肋間神経痛

  • 深呼吸すると痛い
  • 身体を捻ると、チクッとする
  • 重いものを持ちあげた時に…
  • 朝方に肋骨の周りがヒリヒリする

肋間神経痛の施術について

当院には、「肋間神経痛」に悩む多くの方が来院されています。

今現在ある痛みを何とかすることはもちろん、「痛みが出にくい身体」を目指し、再発防止までしっかりサポート致します。

多くの方が、当院で肋間神経痛のお悩みから卒業されています。

お一人で悩まず、当院にご相談ください。

肋間神経痛について、詳しく知りたいという方は、最後までお読みください。

 

よこはま山手治療院 電話

LINE予約

ネット予約

 

当院には、「肋骨の痛み」でお悩みの方が、来院されています。

 

  • 深呼吸すると痛い
  • 身体を捻ると、チクッとする
  • 重いものを持ちあげた時に…
  • 朝方に肋骨の周りがヒリヒリする

などなど、色々な症状を訴える方が多いです。

 

「内臓が悪いんじゃないか?」と病院に行ったんだけど

「肋骨が痛い」という方は、ほぼ皆さんが、

「どこか内臓が悪いんじゃ…」と不安になり、心配されるようです。

 

確かに、腸以外の臓器は、肋骨に覆われていますので、
(一部は、はみ出していますが)

「どこか悪いんじゃないか」と心配になるのも、よく分かります。

 

しかし、実際には、病院に行ってはみたものの、

 

「原因が分からない」
「あぁ、肋間神経痛ですね」

 

と言われて帰って来るという方も珍しくありません。

 

結局は、電気を当てたり、薬を服用するように言われても、
なかなか痛みが変わらないという方も多いです。

 

「肋間神経痛」の症状は、
人によって痛み方や痛む場所も変わってきます。

 

当院では、あなたの「肋間神経痛」(あばらの痛み)が、
どこから来ているのか、なぜ長引いているのかを一緒に探し、
「根本」からの施術を目指しておりますので、お気軽にご相談下さい。

 

電気治療で少しは良くなった気がするが次の日にまた痛い…

 

長引く肋骨の痛みで仕事や生活にも支障をきたしている方もいらっしゃいます。

 

当院の「肋間神経痛」に対する施術方針について
書きましたのでお読みください。

 

肋間神経痛とは

「肋間神経痛」は、病気の名前ではなく、「症状」の名前です。

 

「風邪」は、ウイルスが体内に入って、
それを身体の外に出そう、退治しようという身体の反応ですが、
原因となるウイルスは一つではありません。

 

インフルエンザもあれば、ノロウイルスやアデノウィルスなど、
色々なウイルス型があります。

 

しかし、「熱が出る」、「咳が出る」
そういった症状をまとめて「風邪」と呼んでいるだけです。

 

肋間神経痛も同じで、原因は一つに特定されるべきではなく、
色々な原因が考えられるということです。

 

肋間神経痛の原因とは?

  • 神経刺激によるもの

「肋間神経」という肋骨の間にある神経が、

骨や筋肉の間に挟まれ、刺激されることで痛みを生じます。

 

ほとんどの場合は一時的なもので、身体を捻ったり、
姿勢を変えた時に起こったりするもので、
姿勢や日常のクセが問題とされています。

 

  • 帯状疱疹による場合

帯状疱疹、いわゆる「ウイルス」が原因で痛みが出ることもあります。

疱疹が出ずに、痛みだけ現れることがあります。

 

そのケースは、血液検査をしないと正しい診断はできないらしいですが、
非常に激しい痛みが、2週間ほどで痛みが落ち着きます。

 

「帯状疱疹」が良くなってからも、後遺症として残ることもあります。

 

  • がんによる場合

がんが肋骨や脊椎に転移し、肋間神経痛を起こすこともあります。

抗がん剤の副作用として肋間神経痛が起こる場合もあります。

 

がんが原因で肋間神経痛になった場合は、痛くて横になることができず、
横になって眠れず、座って寝なければいけないことも多々あります。

 

  • ストレスによる場合

いわゆる「ストレス」など、精神的な状態によっても、
痛みを生じることもあります。

 

その他、外傷(骨折やヒビ)によっても起こります。

 

私自身も経験があります。

私自身も、肋骨の痛みに悩まされたことがあります。

 

不意に訪れる痛みは、かなり鋭い痛みで、
心配になり、病院に行きましたが、痛み止めとビタミン剤?
を処方されるだけでした。(結局服用しなかったんですが)

 

私の場合は、時間の経過とともに症状はなくなりましたが、
あなたの不安な気持ちは、よく理解できます。

 

内臓も近いですし、鋭い痛みは、動けなくなる時もあったため、
とても不安でした。

 

ストレスが原因になるの?

ストレスが原因で、「胃が痛くなる」「過敏性腸症候群になる」
「血尿が出る」…

 

上記は、ストレスが原因で起こるとされている、症状の一例ですが、
内臓に出る症状だけではなく、「円形脱毛症」になる方も
いらっしゃいますよね。

 

ということは、ストレスがもとで、腰痛になる人もいるかもしれないし、
「肋間神経痛」になる人がいてもおかしくありません。

 

ストレスを感じると、身体は緊張します。

身体の緊張 → 筋肉の緊張 ということになります。

肋骨の間にも筋肉があり、痛みが出てもおかしくありません。

 

そこで重要なのは、鎮痛剤で痛みをごまかすことではなく、
なぜ痛みが出てしまうのかに目を向けることです。

 

ストレスの元になっていること、それを何らかの方法で
解消していかなければ、再び痛みに悩まされることになるでしょう。

 

呼吸も関係しています

呼吸が浅いと、身体は緊張しますし、深い呼吸をしていれば、
身体はリラックスの方に傾きます。

 

身体が緊張して、硬くなってしまうと、
深呼吸することも難しく、
どうしても呼吸が浅くなってしまいます。

 

そうなると、横隔膜を使って呼吸ができなくなるので、
背中や肩の筋肉に負担をかけることになります。

 

筋肉や神経の緊張状態が続くと、そこから痛みが現れはじめ、
「肋間神経痛」にも関係してくるかもしれません。

 

肋間神経痛の施術について

筋肉や骨格の問題であれば、それさえ整って行けば、
良くなるケースも多いです。

 

続いて、いわゆるストレスが原因で症状が出ている場合ですが、
「ストレス」に関しては、まずはなぜそうなったかを考え、
対処していかなければ、回復して行きません。

 

上記致しました、「呼吸」に関しては、
自分でコントロールすることも可能ですが、

 

「ストレスを減らす」「ストレスをなくす」

 

ことは、非常に難しいもので、減らせるものではありません。
ストレスを減らそうとすること自体が、ストレスになりかねません。

 

「楽しい」「嬉しい」とワクワクすることが増えれば、
結果的にストレスにさらされる時間が減ったりするものです。

 

(詳しくは、こちらの自律神経失調症のページをご覧ください。)

 

そして、「緊張する」ということは、筋肉を硬くしてしまいます。

 

普段の生活で、リラックスする時間が少しでもないと、
常に緊張が強くなり、筋肉も緊張します。

 

自律神経の乱れにもつながりますし、
その問題が長引くと、「肋間神経痛」だけではなくなるかもしれません。

 

そういった緊張をなくして行くこと、
それが最も大事になって来ます。

 

「どこに行っても良くならなかった」
「いつまでも痛みが長引いている」

 

当院が、肋間神経痛でお困りのあなたのサポートを
していければと考えています。

 

〈監修〉あん摩マッサージ指圧師(国家資格)よこはま山手治療院院長 中野貴博

 

よこはま山手治療院 電話

ライン予約

なぜ当院が選ばれるのか

5つの理由

理由1

医師推薦の技術力

当院の院長は、国家資格取得後、横浜市、生麦にある「長生医院」(現在は長生院)にて約5年間の修業の中で、数多くの患者さんを施術させていただきました。

80年以上続く歴史ある長生院で、たくさんのことを学ばさせていただきました。

長生医院の院長であった、「医学博士」の故柴田正義先生から、「修了証」と「推薦」をいただいております。

常に結果を求められる治療院の中で、5年間鍛えられました。

そして、この山手に開院して10年。

 

おかげさまで、治療院業界の「食べログ」とも言われる「エキテン」において、【横浜市中区】で一位の評価をいただいております。

今後も、地域の皆様にお役に立てるよう、日々精進しております。

理由2

一人一人に合ったプラン

当院の特徴として、「施術計画」をお出しすることが挙げられます。

当院では、スタッフ全員がカウンセリングについても学んでおり、ただ痛みや症状を追うだけではなく、今後の患者さんの生活全般において、お役に立てるよう、心掛けております。

あなたのお身体の状態をチェックすることはもちろん、ケアプランを立て、あなたのお悩みがなくなり、より人生が輝くように、一緒に歩んで参ります。

施術者全員が国家資格を所有しています。

当院のスタッフは、国が認めた専門学校(長生学園)で3年間みっちり勉強し、

「按摩マッサージ指圧師」という国家資格を有しております。

もちろん、資格を持っていることだけが全てではありません。

のべ35,00人以上の方を施術させていただき、「経験」も豊富です。

プロの施術家の先生からも、推薦文を多数いただいております。

理由4

女性にやさしい空間作りを心掛けています

当院は、女性の方でも安心して来院していただけるよう、清潔感ある院内を心掛けております。

実際に、当院の患者さんの約7割以上は、女性の患者さんです。
(もちろん男性の方もお気軽にお越しください。)

JR京浜東北根岸線「山手駅」から徒歩3分とアクセスも抜群で、お仕事帰りの方も、多数ご来院されています。

 

また、キッズスペースを設けており、お子様連れのご来院もOKです。託児サービスもございますので、詳しくは、お問い合わせください。

理由5

身体の変化を実感できる

当院では、まず客観的にあなたのお身体を判断するため『姿勢分析システム』『筋硬度計』を用いて、「姿勢」や「筋肉の状態」「関節の硬さや動き」などをチェックします。

患者さんにも、「ご自身のお身体の状態」を知っていただくことで、よりお身体の変化を感じていただけると評判です。

整形外科医からの推薦文

日本長生医学会、前会長の故「柴田正義医学博士」は、私が研修(修業)させていただいた、「長生医院」の院長であり、整形外科医として様々な功績を残された先生で、私の師でもありました。

先生の下で、多くの患者さんと向き合い、勉強させていただき、長生医院の研修修了課程をクリアし、第61号として『修了証』もいただきました。

施術の流れ

初めての方限定キャンペーン

電話番号

ライン予約

よくあるご質問

Q.予約をしないでも大丈夫ですか?

A.当院は、予約制になっております。ただ、当日でもご予約が可能の場合がございますので、お問い合わせください。

 

Q.何か持ち物はありますか?

A.特には、ございません。お着替えに関しても、ご自身でお持ちいただいても大丈夫ですし、当院にもご用意がございますので、ご利用ください。会社帰りの方も、お気軽にご来院ください。

 

Q.駐輪場(自転車やバイク)や駐車場はありますか?

A.自転車、バイクに関しては、当院の前に置いていただいて大丈夫です。当院専用の駐車場はございませんので、近隣のコインパーキングをご利用ください。(30分200円のところが多いです。)

 

その他のご質問は、こちらからご覧いただけます。

ご予約の前に

  • とにかく一回で治してほしいという方
  • リラクゼーションを目的とする方
  • 当院の施術方針をご理解いただけない方
  • 予約時間にご来院いただけない方
  • ご自分のお身体を大事にできない方

周りを見渡すと、整骨院や整体院が、たくさんありますよね。

「たくさんありすぎて、どこを選んだら良いか分からない」そうお考えの方も多いですよね。

一口に「○○整体」や「○○整骨院」といっても、様々な特徴やスタイルがあり、あなたがお考えの目的によって、「選び方」や「通院方法」も変わります。

例えば、あなたが《肩こりでお悩み》の場合

 

◇『とりあえず、今だけでも楽になりたい』

  ⇒【鎮痛剤を服用する、もしくは、安さを売りにしている整体院やリラクゼーションを目的としたマッサージへ】

 

◇『ちょっと押されたぐらいじゃ効かないし、強く押してもらいたいんだよな』

  ⇒【グイグイ押してくれるマッサージ屋さんへ】

 

◇『一回でどこも悪くならないようにしてほしい』

  ⇒【達人】のいるようなお店を探すしかないかもしれません。

 

◇『肩こりを何とかするのではなく、肩がこらないような身体になりたい‼』

  ⇒ぜひとも【当院】へご相談ください

 

真に、肩こりや腰痛などの不調をなくそうと考えていても、その場しのぎの方法を選んでしまう方が多いですよね。

あなたが、その場さえ気持ち良ければいいとお考えであれば、申し訳ないのですが、当院ではお役に立てないかもしれません。

しかし…

「凝りにくい体質や身体に変化して、明るく前向きに生活したい」

とお考えであれば、当院がお役に立てるはずです。ぜひ当院にご相談ください。