腸脛靭帯炎

コロナウイルス対策

3980

エキテン画像

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 走っていると膝が痛む
  • バドミントンをして、膝に痛みが出る
  • 歩いていると平気なのに、走ると膝や太ももに違和感を感じる
  • 趣味の山歩きに行きたいんだけど…違和感が不安でいけない
  • 整形外科で「手術が必要だ」と言われ不安だ

当院の施術をお試しください

写真は左右にスライドできます

当院では、10数年の施術経験の中で、様々な症状の患者さんを診させていただきました。

院長の私自身の運動経験から、数多くのケガもしてきました。

その中でも、「膝の痛み」「腸脛靭帯炎」は、学生時代やジョギングを日課としている現在でも悩まされた痛みでもあります。

そんな「腸脛靭帯炎」について、当院の施術方針についてご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

まずは、ご相談ください。

よこはま山手治療院 電話

LINE予約

お問い合わせ

そもそも「腸脛靭帯炎」とは?

ランナー

まず、「腸脛靭帯炎」とは何か?ご紹介して参りますね。

「腸脛靭帯炎」は、別名「ランナー膝」と言われており、長距離を走る人に多いとされています。

太ももの外側にある大きな靭帯で、大腿筋膜張筋とともに、骨盤部分と膝をつないでいる靱帯です。

一般的に、「使い過ぎ」つまり「走りすぎ」によって炎症を起こし、痛みが起こるとされています。

「腸脛靭帯炎」が起こる原因として挙げられているのは、繰り返しの屈伸運動(膝の)によって腸脛靱帯が、大腿骨外顆(膝付近)と接触して炎症が起きると言われています。

ランナー膝と言われるように、マラソンなどのを行う長距離ランナーに多く起こると言われています。

もちろん、長距離ランナーだけではなく、膝の曲げ伸ばしが多いスポーツをされる方には起こりやすい症状です。

近年では、ロードバイク(自転車)に乗る方も増え、自転車でも痛みが出る方が増えています。

他にも、テニスや水泳、バスケットボールやバレーボールなどをされる選手にも多いとされています。

上記致しましたが、痛みの要因は、使い過ぎによる炎症と言われています。

一般的な「腸脛靭帯炎」への対処法は?

では、病院や接骨院などの「一般的」な治療法として、どういったことが行われているのでしょうか?

  • 保存的療法
  • 電気療法・温熱療法
  • 湿布や消炎鎮痛剤
  • ストレッチ指導

上記のような対処が一般的で、そのどれもが、いわゆる「対症療法」となっています。

中には、「運動の量を減らす」、「安静にする時間を増やす」、「痛みのある運動をしない」といったことも言われています。

しかし、「腸脛靭帯炎」は、日常生活で困ることは少なく、その運動ができないことは、治療をする意味さえ分からなくなってしまいますよね。

私自身も同じような痛みで悩んだ経験があるので、お気持ちはすごく理解できます。

その運動を続けたい、やりたいから病院に行ったのに、「してはいけない」、「安静にしなさい」と言われると、とてもつらいですよね。

対症療法を繰り返しても、結局また運動を再開すれば、同じ痛みに悩まされることになってしまいます。

それでは、意味がありませんよね。

本当に使い過ぎだけで起こるの?

「使い過ぎ」による炎症。

「腸脛靭帯炎」について色々と調べてみても、そう書いてあることが多いです。

しかし、本当に「使い過ぎ」だけなのでしょうか?

もし、本当に使い過ぎが原因なら、フルマラソンを走るランナー達、毎日何十キロも走るランナー達は、皆さん炎症を起こしてしまうことになりますよね。

どんな症状でもそうかもしれませんが、同じことをやっていても、痛みが出る人とでない人がいますよね。

長距離を走っても、痛みが出る人とでない人がいる。

そこには、「走りすぎ」では片付けられない原因が存在していると考えた方が自然です。

実際のところ…上記致しましたが、私自身も毎日ジョギングをしています。

もう20年ほど続けている中で、「膝」を痛めるときもありました

雨の中を走って、「冷え」から炎症を起こすこともありましたし、フルマラソンにチャレンジしたものの、膝の痛みによってリタイアするという経験もしてきました。

しかし、その時は痛みがあっても、今現在は全く痛みはなく、日々のジョギングを続けられています。

単純に「走りすぎ」、「使い過ぎ」だけが原因というわけでもなさそうですね。

腸脛靭帯炎の症状

では、実際に「腸脛靭帯炎」ではどのような症状が出てしまうのでしょうか?

膝の外側に痛みが出るのが主な症状です。

・走り始めに違和感があり、時間が経つと(しばらく走ると)気にならなくなる
・長い距離を走った時や膝に負担がかかる動きをすると痛みが出る

といった症状が言われています。

悪化してくると、階段の上り下りや歩いているだけでも痛んで来るという、日常生活でも痛みが出るようになってしまいます。

主に、運動時に痛みが出るということが挙げられます。

単なる膝の痛みと違うのか?

どんな症状にも言えることかもしれませんが、痛む場所によって名前が違っているだけという場合もあります。

例えば、「坐骨神経痛」という症状も、臀部~太ももの裏~ふくらはぎ~足指などの坐骨神経の通り道である箇所に痛みやしびれが出た場合を「坐骨神経痛」と呼んでいます。

「その部分に症状が出た場合に、そういうふうな名前を付けましょう」

ということであって、実際の原因は色々なことが挙げられます。

いわゆる椎間板ヘルニアもそうかもしれませんし、単純に筋肉のハリが原因かもしれません。

この「腸脛靭帯炎」も膝の外側に、歩き始めや使いすぎた時に痛みが出るという時に、そういう名前がついていると考えていただければ良いかと思います。

「明確な定義」を用いるのも難しいですし、それについて過剰に心配や不安を持つ必要はありません。

多くの患者さんからのお声

膝の痛みでお世話になっています。

お客様写真
アンケート用紙

5年ほど前から友人とともにランニングを始め、今ではフルマラソンにも参加できるようになりました。

しかし、ここ最近左の膝に違和感を感じ、長く走ると痛みを感じるようになってしまいました。

そこで評判の良かったこちらにお世話になりました。

最初はスタッフさんで、その後院長先生にお願いしてますが、数回で痛みが出なくなりました。

なぜ痛みが出やすくなるのかなど的確に答えてくださり、走り方のアドバイスもしてもらえます。(先生もランナーのようです)

正直、整体でこんなに良くなるなんて思っていなかったので嬉しいです。走り始めて一番調子が良いです。

定期的に見てもらい痛みが出ないようにしていきたいです。

ggさん 40代 男性 中区 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

運動時の太ももの痛み

お客様写真
アンケート用紙

陸上をやっています。

数ヶ月前から走ると左の太もも横が痛くなり、病院に行きましたが、原因が分からず湿布をもらって、部活はしないように言われました。

でも、何とかならないかと友人のお母さんに紹介してもらいました。

自分でも体のバランスが悪いなと思っていた通り、左側に体重がかかっていたみたいで、それを直してもらいました。

何回か通ったら今は長く走っても痛みが出なくなりました。ありがとうございました。

中区 10代 男性

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

ランニングの時の足の痛みで

お客様写真
アンケート用紙

膝と足の痛みで先日からお世話になっています。

普段からランニングをしているのですが、15分を超えたあたりから股関節付近に違和感を感じるようになり、このまま走れなくなるのも不安だったので、最初は整形外科に行ってみたものの、「異常はない」と言われ、結局何もしてもらえず。。。

不安を抱えて走るのも嫌だったので、口コミでもよさそうなこちらに行ってみました。

院長先生に見ていただきましたが、一度目でだいぶ痛みが減りました。

走り方や足の使い方、足首のことも教えていただき良かったです。

長く運動を続けるために、体を整えることも必要だなと痛感しているところです。

秋にはまた大会に挑戦してみたいと考えています。今後もよろしくお願いします。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

半月板の治療

お客様写真
アンケート用紙

膝の違和感から徐々に階段の登り降りが辛くなる膝痛が続きました。

整形外科に通ってMRI検査の結果、右膝の半月板損傷、手術しないと治らないと言われました。

手術は色々調べるとそのリスクも伴うようだったので、こちらの整体院に相談したところ、半月板を損傷していても痛みのない方もいます、きちんと治療すれば手術は不要、などのアドバイスがあり、こちらの整体院で治療してみようと3ヶ月が経ちました。

まだ若干の痛みは残ってますが今では娘と一緒にやっている空手にも復帰できるまで回復してきました。

整形外科に言われたとおり手術しなくて良かったなと、この治療院の先生に感謝しています。

引き続きよろしくお願いします。

Aさん 30代 女性

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

半月板損傷の治療

お客様写真
アンケート用紙

膝の違和感から徐々に階段の登り降りが辛くなる膝痛が続きました。

整形外科に通ってMRI検査の結果、右膝の半月板損傷、手術しないと治らないと言われました。

手術は色々調べるとそのリスクも伴うようだったので、こちらの整体院に相談したところ、半月板を損傷していても痛みのない方もいます。

きちんと治療すれば手術は不要、などのアドバイスがあり、こちらの整体院で治療してみようと3ヶ月が経ちました。

まだ若干の痛みは残ってますが今では娘と一緒にやっている空手にも復帰できるまで回復してきました。

整形外科に言われたとおり手術しなくて良かったなと、この治療院の先生に感謝しています。

引き続きよろしくお願いします。

Kさん 40代 男性 横浜市中区 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

腸脛靭帯炎の痛みにはこんな施術をします。(当院の施術方法)

施術風景

当院では、「腸脛靭帯炎」の原因を

  • 膝蓋骨の位置
  • 足を含む、土台の歪み
  • 靴やインソールなどの問題
  • 身体のバランス
  • 使い方の問題(歩き方や走り方の問題)

と考えております。

①膝蓋骨の位置

「腸脛靭帯炎」による膝の痛みを訴える患者さんの多くは、片側に出ることが多く、どちらかの足に負担がかかりやすい状態になっています。

膝蓋骨の位置や、捻られる関節ではない「膝」に対し、捻って使っている場合もあります。

まずは、膝蓋骨の位置を調整して行く必要があります。

②足を含む、土台の歪み

そして、人間の土台は、足裏です。

その足裏で重力を押し返して、私達は生活しています。

その土台にズレが生じると、膝や股関節などでバランスを取ろうとします。

③靴やインソールなどの問題

「足の着き方」や「履物」を調整することも必要かもしれません。

一般的なシューズでは、フィット感を優先するため、土踏まずの部分が盛り上がり、アーチがなくなっています。

土踏まずの部分が、つぶされるということは、「青竹踏み」の上に、ずっと乗っかっているようなもので、身体中が弛緩してしまいます。

弛緩すると、筋肉も上手に使えなくなってしまい、重力に対して、真っすぐに立つことができなくなります。歪んだ状態で身体を支えることになり、関節の歪みや、筋肉に負荷をかける結果となります。

そういったケースには、インソールのご紹介もしております。(もちろん、ご希望の方にしかご紹介致しません。無理におススメはしませんので、ご安心ください。)

④身体のバランス

また、身体全体のバランスが崩れると、神経の働きが悪くなり、血流も低下します。

身体全体を通して、バランスの良い状態を作り、神経が働きやすい状態を作り、血流も改善させます。

⑤使い方の問題(歩き方や走り方の問題)

歩き方や走り方、足の使い方に問題がある場合には、それらも改善して行けるようにしましょう。

「日常生活での積み重ね」で悪化している場合がほとんどなので、ご自分では気付かない原因も一緒に探していくことで、「再発」してしまったり、「慢性化」になって行くことを予防します。

多くの人が通う整体やクイックマッサージなどが症状を悪化させることもあります。

まずは、原因をしっかりと見極め、対処していくことが必要になります。

痛みや症状は「結果」でしかありません。

「なぜそうなってしまったのか」
「なぜそこに痛みが出るのか」

に目を向け、一度「腸脛靭帯炎」の痛みが取れたとしても、再び同じ痛みに悩まされないようにしていきたいですね。

安静・消炎鎮痛剤は効果があるの?

湿布

上記した内容を踏まえ、「腸脛靭帯炎」の痛みに対し、安静にすることも必要ではないと言い切れませんが、原因が取り除かれていなければ、再び運動を始めた時、また痛みが出る可能性もありますよね。

消炎鎮痛剤も同じです。

消炎鎮痛剤を使ったその場は良いかもしれませんが、もし「炎症」があるのなら、感覚を麻痺させておいて使えば、余計に悪くなるのは目に見えていますよね。

「アイシング」も同様です。

冷やしただけでは、痛みを感覚的に麻痺させているだけであって、その場だけであって、根本的な何の解決にもなりません。

私自身も、野球で肘を痛めた時に、「投げすぎ」だと言われました

でも、私よりもたくさん投げている人は大勢います。

しかし、痛みが出ない人もいるわけで、「投げすぎ」で投げることをやめること、やりたいのにやれないという状況は、運動を続けたい人にとっては、とてもつらい状況ですよね。

「走りすぎ」や「投げすぎ」と言われることは、もうその運動はできないと言われているのと同じであって、未来が絶たれるような思いをしてしまいます。

しかし、原因が違うところにあれば、「そこを改善すれば、また続けられる」という希望になります。

私自身の経験を通して、あなたを勇気づけられる、応援できる存在でありたいなと思っております。

「痛み」というのは決して「悪い」だけではありません。

身体からの「重要なサイン」の場合もありますよね。

もしかしたら、歩き方や走り方に問題があるのかもしれません。

足の使い方や、靴やインソールが原因の場合もあるかもしれません

あらゆる可能性を探りながら、「腸脛靭帯炎」に悩まされる日々から解放して行きたいですね。

整形外科や接骨院に通っているけど、全く良くならない…他の整体院やマッサージなどで良くならなかったという方も、ぜひご相談ください。

「もう何年も痛いから…」とあきらめかけていた方も、「良くなって明るく前向きに暮らせるようになりました。」と感想をいただいています。

あきらめないでご相談くだされば、きっと何かお役に立てることもあると思います。

一緒に頑張りましょう。

〈監修〉あん摩マッサージ指圧師(国家資格)よこはま山手治療院院長 中野貴博

当院の施術が有効な理由

当院の施術の説明画像

理想的な背骨のカーブは63度

背骨のカーブ

姿勢 説明

  • 「猫背」と言われたことがある
  • 「猫背」だと自分でも思い込んでいる
  • 「背中をピンと起こすこと」は良い姿勢だと思っている
  • 「肩甲骨を寄せて胸を張ること」が良い姿勢だと思っている

 

上記に当てはまることはありますか?

 

きっと、ほとんどの方がそう思っていらっしゃるのではないでしょうか?(私も昔はそうでした)

 

しかし、実際にはそうではないんですね。

 

ピンと伸ばした姿勢は、一見きれいに見えるかもしれませんが、実際には身体を緊張させる「交感神経優位の姿勢」であり、あらゆる不調の要因となっています。

 

「正しいとされる背骨の角度」があり、座って腰椎を立てる姿勢などは、理想的な背骨のカーブを損なわせてしまいます。

 

日本人の多くは、「猫背」ではなく、「平背」の状態になっています。

 

「平背」とは、胸椎のカーブがなくなり、上記の右側の写真のような姿勢のことで、理想的と言われるカーブがなくなり、ピンと起こしている姿勢のことです。

 

胸椎のカーブがあることで、ストレートネックや腰痛にもなりにくい姿勢になるのですが、多くの方は、右側の写真の方が正しい姿勢だと思い込んでいます。

 

しかし、それは誤った姿勢教育の影響で、常に筋肉を緊張させることになり、その結果、多くの方が不調になっています。

 

緊張を作ってしまう姿勢よりも、「脱力」できる姿勢をになることで不調が改善されます

 

当院では、そうした誤った姿勢を正しいとされる方向へと導き、文字通り、緊張がなくなり、もっと楽に生活していただけるようになります。

施術方法のご紹介

脊椎・骨盤・骨格の調整

施術のようす

脊椎(背骨)に異常が起こると、神経が刺激、圧迫を受けて脊髄神経に障害が起こります。

 

カイロプラクティックでは、

「サブラクゼーション」と呼ばれ、神経が圧迫されることで、「痛み」や様々な症状を引きこされると考えられています。

 

「痛み」だけはなく、

「自律神経」や「脳神経」にも密接な影響を与え、内臓の働きも低下させます。

 

また、多くの整体院などでは、身体を「平面」でしか捉えていません。

 

レントゲンの画像なども平面でしか判断していなので、様々な矛盾が生じます。

 

当院では、身体を「立体的」に捉え、あらゆる角度からあなたの身体を整えます。

脊椎・骨盤・骨格の調整を行う目的

施術の様子

神経の圧迫や障害がなくなることで、神経伝達が正常に起こり、自己治癒力を高めることが、施術の目的です。

 

当院では、「脊椎」の土台となっている「骨盤」の調整を軸に、「関節」、「靱帯」、「筋肉」にアプローチし、全身の骨格を整えます。

 

身体を「立体的」に捉えることで、「傾き」や「回旋」だけではなく、平行移動による歪みも整えます。

 

機械は使わず、手技のみで身体の歪みを整え、バランスの良い身体作りを行います。

 

当院の院長は、修業時代を含め、施術歴15年以上の経験を持ち、4DSでの最新の技術も取得し、他院では決して取得できない技術を持っております。

減腔(肋骨調整)と内臓調整

減腔

減腔とは?

加齢とともに、肋骨の角度はどんどん広がってしまいます。

「減腔」とは肋骨の調整を行い、「胸腔」、「腹腔」を減圧することで腔内の内圧を高め循環機能、心肺機能のアップを図ります。

「加齢」だけはなく、上述した誤った認識の姿勢によっても、胸腔や腹腔は広がります。

広がってしまった腔内は、内臓機能に大きく影響し、「心肺機能」も低下してしまいます。

内臓機能の低下することによって、様々な不調の要因となります。

腔を狭めることで、「副交感神経優位」の状態となり、リラックスしやすくなります。

内臓は、交感神経が優位の時には、働きにくいので、「減腔」と「内臓調整」を行うことで「内臓機能」も向上する効果が得られます。

その他、重力に対して鉛直姿勢をとりやすくなる効果もあります。

内臓調整とは?

内臓の調整

ストレスの多い日常生活、間違った姿勢やストレス、加齢などで「胸郭」が広がりやすくなり、広がった肋骨は、内臓を圧迫してしまいます。

 

腔が広がることで、全身の細胞が膨張しやすくなり、循環不良を起こし、むくみ、筋疲労を招きやすくなります。

 

心臓の収縮、肺にも負担がかかり(心肺機能の低下)、呼吸機能の低下によって循環不良の状態になりやすくなります。

 

また、横隔膜が緊張することで、内臓周辺の血流、リンパの流れが滞りやすくなり、内臓機能の低下となってしまいます。

 

それらを解消することで、血流の回復や自己治癒力を高める効果が期待できます。

SAKS

SAKS説明画像

 

「SAKS」とは、「皮膚に触れるだけ」で姿勢に変化をもたらしたり、痛みがなくなったり、身体のバランスに変化が起こったりする手技で、4DSの手技の一つでもあります。

 

当院の施術は、基本的には骨格を整えるために、ある程度の圧を加えることが多いのですが、「SAKS」は皮膚に対するアプローチですので、非常にソフトな刺激です。

 

「痛みが強い場合」や「緊張が強い場合」に有効で、軽い刺激で身体に変化を起こすことができます。

 

実際には、触れているだけのように感じ、何をされているかも分からないくらいですが、「皮膚」の下に「筋膜」や「筋肉」が存在しますので、表層にある皮膚に刺激を加えることで、それらが動きやすい状態を作ることができます。

 

「関節」に対しても有効で、疼痛の緩和や身体のバランスの向上などの効果があります。

心のケア

カウンセリング

 

「心のケア」と聞いて、うつ病やパニック障害などの精神疾患を思い浮かべたかもしれませんが、実はそれだけではありません。

 

当院では「心と身体はつながっていますよ」というお話をさせていただきます。

 

これは、科学的なことを重視している「西洋医学」の現場でも、現在では、「脳」や「心」と身体の不調の関係が、研究の対象となっています。

 

昨今、軟骨の形状や骨の形状(椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など)は、痛みと関係していないことも多々あるのではないかということが言われ始めました。

(詳しくは椎間板ヘルニアのページなどをご覧ください。)

 

「手術」や「薬物療法」などを行う「西洋医学」の現場でも、このように言われることもよく耳にするようになっています。

 

実際に手術をしても、「痛みに変化がない」という結果に対し、ようやく研究が進んできています。「医師」の中でもこうしたことが言われているんですね。

 

私が患者さんによくお話させていただくのは、ストレスの反応として、

 

「胃が痛くなる」(胃潰瘍)
「便秘と下痢を繰り返す」(過敏性腸症候群)
「血尿が出る」

 

といった内臓だけはなく、

「円形脱毛症になる」という身体の表面に出てくる症状だってあるわけです。

 

このような反応は皆さんご存知かと思います。

 

これは、精神的なストレスが、身体に症状として現れる代表的な症状ですよね。

 

ということは、ストレスが元となって「腰痛」や「頭痛」、身体の各所の痛みが起こることだってあり得るわけです。

 

逆に「腰痛だけは、骨の問題です。」と言い切ってしまう方が、おかしいことのように思います。

 

人間は、もともと「心」と「身体」(肉体)の共存によって生きています。

 

「心」や「精神」がと申し上げると、うつ病をはじめとした「精神疾患」を連想される方が非常に多いことが、現状です。

 

しかし、「緊張する」→「心拍数が上がる」といった反応も、「緊張」という精神状態が、「身体」に変化を起こさせた一例です。

 

誤った情報や、認識によってご自身の症状を強めてしまっている方も数多くいらっしゃいます。

 

当院の院長は、メディカルコーチングや免疫医学研究会などの運営に携わり、「心」と「身体」、「免疫力」に対する学びを深めています。

良くなる仕組み

まずは、ご相談ください。

よこはま山手治療院 電話

LINE予約

お問い合わせ

推薦文

かなり「レベルの高い施術」

前田先生

東京都目黒区で「アルテカイロプラクティック」の院長をしております前田と申します。

 

中野先生とは全国の治療家が集まる勉強会でご一緒させて以来、仲良くさせていただいております。

 

先生の人柄というと「実直」「真面目」「素直」と言った言葉がすぐに浮かびます。

 

パッと見た外見はソフトで柔らかい印象ですが、話をしていると治療に対する真剣で熱い思いが内面から湧き出ている、そんな先生です。

 

実際頻繁にお会いする学会の席でも、中野先生の周りにはいつも多くの先生が集まって話しており、「同業者からも一目置かれている」そんな様子をいつも目の当たりにしております。

 

お互いに施術をすることもありますが、プロの目から見てもかなり「レベルの高い施術」と断言できます。

 

私が中野先生の施術を評する時によく使うのが「的確」と言う言葉です。

 

患者さんの状態を的確かつ素早く見極める眼力、そこから全体を俯瞰しながら進める無駄のない施術、無駄がないけれども「しっかりやってもらった」感が高い満足度の高さ。

 

施術は無駄に刺激を入れたり、的外れなことをすると効果が出ないものですが、中野先生の施術はこうした施術とは対極にあり、プロとしても自信を持ってオススメ出来るレベルの高さです。

 

また、プライベートでも私がスポーツ全般が好きということもあり、甲子園常連校の野球部に所属していた中野先生とはそういった面でもいつも楽しく、笑いの絶えない会話をさせていただいています。

 

治療は技術だけでなく「人柄」も大切ですから、これだけ一緒にいて気分良く過ごせる先生なら、多くの方に支持されて、地域でも随一の評判の治療院になるのが分かります。

 

対応できる症状もかなり幅広いので、お身体のことでお困りの方は是非中野先生にご相談されることをオススメします。プロとして、私が心の底から自信を持って推薦させていただきます。

 

東京都目黒区 アルテカイロプラクティック 院長 前田 彰先生

治療に関してとても志が高い方

若村先生

私は中野先生と同じ学校出身、現在大阪府泉佐野市で開業している若村博孝と申します。

 

中野先生とは医学会でよくお世話になっているのですが、治療に関してとても志が高い方なので、お会いするといつも刺激されます。

 

常に患者さんの「幸福」を第一に考えていて、その場しのぎではなく、「施術を通して患者さんの未来の人生が明るくなるようにしたい」という思いで治療している先生です。

 

年齢だけなら私の方が上なのですが、技術と貫録のあるたたずまいは中野先生におよびません。

 

治療家が治療院を紹介するのは、「かえって悪化した!」と言われるのが怖いので勇気がいるのですが、中野先生は自信を持って紹介する事ができます。

 

私は関西空港の近くで開院していますので、患者さんは空港関係者が多いです。

 

空港関係者は転勤で羽田に行かれる方も多いのですが、私はいつも中野先生を紹介しています。

 

神奈川周辺に住む方は是非、中野先生に施術をお願いしてみてください。きっと親身になって相談に応じてくれます。

 

大阪府泉佐野市 若村治療院 院長 若村博孝先生

なぜ当院が選ばれるのか

5つの理由

理由1

医師推薦の技術力

修了証

当院の院長は、国家資格取得後、横浜市、生麦にある「長生医院」(現在は長生院)にて約5年間の修業の中で、数多くの患者さんを施術させていただきました。

80年以上続く歴史ある長生院で、たくさんのことを学ばさせていただきました。

長生医院の院長であった、「医学博士」の故柴田正義先生から、「修了証」と「推薦」をいただいております。

常に結果を求められる治療院の中で、5年間鍛えられました。

そして、この山手に開院して10年。

おかげさまで、治療院業界の「食べログ」とも言われる「エキテン」において、【横浜市中区】で一位の評価をいただいております。

今後も、地域の皆様にお役に立てるよう、日々精進しております。

理由2

一人一人に合ったプラン

カウンセリング

当院の特徴として、「施術計画」をお出しすることが挙げられます。

当院では、スタッフ全員がカウンセリングについても学んでおり、ただ痛みや症状を追うだけではなく、今後の患者さんの生活全般において、お役に立てるよう、心掛けております。

あなたのお身体の状態をチェックすることはもちろん、ケアプランを立て、あなたのお悩みがなくなり、より人生が輝くように、一緒に歩んで参ります。

施術者全員が国家資格を所有しています。

国家資格

当院のスタッフは、国が認めた専門学校(長生学園)で3年間みっちり勉強し、「按摩マッサージ指圧師」という国家資格を有しております。

もちろん、資格を持っていることだけが全てではありません。

のべ35,00人以上の方を施術させていただき、「経験」も豊富です。

プロの施術家の先生からも、推薦文を多数いただいております。

理由4

女性にやさしい空間作りを心掛けています

院内のようす

当院は、女性の方でも安心して来院していただけるよう、清潔感ある院内を心掛けております。

実際に、当院の患者さんの約7割以上は、女性の患者さんです。
(もちろん男性の方もお気軽にお越しください。)

JR京浜東北根岸線「山手駅」から徒歩3分とアクセスも抜群で、お仕事帰りの方も、多数ご来院されています。

 

また、キッズスペースを設けており、お子様連れのご来院もOKです。託児サービスもございますので、詳しくは、お問い合わせください。

理由5

身体の変化を実感できる

検査

当院では、まず客観的にあなたのお身体を判断するため『姿勢分析システム』『筋硬度計』を用いて、「姿勢」や「筋肉の状態」「関節の硬さや動き」などをチェックします。

患者さんにも、「ご自身のお身体の状態」を知っていただくことで、よりお身体の変化を感じていただけると評判です。

施術の流れ

よこはま山手治療院、院長からのメッセージ

院長

「当院が大切にしていること」

 

当院では、ご来院のお一人お一人に、
「痛みや症状によって制限をされたり、振り回されたりするのではなく、その人らしく生きていけるようになってほしい」

 

と願いながら、日々、真摯にご来院の方々と向き合っております。

 

旅行に行きたいんだけど、長い時間座っていられないから…
腰さえ痛くなければ…
頭痛がなければ、もっと仕事もできるのに…

 

そういったお声を、よく耳にします。

 

痛みや症状によって、やりたいことができなかったり、色々なことに制限をかけたり、躊躇してしまったり…そういった方が非常に多いと感じます。

 

「痛みによって、自分の人生が左右されてしまうこと」

 

それは、人生を楽しんでいる状態とは言いにくいですよね。

 

当院では、決して「痛み」や「症状」だけを追うのではなく、あなた自身の思いを大切にしたいと考えております。

 

知らず知らずのうちに、「制限」をかけていた日常から、あなたの未来が、少しでも明るく前向きになり、理想とする「未来」に向かって、あなた自身が、自立して歩めるように、「身体」と「心」の状態を整えて行く。

 

「毎日を楽しめる。」

 

その第一歩を当院で踏み出してみませんか?

腸脛靭帯炎に関する関連記事