右手首の痛みの症例

手首の痛みの症例

ご来院者

 

40代 男性 デスクワーク

来院の経緯

 

右の手首が、手を着く動作で痛む。

 

テニスをしていて痛めたが、しばらくすれば良くなるかと思っていたが、なかなか良くならなかったため、当院のホームページをご覧になり来院されました。

 

症状

 

普段動かすことには痛みが出ないが、手を着く動作で、少しでも体重がかかると痛みが出るとのこと。

 

他動運動(施術者が動かしてみても)痛みは出ない。

 

日常生活では、手を着かなければ痛みはないが、ちょっとした時に痛みが出ることが長く続いていた。

当院にご来院前の治療方法

手首のサポーター

 

整形外科を受診された結果、骨には異常がないとのことでしたが、湿布やサポーターなどをもらうだけで改善に至らず。

 

しばらく様子をみるようにと言われたものの、あまり痛みが変わらなかった。

 

これは、根本から治した方が良いと思われて、当院にいらっしゃいました。

当院での施術

 

まず、「手首の痛み」がある場合、手首だけに問題があることは少なく、同側の肘や肩の関節もズレていたり、位置が悪かったりします。

 

今回の手首の痛みも、手首の関節の異常はもちろんあり、それを動かす施術がメインだったものの、肘の関節や前腕の筋肉の張りも調整しました。

 

日常生活で気を付けた方が良いこと、特に手首の使い方のアドバイスをさせていただき、同じ痛みに悩まされることがないよう、当院が考える原因や症状に関しての説明もさせていただきました。

経過

 

週に一度の施術を2度行い、2回目でほとんどの痛みが消失されたとのことでした。

 

今回は再び痛みが出たら、またご来院されるようお伝え致しました。(問診票に、とりあえずの痛みが取れればそれで良いとチェックがあったので)

 

強く手首を着いてしまったり、捻挫のようにならなければ、普段の手首の使い方に気を付けていただくことで、痛みは出づらいかなと思われます。

 

ご来院者の方がテニスをされるようですので、思いっきりテニスを楽しんでいただければ嬉しく思います。

考察

 

肘の痛み、肩の痛み、膝、股関節など、様々なスポット障害がありますが、「手首」に関しては、使い方に気を付けていただければその後も痛みに悩まされることが少なくなります。

 

また、「末端に出る痛みは、体幹から来ている」といった考え方もあり、頸椎の歪みが原因で起こっている場合もあります。

 

実際に、こちらの患者さんも手首と肘、筋肉の調整を行いましたが、「首がスッキリして、かなり楽になった」とおっしゃっています。

 

「どれが正解か」と原因を一つに絞るのではなく、様々な要因を考え、対処して行くことが大切なことだと考えています。

 

当院では、「点」で考えるよりも、「色々な線を結んで行く」イメージを持って、常に患者さんと向き合っています。

 

手首の痛みやスポーツ障害でお困りの場合は、ぜひご相談ください。

この記事を書いた人

院長

中野 貴博(なかの たかひろ)

 

横浜市中区の整体 よこはま山手治療院 院長 あん摩マッサージ指圧師

 

当院のコンセプトである「痛みや症状に振り回されることなく、やりたいことをやりたい時にできる身体作りを目指すこと」を患者さんに体現していただくため、日々活動しています。

 

昭和54年8月20日生 石川県金沢市出身(横浜在住20年ほど)

 

血液型O型

 

詳しいプロフィールはこちら