭帯炎の痛みにはこんな施術をします

施術のようす

腸脛靭帯炎による膝の痛みを訴える患者さんの多くは、片側に出ることが多く、どちらかの足に負担がかかりやすい状態になっています。

膝蓋骨の位置や、捻られる関節ではない「膝」に対し、捻って使っている場合もあります。

人間の土台は、足裏です。その足裏で重力を押し返して、私達は生活しています。

その土台にズレが生じると、膝や股関節などでバランスを取ろうとします。
足の着き方や履物を調整することも必要かもしれません。

歩き方や走り方、足の使い方に問題がある場合には、それらも改善して行けるようにしましょう。

「日常生活での積み重ね」で悪化している場合がほとんどなので、ご自分では気付かない原因も一緒に探していくことで、「再発」してしまったり、「慢性化」になって行くことを予防します。

多くの人が通う整体やクイックマッサージなどが症状を悪化させることもあります。

まずは、原因をしっかりと見極め、対処していくことが必要になります。

痛みや症状は「結果」でしかありません。

「なぜそうなってしまったのか」
「なぜそこに痛みが出るのか」

に目を向け、一度痛みが取れたとしても、再び痛みに悩まされないようにしていきたいですね。

安静・消炎鎮痛剤は効果があるの?

上記した内容を踏まえ、安静にすることも必要ではないと言い切れませんが、原因が取り除かれていなければ、再び運動を始めた時、また痛みが出る可能性もありますよね。

消炎鎮痛剤も同じです。

消炎鎮痛剤を使ったその場は良いかもしれませんが、もし「炎症」があるのなら、感覚を麻痺させておいて使えば、余計に悪くなるのは目に見えていますよね。

「アイシング」も同様です。

冷やしただけでは、痛みを感覚的に麻痺させているだけであって、その場だけであって、根本的な何の解決にもなりません。

私自身の経験を通して

私自身も、野球で肘を痛めた時に、「投げすぎ」だと言われました。

でも、私よりもたくさん投げている人は大勢います。

しかし、痛みが出ない人もいるわけで、「投げすぎ」で投げることをやめること、やりたいのにやれないという状況は、運動を続けたい人にとっては、とてもつらい状況ですよね。

「走りすぎ」や「投げすぎ」と言われることは、もうその運動はできないと言われているのと同じであって、未来が絶たれるような思いをしてしまいます。

しかし、原因が違うところにあれば、「そこを改善すれば、また続けられる」という希望になります。

私自身の経験を通して、あなたを勇気づけられる、応援できる存在でありたいなと思っております。

「痛み」というのは決して「悪い」だけではありません。
身体からの「重要なサイン」の場合もありますよね。

もしかしたら、歩き方や走り方に問題があるのかもしれません。
足の使い方や、靴やインソールが原因の場合もあるかもしれません。

整形外科や接骨院に通っているけど、全く良くならない…
他の整体院やマッサージなどで良くならなかったという方も、ぜひご相談ください。

「もう何年も痛いから…」とあきらめかけていた方も、「良くなって明るく前向きに暮らせるようになりました。」と感想をいただいたこともあります。

あきらめないでご相談くだされば、きっと何かお役に立てることもあると思います。

一緒に頑張りましょう。

〈監修〉あん摩マッサージ指圧師(国家資格)よこはま山手治療院院長 中野貴博

多くの患者さんに喜ばれています

患者さんからの感想

【半月板の治療】

膝の違和感から徐々に階段の登り降りが辛くなる膝痛が続きました。

整形外科に通ってMRI検査の結果、右膝の半月板損傷、手術しないと治らないと言われました。

手術は色々調べるとそのリスクも伴うようだったので、こちらの整体院に相談したところ、半月板を損傷していても痛みのない方もいます、きちんと治療すれば手術は不要、などのアドバイスがあり、こちらの整体院で治療してみようと3ヶ月が経ちました。

まだ若干の痛みは残ってますが今では娘と一緒にやっている空手にも復帰できるまで回復してきました。

整形外科に言われたとおり手術しなくて良かったなと、この治療院の先生に感謝しています。

引き続きよろしくお願いします。

※患者さんの感想であり、効果効能を保障するものではありません。

一人で悩まずにご相談ください

よこはま山手治療院 電話

LINE予約

お問い合わせ

なぜ当院が選ばれるのか

5つの理由

理由1

医師推薦の技術力

当院の院長は、国家資格取得後、横浜市、生麦にある「長生医院」(現在は長生院)にて約5年間の修業の中で、数多くの患者さんを施術させていただきました。

80年以上続く歴史ある長生院で、たくさんのことを学ばさせていただきました。

長生医院の院長であった、「医学博士」の故柴田正義先生から、「修了証」と「推薦」をいただいております。

常に結果を求められる治療院の中で、5年間鍛えられました。

そして、この山手に開院して10年。

 

おかげさまで、治療院業界の「食べログ」とも言われる「エキテン」において、【横浜市中区】で一位の評価をいただいております。

今後も、地域の皆様にお役に立てるよう、日々精進しております。

理由2

一人一人に合ったプラン

当院の特徴として、「施術計画」をお出しすることが挙げられます。

当院では、スタッフ全員がカウンセリングについても学んでおり、ただ痛みや症状を追うだけではなく、今後の患者さんの生活全般において、お役に立てるよう、心掛けております。

あなたのお身体の状態をチェックすることはもちろん、ケアプランを立て、あなたのお悩みがなくなり、より人生が輝くように、一緒に歩んで参ります。

施術者全員が国家資格を所有しています。

当院のスタッフは、国が認めた専門学校(長生学園)で3年間みっちり勉強し、

「按摩マッサージ指圧師」という国家資格を有しております。

もちろん、資格を持っていることだけが全てではありません。

のべ35,00人以上の方を施術させていただき、「経験」も豊富です。

プロの施術家の先生からも、推薦文を多数いただいております。

理由4

女性にやさしい空間作りを心掛けています

院内のようす

当院は、女性の方でも安心して来院していただけるよう、清潔感ある院内を心掛けております。

実際に、当院の患者さんの約7割以上は、女性の患者さんです。
(もちろん男性の方もお気軽にお越しください。)

JR京浜東北根岸線「山手駅」から徒歩3分とアクセスも抜群で、お仕事帰りの方も、多数ご来院されています。

 

また、キッズスペースを設けており、お子様連れのご来院もOKです。託児サービスもございますので、詳しくは、お問い合わせください。

理由5

身体の変化を実感できる

当院では、まず客観的にあなたのお身体を判断するため『姿勢分析システム』『筋硬度計』を用いて、「姿勢」や「筋肉の状態」「関節の硬さや動き」などをチェックします。

患者さんにも、「ご自身のお身体の状態」を知っていただくことで、よりお身体の変化を感じていただけると評判です。

整形外科医からの推薦文

修了証

日本長生医学会、前会長の故「柴田正義医学博士」は、私が研修(修業)させていただいた、「長生医院」の院長であり、整形外科医として様々な功績を残された先生で、私の師でもありました。

先生の下で、多くの患者さんと向き合い、勉強させていただき、長生医院の研修修了課程をクリアし、第61号として『修了証』もいただきました。

施術の流れ

院長からのメッセージ

初めての方限定キャンペーン

電話番号

ライン予約

よくあるご質問

Q.予約をしないでも大丈夫ですか?

A.当院は、予約制になっております。ただ、当日でもご予約が可能の場合がございますので、お問い合わせください。

 

Q.何か持ち物はありますか?

A.特には、ございません。お着替えに関しても、ご自身でお持ちいただいても大丈夫ですし、当院にもご用意がございますので、ご利用ください。会社帰りの方も、お気軽にご来院ください。

 

Q.駐輪場(自転車やバイク)や駐車場はありますか?

A.自転車、バイクに関しては、当院の前に置いていただいて大丈夫です。当院専用の駐車場はございませんので、近隣のコインパーキングをご利用ください。(30分200円のところが多いです。)

 

その他のご質問は、こちらからご覧いただけます。

ご予約の前に

  • とにかく一回で治してほしいという方
  • リラクゼーションを目的とする方
  • 当院の施術方針をご理解いただけない方
  • 予約時間にご来院いただけない方
  • ご自分のお身体を大事にできない方

周りを見渡すと、整骨院や整体院が、たくさんありますよね。

「たくさんありすぎて、どこを選んだら良いか分からない」そうお考えの方も多いですよね。

一口に「○○整体」や「○○整骨院」といっても、様々な特徴やスタイルがあり、あなたがお考えの目的によって、「選び方」や「通院方法」も変わります。

例えば、あなたが《肩こりでお悩み》の場合

 

◇『とりあえず、今だけでも楽になりたい』

  ⇒【鎮痛剤を服用する、もしくは、安さを売りにしている整体院やリラクゼーションを目的としたマッサージへ】

 

◇『ちょっと押されたぐらいじゃ効かないし、強く押してもらいたいんだよな』

  ⇒【グイグイ押してくれるマッサージ屋さんへ】

 

◇『一回でどこも悪くならないようにしてほしい』

  ⇒【達人】のいるようなお店を探すしかないかもしれません。

 

◇『肩こりを何とかするのではなく、肩がこらないような身体になりたい‼』

  ⇒ぜひとも【当院】へご相談ください

 

真に、肩こりや腰痛などの不調をなくそうと考えていても、その場しのぎの方法を選んでしまう方が多いですよね。

あなたが、その場さえ気持ち良ければいいとお考えであれば、申し訳ないのですが、当院ではお役に立てないかもしれません。

しかし…

「凝りにくい体質や身体に変化して、明るく前向きに生活したい」

とお考えであれば、当院がお役に立てるはずです。ぜひ当院にご相談ください。