足の痺れの症例1

よこはま山手治療院 - Google 検索

 

色々な整骨院や整体院巡りをされていた患者さん

患者さん

30代 男性 運転などが多い

来院動機

当院に来院前は知人に紹介された整体に通院していたが、一向に痛みが変わらないため、口コミサイトで探して当院が良さそうだとご来院

症状

左の腰〜左足(ハムストリング)に痛みが出る。

座っている状態が辛く、「これ以上痛くなったら、仕事ができなくなるんじゃないか」と不安な気持ちが強くなってしまう。

色々なところに通って良くならなかったため、自分でも色々とやってみたが、どうしたら良いか分からない。

当院にご来院前の治療方法

湿布
  • 整形外科、接骨院に通院し、電気治療などを受ける。
  • 他の整体院で施術を受ける
  • 湿布などの化学療法

腰痛になる人が多い仕事のようで、同僚の方から紹介された整体にしばらく通うものの、改善には至らず変化も感じなかった。

痛み止めはあまり服用したくなく、湿布は痛いところに貼らないといられなかった。

 

当院での施術

施術のようす

まず、「慢性痛」に対して「不安な気持ち」や「心配」は、脳の扁桃体という部分が活性化してしまい、余計に痛みが強くなるという研究が進んでいます。

不安な気持ちのままだと、良くなるものも良くなりません。

当院では、施術ももちろんですが、「正しい知識や情報」を持っていただくことで、不安な気持ちを和らげることも大事だと考えています。

身体はもちろんのこと、「安心」「希望」を持っていただくことで改善までのスピードも早くなります。

施術としては、腰が痛いからと言って、「腰だけ」を施術する訳ではありません。

こちらの患者さんは、左側に重心がかかるような姿勢だったのですが、「どうしてその姿勢にならなければいけなかったか?」という根本の方に目を向けるべきだと考えます。

普段の姿勢だったり、運動習慣や生活習慣が今の体のもとになっているため、ただその場の痛みを追うのではなく、身体全体を整えていかなければいけません。

骨盤の位置、下半身のズレなどを整える施術を行いました。

いただいた感想にもありますが、1度目の施術でかなり効果を実感されていました。

その後、日常生活でも気を付けることを指導。

経過

いただいた感想にもありますように、1度目の施術で効果を実感していただけたのですが、一時的なもので終わらないよう、定着させていくため週に一回の施術を2ヶ月ほど継続。

痛みもなくなり、「痛みに対する不安」もかなりなくなったため、月に一度の施術を継続して行なっている。

考察

カウンセリング

今回の患者さんは、身体を変化させることが大前提でしたが、改善に向かうために必要なのは、「痛みに対する不安をなくすこと」でした。

言葉にするのは簡単ですが、いきなり不安な気持ちが消えることはありません。

お身体が良くなって行く実感をしていただき、徐々に変化し「安心感」に変わるものです。

そのためには、施術者との信頼関係も重要ですし、ご自身で「自信」を持っていただくことも大事です。

〇〇ができるようになった
・そういえば、痛かった動きができるようになっている

こうした小さな成功体験や周囲から見ればたいしたことではなくても、痛みのある方にとっては、大きな問題だったりもします。

このような成功体験を積み重ねて行くことで、自信につながり「安心感」も増していきます。

今でも痛みが出ることがありますが、ご本人とって「ここに来れば安心」という思いを持っていただいているので、慌てずに日常を送ることができているようです。

同じような症状でお悩みの方も数多くいらっしゃるかと思います。

ぜひ、当院にご相談くださいね。

ご覧いただきありがとうございます。

この記事を書いた人

院長

中野 貴博(なかの たかひろ)

横浜市中区の整体 よこはま山手治療院 院長 あん摩マッサージ指圧師

「痛みや症状に振り回されることなく、やりたいことをやりたい時にできる身体作りを目指すこと」を患者さんに体現したいただくため、日々施術を行い、「常に成長」をするため学びを続けている。

昭和54年8月20日生 石川県金沢市出身(横浜在住20年ほど)

血液型O型

詳しいプロフィールはこちら

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

この記事に関する関連記事