子供の姿勢改善(側彎症)について

子供の姿勢について

子供の姿勢について

エキテン画像

院内のご紹介

写真は左右にスライドできます

スタッフ一同心を込めて施術致します!

スタッフ一同心を込めて施術致します!

急な痛みもご相談ください

急な痛みもご相談ください

個室での施術が好評をいただいております

個室での施術が好評をいただいております

笑顔であなたをお迎え致します

笑顔であなたをお迎え致します

院長の施術風景です。

院長の施術風景です。

心を込めて施術中です。

心を込めて施術中です。

運動指導、アドバイスも行っております。

運動指導、アドバイスも行っております。

カフェのような雰囲気で癒されると評判です!

カフェのような雰囲気で癒されると評判です!

住所 横浜市中区大和町2-32-1Kファースト山手1F

詳しいアクセスを確認する

TEL 045-625-2092
営業時間 9:30~20:00
定休日 毎週日曜日

 

  • 学校で「姿勢の悪さ」を指摘された
  • ずっとゲームをしていて、姿勢が気になる
  • 今のうちに治した方が良いのかな…
  • 子供なのに肩こりを訴える
  • 放っておいても良いのか不安な気持ちになる
  • 姿勢が悪くなって、将来大変なことになるんじゃないか…
  • 背中が歪んでいるように見える

当院の施術をお試しください

当院では、上記のようなお悩みをお持ちの親御さんから、質問を受ける場合があります。

「姿勢」に関しては、様々なところで言われていますので、「もしこのまま身体が歪んでしまったら…」と心配されるお気持ちも非常に良く理解できます。(院長である私にも、小学生の子供が2人おります。)

ご自身が、当院にご来院され、症状が良くなった、改善されたという方が、「子供も見て欲しい」とおっしゃるケースが多く、実際に連れて来られる方も数多くいらっしゃいます。

そこで、この記事では、お子様の姿勢に関する当院の考え方や、施術方針などをご紹介して参ります。

本当に側彎症?

「学校の検診で、側彎症と言われたんですが、大丈夫でしょうか?」といったご相談をよく受けます。

しかしながら、当院にて実際に確認させていただくと、そうではないケースも多々あります。

もちろん、本当に「側彎症」の場合もありますので、用心することは大事ですが、側彎症の発生頻度として、(背骨が曲がる角度が)10度を超える側弯症は、全体の2-3%であり、20度以上で0.3-0.5%、30度以上で0.1-0.3%、40度以上は0.1%未満とされています。(こちらから引用してます)

問題になる角度まで曲がってしまうのは、100人に2~3人なんですね。

当院には、それ以上の割合でご相談を受けていることは確かです。

身体のクセ、長時間同じ姿勢でいることなどで、一時的に曲がったように見えることもありますので、焦ってご不安にならずに、冷静に対処しましょう。

そもそも側彎症とは

背骨の図

脊柱(背骨)を背中側から正面で見た場合に、左右に曲がっている状態を脊柱側弯症といいます。

曲がっている部分が、上下で最も傾いている背骨がなす角度が、10°以上であるものが側弯症という定義があります。

しかし、手術が必要と判断されるような角度は、40°〜50°以上とかなり弯曲した状態です。

そして、これは驚くべきことですが、手術が必要だと判断された場合でも、「痛み」などの症状を出すことは、まれだと言われているのです。

もちろん、そのまま進行すると、健康や人体に大きな影響を及ぼす障害を引き起こすことこともあります。

側彎症とは、左右の背骨の曲がりであって、縦の曲がり(前弯や後弯)の場合は、そうは定義されないということですね。

一般的な側彎症への対処法

手術の様子

「早めに対処しましょう。」

と言われるかもしれませんが、整形外科で一般的に行われる対処としては、

  • 保存的療法(経過観察)
  • 装具を付ける
  • 手術

上記のような「対症療法」がほとんどです。

装具や手術は、25℃以上の大きな湾曲がある場合に行われるようですが、実際に手術をするにしても、費用もかかり、切開など恐怖も伴うため、受診することを躊躇する方も多いようです。

装具を付けることも、思春期には、やはり見た目が良くないという問題があったり、不快感を感じる場合もあり、こちらも躊躇してしまう方も多いです。

子供の姿勢に関して

横から見た人体」図

ここまで側彎症に関して、書いて参りましたが、当院にいらっしゃるお子さんのほとんどは、「側彎症」ではなく、靴やインソールの問題、日ごろの身体のクセなどによる歪みの場合が多いです。

もちろん、気を付けなければならない歪みや姿勢もありますので、ご心配であれば、一度ご来院いただくと良いのですが、「側彎症」の問題以上に、「猫背」や「姿勢の悪さ」を気にされる親御さんも非常に多くなっています。

スマホ、ゲームなどの普及で、同じ姿勢が長時間になると、固まりやすくなってしまいますし、まぁ気になるお気持ちも理解できます。

しかし、近年問題になっているのが、「姿勢」そのものに関してです。

続いては、(お子さんに限らずですが)姿勢の問題についてです。

背中を起こす姿勢は正しいの?

こちらのページにも記載致しましたが、

  • 背中はピンと伸ばす
  • 背筋を伸ばすのが良い姿勢
  • 猫背は良くない

という姿勢教育を受けて来ませんでしたか?私自身も受けてきましたし、この仕事を始めてからも、上記のような姿勢が正しいものだと思い込んできた時期もありました。

しかし、そうした常識も、現在は変化して来ています。(詳しくは後述しておりますのでご覧ください。)

「生理的彎曲」では、胸椎(背中)の部分は、後弯の状態にあるのが、正常とされ、負担の少ない形状だとされています。

つまり、背中は丸い方が負担が少ないということです。(63度が理想だとされています。)

日本では、学校教育の中でも「背筋を伸ばす姿勢が良い姿勢」と指導されることもあり、多くの方が、「背中が丸いのは、いけないことだ」と認識されています。

それは、軍隊時代の名残であって、実際には正しいとは言えません。

当院でよく例に出すのですが、クラシックバレエをされている方って、背筋が伸びて、いわゆるキレイな姿勢をしていますよね。

しかし、いわゆる「理想的な姿勢」と言われながらも、肩や背中、首の痛みに悩まされている方が非常に多いというのが、現状なのです。

理想的な姿勢と言われている姿勢をとっていれば、どこも痛くならないはずですが、実際には違うんですね。

彼女達(彼ら)は、力を抜いた状態で、リラックスしているのではなく、「頑張ってその姿勢を維持している」のです。

「頑張れ」ば、筋肉は緊張します。

緊張は、筋肉を硬くさせ、痛みの出やすい状態となってしまいます。

高齢になった時、背中が丸く見えるのは

「年を取ったときに、背中が丸くなるのは嫌だから」

そういったお声もよく耳にします。

しかし、高齢になった時、曲がってしまうのは、背中ではなく「腰椎」つまり「腰」です。

むしろ、腰が曲がってしまった方は、前のめりになって倒れないように、背中は一生懸命起こしているんです。(腰が曲がって、背中まで丸くすると、確実に前に倒れます。)

ですから、「背筋」を常に緊張させているので、背中の痛みや腰の痛みにつながるのです。

無理に背中を起こす姿勢は、良くないどころか、その思い込みこそが、痛みを作り出しているというケースが非常に多くなっています。

もちろん、首を前に突っ込むような姿勢は、良くありません。

背中は丸くても良いですが、首が前に突っ込みすぎると、身体への負担は大きくなります。首は後ろに残しつつ、背中の形状に気を付けた方が良いですね。

まとめ

カウンセリングの様子

ここまで、お子さんに限らず、姿勢の話をして参りましたが、多くの患者さんと接していると、まじめに一生懸命、「姿勢が悪くならなように、気を付けています。」「暇さえあれば、肩甲骨を一生懸命起こしています」という患者さんの方が、肩こりや背中の痛みを訴える方が多いんです。

メディアや他院で言われたのかもしれませんが…「言われたことを守らなきゃ」というお姿は、すばらしいと思います。

ただ、そういった一生懸命さは、緊張につながります。

緊張は、筋肉を硬くし、硬くなった筋肉は、痛みを出しやすい状態を作ります。

「リラックス」、「力を抜く」ことを意識した方が、もっと日常が楽に過ごせるのではないかと思います。

ここまで、色々書いて参りましたが、もし「お子様の姿勢」、「側彎症」と診断され、お困りの場合は、お一人で悩まずに当院にご相談ください。

当院の施術が有効な理由

当院の施術の説明画像

理想的な背骨のカーブは63度

背骨のカーブ

姿勢 説明

  • 「猫背」と言われたことがある
  • 「猫背」だと自分でも思い込んでいる
  • 「背中をピンと起こすこと」は良い姿勢だと思っている
  • 「肩甲骨を寄せて胸を張ること」が良い姿勢だと思っている

 

上記に当てはまることはありますか?

 

きっと、ほとんどの方がそう思っていらっしゃるのではないでしょうか?(私も昔はそうでした)

 

しかし、実際にはそうではないんですね。

 

ピンと伸ばした姿勢は、一見きれいに見えるかもしれませんが、実際には身体を緊張させる「交感神経優位の姿勢」であり、あらゆる不調の要因となっています。

 

「正しいとされる背骨の角度」があり、座って腰椎を立てる姿勢などは、理想的な背骨のカーブを損なわせてしまいます。

 

日本人の多くは、「猫背」ではなく、「平背」の状態になっています。

 

「平背」とは、胸椎のカーブがなくなり、上記の右側の写真のような姿勢のことで、理想的と言われるカーブがなくなり、ピンと起こしている姿勢のことです。

 

胸椎のカーブがあることで、ストレートネックや腰痛にもなりにくい姿勢になるのですが、多くの方は、右側の写真の方が正しい姿勢だと思い込んでいます。

 

しかし、それは誤った姿勢教育の影響で、常に筋肉を緊張させることになり、その結果、多くの方が不調になっています。

 

緊張を作ってしまう姿勢よりも、「脱力」できる姿勢をになることで不調が改善されます

 

当院では、そうした誤った姿勢を正しいとされる方向へと導き、文字通り、緊張がなくなり、もっと楽に生活していただけるようになります。

施術方法のご紹介

脊椎・骨盤・骨格の調整

施術のようす

脊椎(背骨)に異常が起こると、神経が刺激、圧迫を受けて脊髄神経に障害が起こります。

 

カイロプラクティックでは、「サブラクゼーション」と呼ばれ、神経が圧迫されることで、「痛み」や様々な症状を引きこされると考えられています。

 

「痛み」だけはなく、「自律神経」や「脳神経」にも密接な影響を与え、内臓の働きも低下させます。

 

また、多くの整体院などでは、身体を「平面」でしか捉えていません。レントゲンの画像なども平面でしか判断していなので、様々な矛盾が生じます。

 

当院では、身体を「立体的」に捉え、あらゆる角度からあなたの身体を整えます。

脊椎・骨盤・骨格の調整を行う目的

施術の様子

神経の圧迫や障害がなくなることで、神経伝達が正常に起こり、自己治癒力を高めることが、施術の目的です。

 

当院では、「脊椎」の土台となっている「骨盤」の調整を軸に、「関節」、「靱帯」、「筋肉」にアプローチし、全身の骨格を整えます。

 

身体を「立体的」に捉えることで、「傾き」や「回旋」だけではなく、平行移動による歪みも整えます。

 

機械は使わず、手技のみで身体の歪みを整え、バランスの良い身体作りを行います。

 

当院の院長は、修業時代を含め、施術歴15年以上の経験を持ち、4DSでの最新の技術も取得し、他院では決して取得できない技術を持っております。

減腔(肋骨調整)と内臓調整

減腔

写真は左右にスライドできます

「胸腔」・「腹腔」を潰すこと

「胸腔」・「腹腔」を潰すこと

「減腔」とは肋骨の調整を行い、「胸腔」、「腹腔」を減圧することで腔内の内圧を高め循環機能、心肺機能のアップを図ります。

「加齢」だけはなく、上述した誤った認識の姿勢によっても、胸腔や腹腔は広がります。

広がってしまった腔内は、内臓機能に大きく影響し、「心肺機能」も低下してしまいます。

加齢とともに、肋骨の角度はどんどん広がってしまいます。

加齢とともに、肋骨の角度はどんどん広がってしまいます。

腔を狭めることで、「副交感神経優位」の状態となり、リラックスしやすくなります。

内臓は、交感神経が優位の時には、働きにくいので、「減腔」と「内臓調整」を行うことで「内臓機能」も向上する効果が得られます。

その他、重力に対して鉛直姿勢をとりやすくなる効果もあります。

内臓が圧迫されることを防ぎ、循環を良くします。

内臓が圧迫されることを防ぎ、循環を良くします。

ストレスの多い日常生活、間違った姿勢やストレス、加齢などで「胸郭」が広がりやすくなり、広がった肋骨は、内臓を圧迫してしまいます。

腔が広がることで、全身の細胞が膨張しやすくなり、循環不良を起こし、むくみ、筋疲労を招きやすくなります。

内臓を調整することで…

内臓を調整することで…

内臓が圧迫されると、心臓の収縮や肺にも負担がかかり(心肺機能の低下)、呼吸機能の低下によって循環不良の状態になりやすくなります。

また、横隔膜が緊張することで、内臓周辺の血流、リンパの流れが滞りやすくなり、内臓機能の低下となってしまいます。

当院の手技で、それらを解消して行きます。

SAKS

SAKS説明画像

 

「SAKS」とは、「皮膚に触れるだけ」で姿勢に変化をもたらしたり、痛みがなくなったり、身体のバランスに変化が起こったりする手技で、4DSの手技の一つでもあります。

 

当院の施術は、基本的には骨格を整えるために、ある程度の圧を加えることが多いのですが、「SAKS」は皮膚に対するアプローチですので、非常にソフトな刺激です。

 

「痛みが強い場合」や「緊張が強い場合」に有効で、軽い刺激で身体に変化を起こすことができます。

 

実際には、触れているだけのように感じ、何をされているかも分からないくらいですが、「皮膚」の下に「筋膜」や「筋肉」が存在しますので、表層にある皮膚に刺激を加えることで、それらが動きやすい状態を作ることができます。

 

「関節」に対しても有効で、疼痛の緩和や身体のバランスの向上などの効果があります。

心のケア

カウンセリング

 

「心のケア」と聞いて、うつ病やパニック障害などの精神疾患を思い浮かべたかもしれませんが、実はそれだけではありません。

 

当院では「心と身体はつながっていますよ」というお話をさせていただきます。

 

これは、科学的なことを重視している「西洋医学」の現場でも、現在では、「脳」や「心」と身体の不調の関係が、研究の対象となっています。

 

昨今、軟骨の形状や骨の形状(椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など)は、痛みと関係していないことも多々あるのではないかということが言われ始めました。

 

「手術」や「薬物療法」などを行う「西洋医学」の現場でも、このように言われることもよく耳にするようになっています。

 

実際に手術をしても、「痛みに変化がない」という結果に対し、ようやく研究が進んできています。「医師」の中でもこうしたことが言われているんですね。

 

私が患者さんによくお話させていただくのは、ストレスの反応として、

 

「胃が痛くなる」(胃潰瘍)
「便秘と下痢を繰り返す」(過敏性腸症候群)
「血尿が出る」

 

といった内臓だけはなく、「円形脱毛症になる」という身体の表面に出てくる症状だってあるわけです。

 

このような反応は皆さんご存知かと思います。

 

これは、精神的なストレスが、身体に症状として現れる代表的な症状ですよね。

 

ということは、ストレスが元となって「腰痛」や「頭痛」、身体の各所の痛みが起こることだってあり得るわけです。

 

逆に「腰痛だけは、骨の問題です。」と言い切ってしまう方が、おかしいことのように思います。

 

人間は、もともと「心」と「身体」(肉体)の共存によって生きています。

 

「心」や「精神」がと申し上げると、うつ病をはじめとした「精神疾患」を連想される方が非常に多いことが、現状です。

 

しかし、「緊張する」→「心拍数が上がる」といった反応も、「緊張」という精神状態が、「身体」に変化を起こさせた一例です。

 

誤った情報や、認識によってご自身の症状を強めてしまっている方も数多くいらっしゃいます。

 

当院の院長は、メディカルコーチングや免疫医学研究会などの運営に携わり、「心」と「身体」、「免疫力」に対する学びを深めています。

良くなる仕組み

まずは、ご相談ください。

キャンペーン オファー

よこはま山手治療院 電話

LINE予約

お問い合わせ

推薦文

かなり「レベルの高い施術」

前田先生

東京都目黒区で「アルテカイロプラクティック」の院長をしております前田と申します。

 

中野先生とは全国の治療家が集まる勉強会でご一緒させて以来、仲良くさせていただいております。

 

先生の人柄というと「実直」「真面目」「素直」と言った言葉がすぐに浮かびます。

 

パッと見た外見はソフトで柔らかい印象ですが、話をしていると治療に対する真剣で熱い思いが内面から湧き出ている、そんな先生です。

 

実際頻繁にお会いする学会の席でも、中野先生の周りにはいつも多くの先生が集まって話しており、「同業者からも一目置かれている」そんな様子をいつも目の当たりにしております。

 

お互いに施術をすることもありますが、プロの目から見てもかなり「レベルの高い施術」と断言できます。

 

私が中野先生の施術を評する時によく使うのが「的確」と言う言葉です。

 

患者さんの状態を的確かつ素早く見極める眼力、そこから全体を俯瞰しながら進める無駄のない施術、無駄がないけれども「しっかりやってもらった」感が高い満足度の高さ。

 

施術は無駄に刺激を入れたり、的外れなことをすると効果が出ないものですが、中野先生の施術はこうした施術とは対極にあり、プロとしても自信を持ってオススメ出来るレベルの高さです。

 

また、プライベートでも私がスポーツ全般が好きということもあり、甲子園常連校の野球部に所属していた中野先生とはそういった面でもいつも楽しく、笑いの絶えない会話をさせていただいています。

 

治療は技術だけでなく「人柄」も大切ですから、これだけ一緒にいて気分良く過ごせる先生なら、多くの方に支持されて、地域でも随一の評判の治療院になるのが分かります。

 

対応できる症状もかなり幅広いので、お身体のことでお困りの方は是非中野先生にご相談されることをオススメします。プロとして、私が心の底から自信を持って推薦させていただきます。

 

東京都目黒区 アルテカイロプラクティック 院長 前田 彰先生

治療に関してとても志が高い方

若村先生

私は中野先生と同じ学校出身、現在大阪府泉佐野市で開業している若村博孝と申します。

 

中野先生とは医学会でよくお世話になっているのですが、治療に関してとても志が高い方なので、お会いするといつも刺激されます。

 

常に患者さんの「幸福」を第一に考えていて、その場しのぎではなく、「施術を通して患者さんの未来の人生が明るくなるようにしたい」という思いで治療している先生です。

 

年齢だけなら私の方が上なのですが、技術と貫録のあるたたずまいは中野先生におよびません。

 

治療家が治療院を紹介するのは、「かえって悪化した!」と言われるのが怖いので勇気がいるのですが、中野先生は自信を持って紹介する事ができます。

 

私は関西空港の近くで開院していますので、患者さんは空港関係者が多いです。

 

空港関係者は転勤で羽田に行かれる方も多いのですが、私はいつも中野先生を紹介しています。

 

神奈川周辺に住む方は是非、中野先生に施術をお願いしてみてください。きっと親身になって相談に応じてくれます。

 

大阪府泉佐野市 若村治療院 院長 若村博孝先生

なぜ当院が選ばれるのでしょうか?

選ばれる5つの理由があります

写真は左右にスライドできます

理由その1

理由その1

長生医院の院長であった、「医学博士」の故柴田正義先生から、「修了証」と「推薦」をいただいております。

当院の技術が評価されています

当院の技術が評価されています

治療院業界の「食べログ」とも言われる「エキテン」において、【横浜市中区】で一位の評価をいただいております。

理由その2

理由その2

お一人お一人としっかり向き合います

お一人お一人としっかり向き合います

当院の特徴として、「施術計画」をお出しすることが挙げられます。

あなたのお身体の状態をチェックすることはもちろん、ケアプランを立て、お悩みがなくなり、よりあなた人生が輝くように、一緒に歩んで参ります。

理由その3

理由その3

経験も豊富です

経験も豊富です

当院の全てのスタッフは、「按摩マッサージ指圧師」という国家資格を有しております。

もちろん、資格を持っていることだけが全てではありません。のべ35,00人以上の方を施術させていただき、「経験」も豊富です。

プロの施術家の先生からも、推薦文を多数いただいております。

理由その4

理由その4

アクセスも抜群

アクセスも抜群

当院の患者さんの約7割以上は、女性の患者さんです。(もちろん男性の方もお気軽にお越しください。)

JR京浜東北根岸線「山手駅」から徒歩3分とアクセスも抜群で、お仕事帰りの方も、多数ご来院されています。

また、キッズスペースを設けており、お子様連れのご来院もOKです。

理由その5

理由その5

あなたのお身体を客観的にチェックします

あなたのお身体を客観的にチェックします

当院では、客観的にあなたのお身体を判断するため『姿勢分析システム』『筋硬度計』を用いて、「姿勢」や「筋肉の状態」「関節の硬さや動き」などをチェックします。

患者さんにも、「ご自身のお身体の状態」を知っていただくことで、よりお身体の変化を感じていただけると評判です。

施術の流れ

よこはま山手治療院、院長からのメッセージ

院長

「当院が大切にしていること」

 

当院では、ご来院のお一人お一人に、「痛みや症状によって制限をされたり、振り回されたりするのではなく、その人らしく生きていけるようになってほしい」

 

と願いながら、日々、真摯にご来院の方々と向き合っております。

 

旅行に行きたいんだけど、長い時間座っていられないから…
腰さえ痛くなければ…
頭痛がなければ、もっと仕事もできるのに…

 

そういったお声を、よく耳にします。

 

痛みや症状によって、やりたいことができなかったり、色々なことに制限をかけたり、躊躇してしまったり…そういった方が非常に多いと感じます。

 

「痛みによって、自分の人生が左右されてしまうこと」

 

それは、人生を楽しんでいる状態とは言いにくいですよね。

 

当院では、決して「痛み」や「症状」だけを追うのではなく、あなた自身の思いを大切にしたいと考えております。

 

知らず知らずのうちに、「制限」をかけていた日常から、あなたの未来が、少しでも明るく前向きになり、理想とする「未来」に向かって、あなた自身が、自立して歩めるように、「身体」と「心」の状態を整えて行く。

 

「毎日を楽しめる。」

 

その第一歩を当院で踏み出してみませんか?