腰椎椎間板ヘルニアの症例

 

椎間板ヘルニアの症例報告

ご来院者

 

40代 男性

作業をしたり動かすことも多いが、運転やデスクワークもある

 

来院動機

 

ホームページをご覧になり、当院への口コミなどで良さそうだと判断されたのこと。

 

症状

 

まず、作業中に腰が痛くなり(ギックリ腰のような状態)、整形外科で「腰椎椎間板ヘルニア」と診断されたそうです。

 

当院にご来院時は、「腰の痛み」が一番強かったのですが、その後腰痛が回復して来ると、下肢の痛みの方が強くなってきたとのことです。

 

・腰痛(急性的なギックリ腰のような痛み)

・ハムストリングスの痛み、特に右大腿後面の痛み

 

当院にご来院前の治療方法

病院

 

まず整形外科を受診されたそうですが、そこでは「椎間板ヘルニアがある」と診断をされただけで、いわゆる「電気療法」や「温熱療法」などはせず、痛みがひどい場合は、手術も視野に入れるように言われたとのこと。

 

その時は、湿布や痛み止めだけをもらって帰って来たそうです。

 

「手術はしたくない」とご自身で色々と探された結果、手術はしなくても大丈夫だというホームページ(当院の)を見つけ、藁をつかむ思いでご来院。

 

当院での施術

 

まず前提として、椎間板ヘルニアで手術をしても痛みや痺れが回復しないケースは多々あります。

 

当院にご来院される方の中にも「手術を受けたけど、また痛くなった。」とおっしゃる方が少なくありません。

 

痛みや症状には、「原因」が存在しますが、結果的に画像で見たものが原因となっていないことも多いということです。

 

当院は、「痛みや症状の原因は一つではない」と考えており、筋肉や筋膜、身体の傾きや負担がかかっている箇所やクセ、バランス、日常生活の送り方、姿勢など様々なことを考慮して施術を行います。

 

最近では、誤った情報の思い込みや、認知の歪みと呼ばれるものも考慮して行かねばなりません。

 

今回の場合も、全身をチェックし施術を行いました。

 

また、日常生活での身体の使い方を指導させていただきました。

 

例え手術が必要だと診断されても、当院の施術で回復されている方も多くいらっしゃいますので、ご相談ください。

 

経過

 

初回の施術で、ギックリ腰のような痛みはなくなり、仕事も普通にできるようになられました。

 

その後、週に一度のペースで施術を行い、慢性的に感じておられた腰の違和感や足の痛みも消失して来られました。

 

現在は、お仕事などで疲労を感じると、違和感を感じる程度まで回復され、2週間に一度くらいのペースでお身体を診させていただいております。

 

 

考察

 

「腰が痛い」
「足がしびれている」

といった症状が出た時、第一選択肢としては、「整形外科」に行かれる方がほとんどですよね。

 

そこで問題が解決されなければ、次は接骨院などの保険の使える施設に行かれる方がほとんどです。

 

しかし、そこでも良くならないケースが多いため、我々のような自費での施術を行う施設にいらっしゃることになるわけです。

 

整形外科は、骨折や脱臼などの急性症状の場合には必要なで施設ですが、慢性疾患に関しては、根本改善につながらないケースもあります。

 

だからこそ、街中に「整体」や「カイロプラクティック」などの施設が溢れているわけですが、当院にもそうした方々が多くいらっしゃいます。

 

もちろん、当院の施術で一度で痛みが消失することはなかなか難しいとは思いますが、回復されている方も多くいらっしゃるのは事実です。

 

椎間板ヘルニアは特に、白血球が異物として食べてくれるとの報告がありますので、一生そのままということはありません。

 

今ある痛みや症状が死ぬまで続くと思っている方も多いんですが、そんなことはありません。

 

対処次第でいくらでも可能性はあります。

 

もしあなたが「椎間板ヘルニア」と診断され、途方に暮れている、絶望している等ございましたら、お気軽に当院にご相談ください。

 

この記事を書いた人

院長

中野 貴博(なかの たかひろ)

 

横浜市中区の整体 よこはま山手治療院 院長 あん摩マッサージ指圧師

 

当院のコンセプトである「痛みや症状に振り回されることなく、やりたいことをやりたい時にできる身体作りを目指すこと」を患者さんに体現していただくため、日々活動しています。

 

昭和54年8月20日生 石川県金沢市出身(横浜在住20年ほど)

 

血液型O型

 

詳しいプロフィールはこちら