肩こり(首こり)

こんな症状でお困りではありませんか?

  • いつもガチガチ…
  • ひどい時には頭痛もするし、気持ち悪くなってしまう…
  • 肩が重い、だるい…
  • 何をしていてもツライ…

肩こり(首こり)の施術について

当院には、「肩こり」や「首こり」に悩む多くの方が来院されています。

今現在ある痛みを何とかすることはもちろん、「肩がこらないような身体」を目指し、再発防止までしっかりサポート致します。

多くの方が、当院で肩こり(首こり)のお悩みから卒業されています。

お一人で悩まず、当院にご相談ください。

肩こり(首こり)について、詳しく知りたいという方は、最後までお読みください。

 

お一人で悩まずご相談ください

よこはま山手治療院 電話

LINE予約

ネット予約

当院では、開院以来、「肩こり」「首こり」に悩む数多くの患者さんを治療させていただいております。

  • 肩がこらなければ、もっと仕事がはかどるのに…
  • 首が痛くなければ、もっと子供にやさしくできるのに…
  • 肩さえ痛くなければ、もっと集中して勉強できるのに…

デスクワークで長時間PCの前に座っていたり、最近ではいわゆる「スマホ」の見すぎで、肩こりがひどくなる方もいらっしゃいます。

目の疲れを訴える方も多いですよね。

お休みがない家事を毎日こなしている主婦の方も、ほとんどの方が「肩こり」や「首こり」で悩んでおられます。

肩こりや首こりでお困りであれば、当院の肩こりの施術方針について書きましたので、じっくりご覧ください。

色々やってるんだけど…

デスクワーク

自分でストレッチをしたり、湿布を貼ってみたり、ちょっと肩を回してみたり…

家族に揉んでもらったり、運動してみたり…
ご自身でも努力されているんですよね。

でも…

それでも良くならないと、結局は諦めてしまっているのではないでしょうか?

「少しくらいの肩こりは当たり前になっている」
「もう何十年も肩こりだから…」

当院では、そんな方たちが来院されています。

肩こり(首こり)の原因

肩こりに限らず、「コリ」の原因は何だとお思いでしょうか?

「コリ」の原因は「血行不良」です。

血液の流れが悪くなっている状態です。

筋肉に老廃物が溜まり、それがうまく流れていないのです。

「凝っている部分」が硬くなっているのは、そのためです。
ですから、お風呂に入ったり、マッサージをしたりすると一時的に血流が良くなるので、症状が和らぐように感じます。

・重い頭を支えている

頭の重さはボーリングの玉ほどあると言われ、首や肩は常に負担がかかっています。

・胴体の上に頭が乗っかっていない

モニターをのぞき込むように見たり、スマホの見すぎ、料理中で下を向くなど、頭が胴体よりも前に出ている時間が長くなっている方が多いですよね。

重力は地面に垂直にかかるので、『胴体の上に頭がある姿勢』と、『頭が前に突き出た姿勢』ではどちらの方が、「首」や「肩」に負担がかかってしまうかがイメージできるかと思います。

・長時間同じ姿勢をしている

筋肉は長時間同じ姿勢をしていると固まりやすくなります。

集中して仕事をしていたり、姿勢を変えないと凝りやすくなります。

・骨格の歪み

上記の胴体の上に頭が乗っかっていないということにもつながるのですが、姿勢の悪さ(間違った情報)や、肩甲骨や肋骨の位置の悪さなどが関係してきます。

そもそも、上半身全体が骨盤の上に乗っかっていない方が大半です。

頭が前に出るということは、前かがみの姿勢になっているということなので、骨盤の傾きなども関係してきます。

もちろん、原因は「一つ」ではありませんし、ここに記載してあることだけが、原因の全てではありません。

血行不良の状態であれば、運動をしたり、お風呂に入ったり(温める)すれば、その場は楽になるはずよね。

しかし、その状態が長く続かないのは、「運動不足」や「血行不良」で片づけられない場合もあります。

あなたの肩こりが、長年何をしても全く楽にならないのは、なぜなのでしょうか?

「緊張」と肩こり(首こり)の関係

肩こりや首コリの原因として考えられるのは、筋肉の「緊張」です。

では、なぜ筋肉は「緊張」してしまうのでしょうか?

使い過ぎ?
姿勢が悪いから?
同じ姿勢が長く続くから?

上記しましたように、そのどれも間違いではありません。

しかし、同じことをしていても、痛みが出る人と出ない人がいます。

それは、「緊張」が関わっていると考えます。

  • PC作業をしていると、自分の方が持ち上がって来る
  • 無意識で噛んでいる(噛み締め)
  • 自分で力が入っているのが分かる
  • スマホを長時間使用する

何か思い当たることはあるでしょうか?

一般的にいう「緊張」は、何かプレッシャーがかかった時など、精神的に追い込まれた時に起こるものと認されています。

「緊張すること」は、何も精神的なものだけではありません。
心と身体は繋がっていますので、同じように身体も緊張します。

例えば…
山道で、クマと遭遇してしまったと想像してみてください。

「戦うか?逃げるか?」(死んだふりでも良いですが(笑))

身体は、一瞬で緊張状態に入ります。

その時、身体はどうなっているでしょうか?

「何とかしないと、やられてしまう」という時に、ダラっとはできませんよね。

身体は硬くなり、汗は出て、脈が早くなり、まさに緊張がマックスになるはずです。

いつでも動けるように、筋肉を緊張させているわけです。
(筋肉が弛緩していると、すぐには動けませんよね)

緊張は、自分で作っている?

アドバイス

では、日常生活でそういう出来事ってあるでしょうか?

今すぐ逃げなきゃいけない、命の危機を感じる場面は、現代の日本ではそうそう遭遇しないかなと感じます。

結局のところ、デスクワークをしていて緊張してしまう、無意識に噛んでしまうなどは、自分自身で作り出しているんです。多くの方は、「緊張しろ」と誰かに言われて緊張しているわけではありません。

自分自身で、作り出しているものなのです。

自分自身で作っている、自分自身で肩を持ち上げてしまうということは、自分で気付けば、脱力することができます。

「あ、肩が挙がっている」と感じることができれば、自分自身で下ろすこともできます。

気付いているということは、そこで修正することができます。

「自分が力が入っているのが分からない」
という方もいらっしゃいますが、まずは、自分で気付くこと、気付けば、変えられます。

今は分からないという方も、人から指摘されたり(当院でもお教えしますが)することで、段々と感じられるようになっていくはずです。

スマホを長時間使用していると…

スマホを長時間使用していると、唾液の分泌に影響が出ると言われています。

「スマホを見ている時のうつむいた姿勢は、唾液を出す部分を圧迫し、長い時間視線を集中させているので、「交感神経」が優位になってしまいます。

「交感神経」が優位になる状態は、「緊張」でしたね。

現代の人には、欠かせないものになっている「スマホ」も、実は、緊張の原因となっているんですね。

そして、スマホやPC作業によって酷使されるのは、「目」です。

眼球を動かすことで、首の筋肉(後頭下筋群)が、動くことが知られています。

目を使いすぎることで、首の筋肉に負担がかかるということですね。

まじめな人ほど肩がこりやすい?

ここまで「緊張」について話してまいりましたが、何も身体的な問題だけではありません。

もっと踏み込んでいくと、性格的なものも関係してきます。

「あの人は、肩の力が抜けてる生き方してるよね」

という言い回しがありますが、これは実際にその人が、脱力して生きているさまを表した言葉なのでしょう。

何事にも頑張りすぎない。決して無理をしない。
嫌なことはやらない。

という感じでしょうか。

反対に、

・ついつい頑張りすぎてしまう
・無理なことでも引き受けてしまう
・嫌なことでも我慢してしまう

などなど、そういう方は、力が入って生きているということになりますかね。

まじめで完璧主義、責任感が強い、人の分まで請け負ってしまう。
細かいところが気になってしまう。

このような方は、周囲の状況が気になり、「緊張」している時間が長く、不満や愚痴があっても外に出せずに、自分の中に溜めてしまいがちです。

それが悪いわけではありません。

それは、すばらしいと思いますし、そういう方がいるからこそ、救われている方も多いと思います。

しかし、痛みや症状は、身体からのサインです。

「何か違うよ」「頑張りすぎだよ」「無理しないでよ」

とご自分の身体が、サインを出しています。

毎日が充実していて、楽しくて…という方が、ガチガチに身体を緊張させているはずがないですよね。

まずは、ご自分の身体と気持ちについて、じっくり向き合い、うまく緊張をなくせるようにしていきましょう。

大丈夫です。きっとできます。

肩こり(首こり)にはこんな施術をします

施術

当院では、硬くなっている筋肉への施術はもちろん行いますが、大事なの骨格を整えることです。

他院では、『肩甲骨を元の位置に戻すこと』と言われるかもしれませんが、それが全てではありません。

肩甲骨は、「腕を動かす時」や「挙上する時」に動きがなくてはなりません。

しかし、固まって動きが悪くなると挙げづらくなったり、周囲の筋肉が固まり『コリ』を感じやすくなります。

また、近年は、「肩こり」ではなく、「首のこり」が原因となり、不調を訴える方も増えています。

眼球を動かすことで、首の筋肉に負担をかけてしまうということが言われています。

大事なのは、「肩甲骨」だけではなく、身体全体を通して、「肋骨」や「首」なども整えるということです。

一度の施術で、ほとんどの方が改善を感じていただけますが、二度と肩と首がこらなくなるわけではありません。

先ほども申し上げたように、肩こりや首こりの原因には、あなたの生活スタイルや、日頃の姿勢が大きく関わってきます。

あなた自身の、姿勢に気を付けたり、長時間同じ姿勢にならないなどのちょっとした頑張りが必要になってきます。

もちろん、緊張なくすことも大事ですよ。

治療効果を高め、再発しないように姿勢やストレッチなど、ご自宅でできる簡単なエクササイズをご指導致します。

患者さんのお声

ゲストさんの口コミ1
 
いつもお世話になっています。
慢性化している肩コリのため、週一ペースで通っています。
なぜそうなるか、普段から気をつけることなども丁寧に教えてもらえます。デスクワークがほとんどで運動の習慣もないので、なかなか教えられたようには行きませんが、段々と辛くなる回数も少なくなったと実感しています。これからもっと良くなって行くのが楽しみです。
 
ゲストさんから
 
※患者さんの感想であり、効果効能を保障するものではありません。
昔からの肩こりに悩んで
 

学生時代からの肩こりに悩んで、お世話になっています。

美容院に行っても、「肩凝ってますね」と毎回言われて、整体やマッサージに行きたいと思いながらもなかなか行ける時間もなかったのですが、そろそろ自分のことにも気を配ろうと評判の良かったこちらに行ってみました。

整体は初めてでしたが、不安になることも全くなく、そして毎回カラダが変わって行くことに、驚きと感動をしています。

こんなに楽に生活できるようになるなんて、もっと早くに行っていればと思います。

同じように困っている方がいれば、行ってみて欲しいなと思います。

 
ゲストさん
 
※患者さんの感想であり、効果効能を保障するものではありません。

初めての方限定

TEL

ライン予約

なぜ当院が選ばれるのか

5つの理由

理由1

医師推薦の技術力

当院の院長は、国家資格取得後、横浜市、生麦にある「長生医院」(現在は長生院)にて約5年間の修業の中で、数多くの患者さんを施術させていただきました。

80年以上続く歴史ある長生院で、たくさんのことを学ばさせていただきました。

長生医院の院長であった、「医学博士」の故柴田正義先生から、「修了証」と「推薦」をいただいております。

常に結果を求められる治療院の中で、5年間鍛えられました。

そして、この山手に開院して10年。

 

おかげさまで、治療院業界の「食べログ」とも言われる「エキテン」において、【横浜市中区】で一位の評価をいただいております。

今後も、地域の皆様にお役に立てるよう、日々精進しております。

理由2

一人一人に合ったプラン

当院の特徴として、「施術計画」をお出しすることが挙げられます。

当院では、スタッフ全員がカウンセリングについても学んでおり、ただ痛みや症状を追うだけではなく、今後の患者さんの生活全般において、お役に立てるよう、心掛けております。

あなたのお身体の状態をチェックすることはもちろん、ケアプランを立て、あなたのお悩みがなくなり、より人生が輝くように、一緒に歩んで参ります。

施術者全員が国家資格を所有しています。

当院のスタッフは、国が認めた専門学校(長生学園)で3年間みっちり勉強し、

「按摩マッサージ指圧師」という国家資格を有しております。

もちろん、資格を持っていることだけが全てではありません。

のべ35,00人以上の方を施術させていただき、「経験」も豊富です。

プロの施術家の先生からも、推薦文を多数いただいております。

理由4

女性にやさしい空間作りを心掛けています

院内のようす

当院は、女性の方でも安心して来院していただけるよう、清潔感ある院内を心掛けております。

実際に、当院の患者さんの約7割以上は、女性の患者さんです。
(もちろん男性の方もお気軽にお越しください。)

JR京浜東北根岸線「山手駅」から徒歩3分とアクセスも抜群で、お仕事帰りの方も、多数ご来院されています。

 

また、キッズスペースを設けており、お子様連れのご来院もOKです。託児サービスもございますので、詳しくは、お問い合わせください。

理由5

身体の変化を実感できる

当院では、まず客観的にあなたのお身体を判断するため『姿勢分析システム』『筋硬度計』を用いて、「姿勢」や「筋肉の状態」「関節の硬さや動き」などをチェックします。

患者さんにも、「ご自身のお身体の状態」を知っていただくことで、よりお身体の変化を感じていただけると評判です。

整形外科医からの推薦文

修了証

日本長生医学会、前会長の故「柴田正義医学博士」は、私が研修(修業)させていただいた、「長生医院」の院長であり、整形外科医として様々な功績を残された先生で、私の師でもありました。

先生の下で、多くの患者さんと向き合い、勉強させていただき、長生医院の研修修了課程をクリアし、第61号として『修了証』もいただきました。

施術の流れ

院長からのメッセージ

初めての方限定キャンペーン

電話番号

ライン予約

よくあるご質問

Q.予約をしないでも大丈夫ですか?

A.当院は、予約制になっております。ただ、当日でもご予約が可能の場合がございますので、お問い合わせください。

 

Q.何か持ち物はありますか?

A.特には、ございません。お着替えに関しても、ご自身でお持ちいただいても大丈夫ですし、当院にもご用意がございますので、ご利用ください。会社帰りの方も、お気軽にご来院ください。

 

Q.駐輪場(自転車やバイク)や駐車場はありますか?

A.自転車、バイクに関しては、当院の前に置いていただいて大丈夫です。当院専用の駐車場はございませんので、近隣のコインパーキングをご利用ください。(30分200円のところが多いです。)

 

その他のご質問は、こちらからご覧いただけます。

ご予約の前に

  • とにかく一回で治してほしいという方
  • リラクゼーションを目的とする方
  • 当院の施術方針をご理解いただけない方
  • 予約時間にご来院いただけない方
  • ご自分のお身体を大事にできない方

周りを見渡すと、整骨院や整体院が、たくさんありますよね。

「たくさんありすぎて、どこを選んだら良いか分からない」そうお考えの方も多いですよね。

一口に「○○整体」や「○○整骨院」といっても、様々な特徴やスタイルがあり、あなたがお考えの目的によって、「選び方」や「通院方法」も変わります。

例えば、あなたが《肩こりでお悩み》の場合

 

◇『とりあえず、今だけでも楽になりたい』

  ⇒【鎮痛剤を服用する、もしくは、安さを売りにしている整体院やリラクゼーションを目的としたマッサージへ】

 

◇『ちょっと押されたぐらいじゃ効かないし、強く押してもらいたいんだよな』

  ⇒【グイグイ押してくれるマッサージ屋さんへ】

 

◇『一回でどこも悪くならないようにしてほしい』

  ⇒【達人】のいるようなお店を探すしかないかもしれません。

 

◇『肩こりを何とかするのではなく、肩がこらないような身体になりたい‼』

  ⇒ぜひとも【当院】へご相談ください

 

真に、肩こりや腰痛などの不調をなくそうと考えていても、その場しのぎの方法を選んでしまう方が多いですよね。

あなたが、その場さえ気持ち良ければいいとお考えであれば、申し訳ないのですが、当院ではお役に立てないかもしれません。

しかし…

「凝りにくい体質や身体に変化して、明るく前向きに生活したい」

とお考えであれば、当院がお役に立てるはずです。ぜひ当院にご相談ください。