股関節~膝の痛みの改善例

1581711-min

 

股関節~膝の痛みの症例のご紹介

患者さん

50代 男性 デスクワーク

来院動機

ホームページをご覧になり、ご自宅から近いところを探しておられた

症状

ご来院時のようす

奥様に付き添われ、ご自身だけでは外出するのも困難な状況。

 

  • 動かすと痛む
  • 歩行困難
  • 日常生活(仕事をするのも困難な状況)

 

上記のような状態で、立って通勤するのもお辛い状況で、車で送迎してもらいながら何とか仕事に行かれている。

ご来院時には、疼痛性側弯のように、痛みで身体が大きく傾いている状態でした。

当院にご来院前の治療方法

レントゲン

まず、整形外科で画像検査をされる。

レントゲン検査、MRIを行い、特に異常はないと言われてしまう。

 

整形外科では、画像所見で異常が見られない場合、「原因不明」とは言わないまでも、対処の仕方がないため、「痛み止めを出しますので、様子をみましょう」と言われることがほとんどです。(湿布を出されることも)

それで、痛みが治まる場合もあるかもしれませんが、症状が改善しない方も多いんですね。(もし、改善していたとしても、服用をやめると、また痛みが出ますよね。)

 

こちらの患者さんの場合も、整形外科では対処の方法がなく、整骨院などには行かずに、当院にご来院されました。

 

当院での施術

施術の様子

痛みがあった箇所が「股関節のみ」ではなかったため(膝まで痛みがあった)、股関節自体に異常があるというよりは、腰や鼠径部に問題がありそうだと考えながら、施術を行う。

歩行も困難なほど「痛みが強い状態」であったため、施術で下肢を動かしたり、体勢を変えていただくごとに痛みがある。

股関節の外転、屈曲、ともに可動域が狭い。

膝の屈曲は可能であった。

少し我慢していただきながら、腰椎、股関節周囲、骨盤周囲を整え、股関節の関節面を動かす施術を行う。

「膝」に痛みが出ているようでしたが、「膝自体」に問題があるというよりは、腸脛靭帯を通して痛みが出ていたため、原因は体幹部分にあると判断。

膝蓋骨の位置は整えたが、大腿部の軸を合わせ、動きをつけた。

腹部の施術、腸腰筋の施術も行い、股関節の屈曲もしやすくなった。

施術後、かなり痛みが軽減され、歩行もしやすそうであったため、我慢していただいたことに感謝しています。

経過

2回目のご来院時には、歩行もかなり楽になられたご様子で、仕事もお一人で行けるようになっているとのこと。

まだ、少し痛みは残るものの、日常生活を送る上でほとんど支障はないご様子。

身体の傾きもなくなり、喜んでおられて、こちらも嬉しく思います。

 

過去にも何度かこのような痛みを起こしておられるようなので、「痛みを出さないような身体作りをしていきましょう」という話をさせていただきました。

施術者による考察

カウンセリング

まず、「どこか痛い」となった時に、第一の選択肢として挙がるのは、整形外科や接骨院といった保険が使える施設ですよね。

 

しかし、そういった施設で改善していれば、これほど多くの整体院や鍼灸院、治療院といった私たちが行っている施術の施設はないはずなんです。

 

しかしながら、さらに整体や鍼灸院にも、これだけ数があるということは、一つの治療法が完璧な治療効果を出すということはなく(そんな治療法があるなら、皆がやっていますよね)、ということは、正解は人によって変わるもので、その確率を上げて行くことが我々治療家の役割であるということが言えます。

 

今回の患者さんも、結果的にお役に立つことができましたが、様々なプロセスを経て、痛みのない状態にまで辿り着いたわけです。

 

保険の使える施設での「一回のご負担」は、少ないかもしれませんが、結局何度も通ったり、時間ももったいなく感じます。

 

正しい選択かどうかは、実際にやってみないと分からないことも多々あります。

 

当院では、より多くの方のお役にたてるよう、日々スタッフ一同研鑽に努めております。

 

もし、どこに行かれても効果がないなど、お困りの場合は、当院にご相談くださればと思います。

 

この記事を書いた人

院長

中野 貴博(なかの たかひろ)

横浜市中区の整体 よこはま山手治療院 院長 あん摩マッサージ指圧師

「痛みや症状に振り回されることなく、やりたいことをやりたい時にできる身体作りを目指すこと」を患者さんに体現したいただくため、日々施術を行い、「常に成長」をするため学びを続けている。

昭和54年8月20日生 石川県金沢市出身(横浜在住20年ほど)

血液型O型

詳しいプロフィールはこちら