脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の男性

 

脊柱管狭窄症の施術について

・腰が反らせない

・ずっと立っているとしんどい

・長い時間歩いていると足が痛い

・前に屈んでいると楽なんだけど…

など、日常生活のちょっとしたこと、今まで普通にできて
いたことが痛くてできないと本当にツラいですよね。

「このまま歩けなくなったらどうしよう」

「杖なんて使いたくないし…」

「病院で手術と言われたけど、できればやりたくないし…」

そうお悩みの方も多いですよね。

湿布を貼ったり、電気を当てたり、色々試してみたけど、
なかなか良くならない…

実際にそういった声をよく耳にします。

脊柱管狭窄症でお困りであれば、当院の施術方針について
書きましたので、じっくりお読みください。

 

脊柱管狭窄症の原因

脊柱管狭窄症2

脊柱(背骨)の中には脊柱管という神経を囲んでいる
「管」があります。

その「管」の部分が狭くなってしまうと、
神経が圧迫され腰や足に痛みが出てしまいます。

主に、加齢によって起こる脊椎の変性だと
考えられており、50代~70代の方がよく発症する
と言われています。

 

間欠性跛行

間欠性跛行とは、脊柱管狭窄症の方によく見られる症状です。

しばらく歩くと足が段々と痛くなり、歩けなくなります。
前かがみになって少し休むとまた歩けるようになる
といった症状のことです。

これは、狭くなった脊柱管が歩くことでさらに神経を圧迫してしまい、
前かがみになることで、神経が圧迫された状態が広がるためです。

 

当院の考え方

はじめての方へ2

【腰痛のページ】でも申し上げましたが、
画像でヘルニアや狭窄が見られた場合でも、
痛みを感じないという方もいらっしゃいます。

画像では異常がなくても、痛みやしびれなどの
症状に悩まされる方もいらっしゃいます。

脊柱管狭窄症は、加齢によって起こる症状です。

「筋力の低下」、「姿勢の変化」など改善には
時間がかかる場合が多いと思われます。

どんな症状に対しても言えることですが、
一度の施術で全てが良くなることはありません。

また、
良くなってきても、二度とその症状が出なくなるわけではありません。

脊柱管狭窄症の場合は、
特に焦らずじっくり治療していくことが必要になります。

筋力の低下は、ご自分で鍛える以外に方法はなく、
施術をして筋肉がつくことはありません。

 

当院での施術

腰部や臀部の筋肉の緊張をとり、骨盤の調整を行い、
少しずつ狭くなったところを広げていくとイメージして
いただければと思います。

また、前かがみの姿勢の方が多いので、
「姿勢」に対しても少しずつアプローチしていかねばなりません。

腹部の緊張、肋骨なども施術していき、全身を整えます。

筋力の低下に対しても、アドバイスや指導させていただきます。

多くの場合、施術後は痛みの軽減が見られます。
ただ、良い状態が長く続かない場合も多々あります。

10あった痛みが、施術後は3まで減ったとして、
そのままの方もいらっしゃるし、何日かたつと7や8に戻る
という方もいらっしゃいます。

施術の計画としては、7や8に戻ってしまった方でも、
長い目で見て、その数字が最終的に少ない状態になること
を目指して行き、『良い状態がキープ』できるよう
一緒に頑張って行きましょう。

ご不安に思うこと、お困りのことなど、遠慮なくご相談ください。

 

〈監修〉あん摩マッサージ指圧師(国家資格)よこはま山手治療院院長 中野貴博

脊柱管狭窄症で来院された患者さんの声

Kさん
<自営業>

「段々足の痛みがなくなって来ました」
(脊柱管狭窄症で来院されました)

散歩をしていると足が痛くなり、整形外科に行くと、
脊柱管狭窄症だと言われました。
こちらに通って、段々足の痛みがなくなって来ました。良かったです。

 

お気軽にご相談ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ