5本指ソックスは良くない?履かない方が健康に良い理由

私も愛用していました

 

今はもちろん普通の形のものや、足袋の形のソックスを履いていますが、以前は私自身も5本指ソックスを履いていました。

 

いや、履いていたどころか、仕事の時には必ずそれを履いていたくらい愛用してしまっていましたね。

 

何となく足の指を開くと気持ちが良い、足の指はくっ付けないで離した方が良いものだと思い込んでいたんですね。

 

しかしながら、4DSソックスを開発された堀先生からお話を伺い、足の重要性を学び、それからは一切履くことはなくなりました。

 

では、なぜ履かなくなったのか、健康に与える悪影響について、堀先生のブログを参照にしながら一緒に見て参りましょう!

 

前足重心になってしまう

 

人間の重心は本来「踵(かかと)側」にあることが正常とされており、5本指ソックスは前足重心を作ってしまうと考えられます。

 

「胸を張って背筋を伸ばす姿勢」でも、重心が前にかかりやすくなりますので、つま先側に重心がかかると身体へ負担がかかります。

 

重心

前足重心 ⇒ 開張足

開張足画像

前足重心になると、「開張足」になりやすい状態となります。

 

「開張足」とは、ネットから引用しますと…

 

5本の指のつけ根を横に結ぶアーチの形が崩れて、足の指が横に広がってしまう状態のことです。

自覚症状がないため気づかないことが多いですが、放置すると外反母趾や内反小趾、扁平足などの足病変を引き起こします。

ハイヒールやパンプスを履く女性に多く、女性の約9割は開張足の傾向があります。

 

とあります。

 

横のアーチが崩れる ⇒ 浮指になる

 

「足のアーチ」と聞くと、縦のアーチ、すなわち「土踏まず」や「偏平足」といったことはご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、足には「横のアーチ」も存在し、縦のアーチと横のアーチの両方があることが理想的です。

 

前足重心になると、この「横のアーチ」に重心がかかりやすくなり、アーチが崩れてしまいます。

 

横のアーチが崩れると、足の指と指の間が広がります。

 

その結果、足の指先が上を向いて、浮指の状態になります。

浮指とは

 

「浮指」とは、足指が地面に接していない状態のことを指します。

 

ネットなどでは、浮指の原因は「踵重心によるもの」とされていますが、実は前足重心になることで浮指になりやすくなるんです。

 

現に冒頭の画像は、フリー素材のものを使用しているのですが、5本指ソックスを履いていることで浮指になっていることが確認できます。

 

私自身も、5本指ソックスを履くようになってから、浮指になっていることを自覚しており、原因がこれだったのかと納得しました。

 

前足重心になることの弊害

 

前足重心になることで、

 

  • 外反母趾
  • 内反小趾
  • 横アーチの喪失
  • 浮指
  • 足のタコ、マメ、魚の目

 

上記のような弊害が起こりやすくなり、さらに前足に重心がかかることで、姿勢も崩れてしまい、理想的なS字カーブ(生理的彎曲)の消失や、足や大腿部(太もも)が太くなりやすくなります。

 

5本指ソックスの良くない点

浮指

 

5本指ソックスの一番良くない点は、「意識が足と足の指先の間に行くこと」で、重心が指の付け根に行くことです。

 

指の付け根に重心が行くと、上述したように「横アーチ」がつぶれ、浮足などいろんな障害を起こします。

 

次に良くない点は、5本指ソックスは「足の指と指の間を開くこと」が挙げられます。

 

5本指ソックスの「足の指と指の間」には、生地が存在しますので、指と指の間が広がり、奥まで生地を通すため、ソックスを引っ張りがちになり、浮指方向に引っ張り、さらに開張足になりやすくなります。

 

衛生的(ニオイが気になったり、水虫の方)には良いのかもしれませんが、健康の観点からはあまりおススメできないものなんですね。

 

まとめ

 

ここまで5本指ソックスの弊害について考察して参りました。

 

5本指ソックスを履く ⇒ 前傾姿勢 ⇒ 前足重心 ⇒ 負荷がかかる ⇒ 横のアーチが崩れる ⇒ 浮指になる

 

上記のようなサイクルになってしまい、健康に良いと思って始めたものもしっかりとした知識がなければ、逆の結果を招くことになってしまいます。

 

実際、私も気付くまでに時間がかかり、浮指になってしまいました。。。

(しかし、今は5本指ソックスを履かなくなり、段々浮指が治って来ています。)

 

普通の靴下で問題ないとは思いますが、当院では、堀先生考案の「4DSソックス」の販売代理を行っております。

 

興味のある方は、スタッフまでお申し出ください。

 

では、今回はこの辺で。お付き合いいただきありがとうございました。