梨状筋症候群

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 腰痛だけではなく、今度は足まで痛くなってきた
  • 座っていたり、寝ていてもお痛みやしびれが出てくる
  • お尻(臀部)・太もも・ふくらはぎにつるような痛み・だるさがある
  • 長い期間(もう何年も)お尻の痛み、ハムストリングス(足の裏側)の痛みに悩まされている
  • 自分でストレッチをしているけど、全く良くならない

「梨状筋症候群」は、症状が長く続いている方が多く、湿布を貼ることやストレッチなど、痛みを誤魔化している人が多いのが現実です。

しかし、ご安心ください。
当院では、上記のような症状の方が来院され、良い方向に導いている事例が数多くあります。

「梨状筋症候群」は、放置していても良くならないことも多く、悪化の一途を辿ることも珍しくありません。早めに対処をした方が、回復までの期間も短くなります。

「そのうち良くなるだろう」と考えてしまうお気持ちは理解できますが、快適な生活を早く取り戻していただくためにも、ぜひ当院までお気軽にご相談ください。

 

一人で悩まずにご相談ください

よこはま山手治療院 電話

LINE予約

お問い合わせ

初回キャンペーン

そもそも「梨状筋症候群」とは?

梨状筋の説明

まず、そもそも「梨状筋」とはどこの筋肉なのでしょうか?「梨状筋」とは、お尻の筋肉の一つで、臀部の外側は、「大殿筋」という大きな筋肉がありますが、その内側(インナー)にある筋肉です。

では、なぜその「梨状筋」が問題になるのでしょうか?

ご覧の図にもありますが、「梨状筋」の下(人によっては、貫いている)を「坐骨神経痛」が通るため、この筋肉が硬くなったり、何か障害が起きると、坐骨神経が圧迫された状態が続き、下肢に痛みや痺れが起きます。

  • 臀部(お尻)
  • ハムストリングス(太ももの裏、ふくらはぎなど)
  • 膝の裏側
  • 足の裏や指
  • テニスボールや硬いものでゴリゴリしても、なかなか良くならない

などに、上記の場所に痛みや痺れが起きてしまうことを「梨状筋症候群」と呼んでいます。

「坐骨神経」の走行(臀部~下肢の裏側~足指)に沿って、症状が出ることが多いですが、まれに腰痛や背中の痛みも伴うケースもあります。

「椎間板ヘルニア」「坐骨神経痛」とも似ているので、原因がハッキリせず、なかなか良くならずに苦しんでいる方も多いです。

梨状筋症候群の原因

人によって「原因」は様々ですが、多くの場合、極端に疲労した筋肉(硬く凝り固まった部分で「トリガーポイントとも呼ばれますが)梨状筋症候群場合も、同様なことが考えられます。

梨状筋が緊張すると、梨状筋だけではなく、その周囲の筋肉や関節にも影響します。

梨状筋の主な働きとしては、「股関節の外旋」です。(足を外に捻る動き)もちろん、股関節の動きや仙腸関節にも影響はありますし、短縮した梨状筋により、足を組んだり内旋(内側に足をねじる)させることが難しくなる場合もあります。脚を広げることが困難になったり、痛みが強く出ることもあります。

主に考えられる原因としては、瞬時に方向転換が求められる動き(テニスやサッカーなど)のスポーツでは、臀部に負荷がかかり、「梨状筋」を痛めるリスクが高くなります。

また、クラシックバレーのように、「股関節を外旋」した状態で、負荷をかけた動きを長時間行うと、梨状筋に負荷をかけることになります。

また、長時間座っている姿勢によって、臀部が圧迫されることで、痛みが出やすくもなりますし、運動不足によって筋力の低下が起きることで、痛みが出ることもあります。

患者さんからのお声

左のお尻の痛みが…

臀部の痛みの感想

数か月前から歩くと左のお尻が痛むようになって、犬の散歩に行くのもつらくなり始めて、このまま歩けなくなったらどうしようと整形外科や接骨院をはしごしました。
しかし、良くなるどころか段々と痛みがひどくなってしまって、少し歩くだけで痛くなってしまいました。
家からは遠かったものの、ダメもとでこちらにお世話になりました。
院長先生にお願いしましたが、病院と違ってちゃんと私の話を聞いてもらえて、初めての時に「大丈夫!きっと良くなりますよ」と言ってもらえました。
もうそれだけで救われた気持ちになって、とても安心しました。
接骨院と違って電気をあてるようなことはせず、骨格を整えるというよりは、直されているという感じがします。
最初にあった痛みも今は、心地よくなって来て、歩くと痛かったのも、今ではほとんど痛みがないんです。
先日、もう行けないと思ってあきらめかけていた登山にも行けました!
主人ともども驚いています。
本当にこちらにお世話になって良かったと思っています。
友達にも紹介しています。
今後もよろしくお願いします。

ランニングの時の臀部の痛み

臀部の痛みの感想2

膝と足の痛みで先日からお世話になっています。
普段からランニングをしているのですが、15分を超えたあたりから股関節付近に違和感を感じるようになり、このまま走れなくなるのも不安だったので、最初は整形外科に行ってみたものの、「異常はない」と言われ、結局何もしてもらえず。。。
不安を抱えて走るのも嫌だったので、口コミでもよさそうなこちらに行ってみました。
院長先生に見ていただきましたが、一度目でだいぶ痛みが減りました。
走り方や足の使い方、足首のことも教えていただき良かったです。
長く運動を続けるために、体を整えることも必要だなと痛感しているところです。
秋にはまた大会に挑戦してみたいと考えています。
今後もよろしくお願いします。

一般的な「梨状筋症候群」への対処法は?

「臀部(お尻部分)」に痛みがあり、整形外科などで「梨状筋症候群」という診断を受けると、一般的には、

  • 電気や、温めるだけ
  • 湿布をもらうだけ
  • 「痛み止め」の注射や薬で、痛みをごまかすだけ
  • リハビリと称した他動的な運動

などが行われます。

しかし、上記のような行ったとしても、症状がなくなるという方は、ほとんどいらっしゃらず、多くの方が、ご自分で何とかしようとストレッチをしたりしていますが、「どこに行って良いか分からない」という状況の方がほとんどです。

梨状筋症候群は、「痛みが長引いた後に、結果としてそういう診断がつく」ことが多いので、対処が遅れ、症状の改善が遅くなってしまうパターンも少なくありません。

当院での対処法、「梨状筋症候群」には、このような施術をします

施術画像

「梨状筋症候群」の場合、仰向け(上向き)で寝ると、「梨状筋そのもの」や、臀部周囲の筋肉(股関節を外旋させる筋肉)が、緊張することで、下肢が外旋したように見えます。

そういった身体的な兆候を確かめたり、股関節自体の動きを確かめたりしながら、どこの筋肉に緊張があるのかを確認し、そして「どうしてそのような状態になるのか?」を考えながら、施術を進めて参ります。

梨状筋そのものの緊張を取ることはもちろんですが(梨状筋は、深部にある筋肉で、緊張をとるのも難しい場所です)再発してしまっては意味がないので、普段の身体の使い方などもアドバイスして参ります。

画像は、股関節の関節面を確認しています。梨状筋症候群に限らず、股関節の位置は、痛みや症状と大きく関わっているため、調節が必要です。

なぜ当院が選ばれるのか

5つの理由

理由1

医師推薦の技術力

当院の院長は、国家資格取得後、横浜市、生麦にある「長生医院」(現在は長生院)にて約5年間の修業の中で、数多くの患者さんを施術させていただきました。

80年以上続く歴史ある長生院で、たくさんのことを学ばさせていただきました。

長生医院の院長であった、「医学博士」の故柴田正義先生から、「修了証」と「推薦」をいただいております。

常に結果を求められる治療院の中で、5年間鍛えられました。

そして、この山手に開院して10年。

 

おかげさまで、治療院業界の「食べログ」とも言われる「エキテン」において、【横浜市中区】で一位の評価をいただいております。

今後も、地域の皆様にお役に立てるよう、日々精進しております。

理由2

一人一人に合ったプラン

当院の特徴として、「施術計画」をお出しすることが挙げられます。

当院では、スタッフ全員がカウンセリングについても学んでおり、ただ痛みや症状を追うだけではなく、今後の患者さんの生活全般において、お役に立てるよう、心掛けております。

あなたのお身体の状態をチェックすることはもちろん、ケアプランを立て、あなたのお悩みがなくなり、より人生が輝くように、一緒に歩んで参ります。

施術者全員が国家資格を所有しています。

当院のスタッフは、国が認めた専門学校(長生学園)で3年間みっちり勉強し、

「按摩マッサージ指圧師」という国家資格を有しております。

もちろん、資格を持っていることだけが全てではありません。

のべ35,00人以上の方を施術させていただき、「経験」も豊富です。

プロの施術家の先生からも、推薦文を多数いただいております。

理由4

女性にやさしい空間作りを心掛けています

当院は、女性の方でも安心して来院していただけるよう、清潔感ある院内を心掛けております。

実際に、当院の患者さんの約7割以上は、女性の患者さんです。
(もちろん男性の方もお気軽にお越しください。)

JR京浜東北根岸線「山手駅」から徒歩3分とアクセスも抜群で、お仕事帰りの方も、多数ご来院されています。

 

また、キッズスペースを設けており、お子様連れのご来院もOKです。託児サービスもございますので、詳しくは、お問い合わせください。

理由5

身体の変化を実感できる

当院では、まず客観的にあなたのお身体を判断するため『姿勢分析システム』『筋硬度計』を用いて、「姿勢」や「筋肉の状態」「関節の硬さや動き」などをチェックします。

患者さんにも、「ご自身のお身体の状態」を知っていただくことで、よりお身体の変化を感じていただけると評判です。

整形外科医からの推薦文

日本長生医学会、前会長の故「柴田正義医学博士」は、私が研修(修業)させていただいた、「長生医院」の院長であり、整形外科医として様々な功績を残された先生で、私の師でもありました。

先生の下で、多くの患者さんと向き合い、勉強させていただき、長生医院の研修修了課程をクリアし、第61号として『修了証』もいただきました。

施術の流れ

院長からのメッセージ

キャンペーン

ご相談ください

電話

ライン予約

よくあるご質問

Q.予約をしないでも大丈夫ですか?

A.当院は、予約制になっております。ただ、当日でもご予約が可能の場合がございますので、お問い合わせください。

 

Q.何か持ち物はありますか?

A.特には、ございません。お着替えに関しても、ご自身でお持ちいただいても大丈夫ですし、当院にもご用意がございますので、ご利用ください。会社帰りの方も、お気軽にご来院ください。

 

Q.駐輪場(自転車やバイク)や駐車場はありますか?

A.自転車、バイクに関しては、当院の前に置いていただいて大丈夫です。当院専用の駐車場はございませんので、近隣のコインパーキングをご利用ください。(30分200円のところが多いです。)

 

その他のご質問は、こちらからご覧いただけます。

ご予約の前に

  • とにかく一回で治してほしいという方
  • リラクゼーションを目的とする方
  • 当院の施術方針をご理解いただけない方
  • 予約時間にご来院いただけない方
  • ご自分のお身体を大事にできない方

周りを見渡すと、整骨院や整体院が、たくさんありますよね。

「たくさんありすぎて、どこを選んだら良いか分からない」そうお考えの方も多いですよね。

一口に「○○整体」や「○○整骨院」といっても、様々な特徴やスタイルがあり、あなたがお考えの目的によって、「選び方」や「通院方法」も変わります。

例えば、あなたが《肩こりでお悩み》の場合

 

◇『とりあえず、今だけでも楽になりたい』

  ⇒【鎮痛剤を服用する、もしくは、安さを売りにしている整体院やリラクゼーションを目的としたマッサージへ】

 

◇『ちょっと押されたぐらいじゃ効かないし、強く押してもらいたいんだよな』

  ⇒【グイグイ押してくれるマッサージ屋さんへ】

 

◇『一回でどこも悪くならないようにしてほしい』

  ⇒【達人】のいるようなお店を探すしかないかもしれません。

 

◇『肩こりを何とかするのではなく、肩がこらないような身体になりたい‼』

  ⇒ぜひとも【当院】へご相談ください

 

真に、肩こりや腰痛などの不調をなくそうと考えていても、その場しのぎの方法を選んでしまう方が多いですよね。

あなたが、その場さえ気持ち良ければいいとお考えであれば、申し訳ないのですが、当院ではお役に立てないかもしれません。

しかし…

「凝りにくい体質や身体に変化して、明るく前向きに生活したい」

とお考えであれば、当院がお役に立てるはずです。ぜひ当院にご相談ください。

〈監修〉あん摩マッサージ指圧師(国家資格)よこはま山手治療院院長 中野貴博