【よくいただくご質問】体調が悪い時の施術に関して

1367957-min

 

【よくいただくご質問】

 

  • 何だか風邪っぽい(風邪を引いた)
  • 胃が痛い(胃の調子が悪い)
  • 何だか気持ち悪い(吐き気がする)
  • 生理痛がひどい(生理中である)
  • 頭痛がひどい
  • めまいがひどい

 

などなど、上記のように「体調が悪い」と感じる日もあるでしょう。

 

当院にも、ご予約の日に体調が悪くなって、どうしたら良いかとご連絡をいただくことがあります。

 

「キャンセルして、日にちを変更したい」という方もいらっしゃいます。

 

「体調が悪い時にはどうしたら良いですか?」

 

と質問されると、「それはその時の状態による」と回答さぜるを得ないのですが、いくつか例を挙げてご紹介して参ります。

 

このブログを書いております2020年11月の時点では、新型コロナウイルスの影響もあり、少しでも体調がおかしいと「私達スタッフや、他の来院者の方々にご迷惑がかかる」と、ご来院を遠慮される方もいらっしゃいます。

 

もちろん、「体調が悪い」時には、無理に来院されることは避けていただくこともありますが、「決してそうではない」という場合もありますので、どういった対処をした方が良いのか、当院の考えについて述べさせていただきます。

発熱してしまった場合

 

体調が悪い時として、代表的なものは「発熱しているかどうか」だと思われます。

 

インフルエンザなど高熱が出る場合で、動くのもしんどい、身体を動かすこともできない時には、申し上げるまでもなく、もちろん寝ていることが一番ですので、ご無理をせず、安静にしていてください。

 

しかしながら、「微熱がある」場合には、どうしたら良いのか?

 

これは、そのまま高熱に移行する場合もあるかもしれませんので、判断が難しいところではあります。

 

もちろん、基本的には無理をされないのが良いとは思いますが、微熱があっても、動くことには問題がない、身体がだるく感じることないといった状態であれば、施術を受けていただいても大丈夫な場合があります。

 

ただ、施術を受けると、血行が良くなりますので、熱が上がる場合もありますが、お風呂に入ったようなもので、一時的な場合が多く、むしろ自律神経が整い、身体が回復に向かい、熱が下がりやすくなることもあります。

 

例えば、腰痛や肩こり、膝の痛みなどの慢性痛の場合には、施術を受けていただいても大丈夫な場合があります。

 

ただ、「熱がある」ということは、身体が体温を上げる必要があるんですね。

 

免疫を活性化しようとしている反応かもしれませんし、ストレスなどでも上がる場合があります。

 

「発熱」にも様々な原因が考えられますので、基本的には無理をされないことをおススメしますが、受けても大丈夫、むしろ施術を受けていただいた方が、身体が回復することがありますので、その時の状態によってご相談いただければ幸いです。

胃が痛い、気持ち悪い(吐き気がする)

 

「胃が痛いので、今日はキャンセルさせてください」

 

そうお電話をいただくこともあります。

 

しかし、こちらでもご紹介しておりますように、当院は「内臓の調整」も行っておりますので、胃が痛い場合であれば、施術を受けていただいた方が、良い場合があります。

 

実際に「胃の痛み」を感じていらして、施術を行うと、胃の痛みがなくなることも多々あります。

 

吐き気に関しては、ウイルス感染の場合は、吐き気だけではなく下痢も起こるかと思います。

 

その時には、安静にしていただく方がもちろん良いのですが、「慢性的に吐き気がする」といった場合などは、施術を受けた方が良い場合もありますので、ご相談ください。

 

(※もちろん、重篤な症状の場合は、適切な医療機関を受診していただく場合があります。)

 

 

内臓調整

生理痛がひどい(生理中である)

 

お腹が痛いという場合もありますよね。

 

毎月の生理痛に悩まされている方も数多くいらっしゃいます。

 

この場合も、施術を通して痛みが軽減されたり、楽になることもありますので、もしご来院が可能な状態であれば、施術を受けていただいても大丈夫です。

 

「生理中だけど、施術は大丈夫なのか?」

 

といったご質問をされることもありますが、こちらとしては大丈夫ですので、ご不安がなければ安心してご来院ください。

頭痛がひどい

 

頭痛に関しては、こちらのページにも書いておりますが、基本的にご来院いただいて問題ありません。

 

むしろ、施術を受けられた方が、痛みから解放されることもあります。

 

下記のようなケースは、ぜひご来院ください。

 

※歩くのもつらい、動くのもつらいといった場合には、無理をしないでください。

 

 

上記の頭痛以外に、

「バットで殴られたような頭の痛み」「後ろから急激に頭を引っ張られるような痛み」を感じた際などには、脳に異常があるケースが考えられます。

 

その際には、適切な医療機関を受診してください。

めまいがひどい

 

「めまいがひどい」というケースも、頭痛と同じく、ご来院が可能な状態であれば、施術を受けていただいた方が、回復されるケースも多いです。

 

もちろん、動けない、動くとフラフラしてしまうなどのケースは、無理をされないことをおススメします。

施術の様子

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

結論的には、ご来院が可能な状態であれば、ご来院いただいた方が、症状は軽くなることもあるということです。

 

新型コロナウイルス騒動によって、今まで以上に少しでも体調の変化があると、ご来院を控える方も増えましたが、ご相談くださっても大丈夫です。

 

もしご不明なことや、どうしたら良いか判断できないなどがございましたら、下記のお電話やLINEからご連絡くださいね。

 

 

まずは、ご相談ください。

キャンペーン オファー

よこはま山手治療院 電話

LINE予約

お問い合わせ

この記事を書いた人

院長

中野 貴博(なかの たかひろ)

 

横浜市中区の整体 よこはま山手治療院 院長 あん摩マッサージ指圧師

 

当院のコンセプトである「痛みや症状に振り回されることなく、やりたいことをやりたい時にできる身体作りを目指すこと」を患者さんに体現していただくため、日々活動しています。

 

昭和54年8月20日生 石川県金沢市出身(横浜在住20年ほど)

 

血液型O型

 

詳しいプロフィールはこちら