熱中症にならないために必要なこととは?

こんにちは。 よこはま山手治療院の中野です。

本日は、「熱中症」についての記事です。

この文章を書いておりますのは、梅雨真っただ中の6月ですが、もうすぐ「熱中症」という言葉が、メディアを騒がせる季節がやってきます。

「夏が好き」だと思っている私ですが、 毎年の暑さには、さすがにすごいなぁと感じます。

こう暑いとメディアを通しても「熱中症に注意!」と言われますよね。

もちろん、熱中症は気を付けなけれないけませんし、 重篤な症状を引き起こす場合もあります。炎天下での作業をしている人などは、特に注意が必要です。

熱中症の原因と症状

水

ネットで探すと、このように書かれていました。

体温を調節する機能が狂ったり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたりすることで起こる、めまいや頭痛、けいれん、意識障害などの症状をまとめて「熱中症」といいます。

熱中症を引き起こす要因には、「環境」によるものと「からだ」によるものがあります。

運動や作業をすると私たちのからだの中で熱が生まれます。

ただし、人間のからだには体温調節機能が備わっているため、体温が上がり過ぎたときには、自律神経の働きによって末梢の血管が拡張し、皮膚に多くの血液が流れ込むことで熱をからだの外に放出します。

同時に、体温が上がったら汗をかき、その汗が蒸発するときにからだの表面から熱を奪うことで、上がった体温を下げようと働きます。

ところが、あまりに暑い環境に長くいると、体温調節機能が乱れて体外への熱の放出ができなくなり、体内に熱がこもって体温が上昇します。

また、急激に大量の汗をかくと、体内の水分と塩分が失われ、体液のバランスが崩れてしまいます。

それが筋肉や血流、神経などからだのさまざまな部分に影響をおよぼすと、けいれんやめまい、失神、頭痛、吐き気といった症状があらわれるのです。
※引用ここまで

体温調整の乱れが原因

体内の熱を放出できなくなり、体内に熱がこもることで起こる。

まとめると、そういうことですね。

汗をかくことは、体温を下げるために必要なことで、高齢の方や、乳幼児はうまく体温の調整ができないことで、重篤な症状が出やすいということです。

本当の熱中症対策とは

暑いと冷たいものが欲しくなりますね。

冷たい飲み物やアイスなど、暑いと食べたくなるお気持ちも分かります。

しかしながら…人間の体温は、36~37℃と言われています。

内臓は、もうちょっと高い温度を保っています。

それが、内臓が最も働きやすい温度ということですね。

ということは、その温度以下のものが体内に入って来ると、その温度まで「熱」を産生して吸収する必要があります。

水分は、胃を通過して直接腸の方へ流れます。

キンキンに冷えた液体が、直接「腸」へ届く。

そうすると身体は、「熱」を作らなければ吸収できません。

身体の外は暑いかもしれませんが、身体の内部では、一生懸命に熱を作らなけれいけない状況なのです。

そうなると、身体は体温を下げるべきところを、熱を作るために体温を上げなければいけなくなります。

「冷え」によって、身体は体温の調節が難しくなります。

冷たいものを摂りすぎること、それが体内の熱を余計に放出できない原因となっているのです。

冷えないこと

冷房

冷たいものを摂りすぎることで、余計に体温を上げようと身体は頑張るわけです。

これは、「冷房病」と呼ばれるものも同じです。

夏に「寒い」と感じることが、すでに異常なことなのですが、寒いと感じた時点で、身体は体温を上げようとします。

しかし、また外に出ると暑いくなり、体温を下げようとする。

この繰り返しで、自律神経の乱れを起こしやすくなるんです。

毎日暑いといっても、温度管理された室内にいるという方も多いと思います。

何となく暑いので、冷たいものを摂りたくなるお気持ちも理解できます。

炎天下にいると、冷たいものも欲しくなりますね。

しかしそこで身体を冷やしてしまうと、余計に身体は体温を上げようとします。

まして、温度管理されたところにいれば、そこまで冷たいものが必要なわけではありません。

よく「暑いときこそ熱いお茶を飲む」というようなことを聞きますが、理にかなっているということですね。

東洋医学では、「冷え」は万病のもととも言われます。正しい知識を持って、体調管理をしていきましょうね。
〈監修〉あん摩マッサージ指圧師(国家資格)よこはま山手治療院院長 中野貴博

自律神経の乱れについて詳しくはこちら

自律神経の乱れ

この記事に関する関連記事