脊柱管狭窄症で左臀部から足の痛みに悩まされていた方の症例

 

脊柱管狭窄症で左臀部から足の痛みに悩まされていた方の症例

ご来院者

 

80代 女性 横浜市中区

来院動機

 

整形外科に通院していたものの、改善にしないことを近所の方に話したところ、当院に通院されている方で、「ぜひ行ってみて」と紹介されたとのことでした。

症状

 

当院に来院される1~2か月前から、急に左臀部~大腿後面~下腿後面の痛みが出始めた。

 

一時は寝ていても痛みがあり、眠ることも困難な状態であった。

 

それまでは、ほとんど痛みを感じたことがなかったが、急に痛みが出始めたことで不安になり整形外科を受診。

 

「脊柱管狭窄症」と診断され、臀部~下肢の痛みは脊柱管が狭くなっていることが原因と言われ、薬物療法(痛み止めなど)を処方されたものの、激しい痛みは治まらなった。

 

あまりに痛みがひどいようであれば、手術も検討するようにと言われた。

当院にご来院前の治療方法

 

上述しましたが、整形外科を受診後、その後接骨院にも通院されていたようですが、

 

・薬物療法
・電気療法や湿布が中心

 

上記のような対処をしていたようですが、改善に至らなかったとのことです。

当院での施術

 

何度も同じことを書いておりますが、大きな前提として「脊柱管狭窄症」と診断されても、必ずしも手術をしなければいけないわけではありません。

 

痛みをなくす方法が、「手術しかない」わけでもありません。

 

手術以外の方法でも、痛みから回復する方法はありますし、実際にこちらの来院者の方も痛みから解放されております。

 

「椎間板ヘルニア」にしても、「変形性腰椎症」にしても、それらは単に「腰椎の状態」を表しているだけで、「痛み」や「症状」と直接関係していないことが、慢性痛の研究でも分かってきました。

 

ですから、80歳を超えてから手術をするメリットなどなく、むしろ長期の安静によって「筋力低下」が起こり、余計に「痛み」が悪化することにもなりかねません。

 

お身体を診させていただくと、骨盤が左へスライド(平行移動)しており、股関節や大腿外側に張りがあり、それがもとで痛みが出ていると推測することができました。

 

施術としては、平行移動している骨盤を整え、引っ張られている腰椎の位置も戻すよう施術を行いました。

 

施術後、大腿外側部の張りは消失。何度か施術を行い、今は眠れないほどの痛みは消え、歩くこともできるようになられました。

 

ご高齢であったため、施術には十分気を付けて行いました。

 

経過

 

初回の施術から一週間後に再びご来院いただきましたが、2回目時にはかなり痛みが消失しており、3回目の施術時にはほとんど痛みを感じずに生活できているとのことでした。

 

現在は、下肢の痛みとは異なる症状でご来院されておりますが、身体は左へ流れてしまうクセをその都度整えるよう施術を行っております。

 

 

考察

 

脊柱管狭窄症の症例はいくつか出しておりますが、かなり早い段階で痛みがなくなったのが今回のご来院者でした。

 

紹介者からのお話を聞かれていて、プラセボ効果も働いた結果だとも感じます。

 

脊柱管狭窄症の場合は、日常生活の姿勢や運動習慣、そして「筋力低下」が原因になることが多いため、回復までに時間がかかることも多々あります。

 

痛みで動かせない方や、「安静にすべき」と考えてる方も多いため、動かすようにアドバイスを行っても、いきなり筋肉が回復するわけではありません。

 

施術で筋力をつけてあげることはできないため、自力での運動が必要になります。

 

安静にしていても、どんどん筋力は低下して来るだけなので、安静にし過ぎず適度な運動をすることも回復までに必要なことだと思われます。

 

正しい知識を持つこと、誤った認識を持ってしまうことで、痛みを長引かせてしまっている方も多くいらっしゃいます。(認知の歪み)

 

整形外科でそういった指導を受ける、テレビなどのメディアでの情報でそう思い込む、一度認識してしまった情報を変化させることはなかなか難しいことですが、根気よくお話していくことも大事だなと、今回改めて感じさせていただきました。

 

この記事を書いた人

院長

中野 貴博(なかの たかひろ)

 

横浜市中区の整体 よこはま山手治療院 院長 あん摩マッサージ指圧師

 

当院のコンセプトである「痛みや症状に振り回されることなく、やりたいことをやりたい時にできる身体作りを目指すこと」を患者さんに体現していただくため、日々活動しています。

 

昭和54年8月20日生 石川県金沢市出身(横浜在住20年ほど)

 

血液型O型

 

詳しいプロフィールはこちら