椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの施術について

当院では開院以来、
椎間板ヘルニアでお悩みの患者さんを数多く診させていただきました。

中には、
「病院で手術を勧められた」という方もいらっしゃいます。

椎間板ヘルニアは「腰椎」に多いですが、
「頸椎」(首)に起こる場合もあります。

・ヘルニアと言われて、毎日不安でしょうがない

・薬を飲んでいるけど、効かなくなっている

・常に足が痛い、しびれていてどうしたら良いか分からない

・毎日湿布は貼っているけど…

・手術しかありませんと言われたけど、怖いし入院もしたくない

このような方が本当に多いですよね。

「波があり、痛みが軽くなる場合もあるけど、
痛い時は本当に痛くて動けない」

調子が良い時とのギャップで、周囲から誤解されてしまうという方もいらして、
見ているこちらもつらい時があります。

椎間板ヘルニアと診断され、お困りであれば
当院の施術方針について書きましたので、お読みいただければと思います。

 

ツラいながらも …

はじめての方へ2

仕事は休めないし、運動もやりたいんだけど、
痛くてどうしようもない。

電気をやったり、マッサージを受けたりしても
改善しないので、どうしたら良いか分からない。

ご自分でも頑張っていらっしゃる方が大半です。

椎間板ヘルニアの原因

腰椎や頸椎と言われる骨の間にはクッションの役割をする
ゼリー状のもの(椎間板)が存在します。

椎間板に「過度な刺激」や「繰り返しダメージ」が加わると、
膜が破れて椎間板が飛び出してしまう状態、
それを「椎間板ヘルニア」と呼びます。

「ヘルニア」は飛び出すという意味です。

その飛び出したものが近くを走っている神経に触れたり、
圧迫されたりすると激痛となってしまいます。

しかし…

詳しくは 【腰痛のページ】をご覧いただきたいのですが、
椎間板ヘルニアの状態を画像で確認された方でも、
全く症状を感じない方も中にはいらっしゃいます。

いわゆる無症状の方も多いのが現状です。

 

ヘルニアはマクロファージが食べてくれます

では、
その『飛びだした状態が一生続いてしまうのか』というと、
そんなことはありません。

「この痛みが一生続いたらどうしよう」

と不安に思う方もいらっしゃるかと思いますが、
マクロファージという白血球が、飛び出した椎間板を「異物」とみなし
食べてくれるということが確認されています。

その「不安」が脳内で痛みを作り出していると、
医師がメディアで紹介しています。

「手術は不要である」

とも医師が紹介しています。

人によって期間は変わりますが、
患部に負担がかかることがなければ、手術をしなくても
ヘルニアの状態は改善する場合が多いのです。

本当に手術が必要な割合は、ほぼないということです。
(膀胱直腸障害など、特別な場合を除いて)

 

当院の施術

当院の施術は、ヘルニアそのものを治療するわけではありません。

治すのはあなた自身の自己治癒力です。

マクロファージが働きやすいようにしてあげたり、
治りやすい状態に戻して行くだけです。

治す力はあなた自身にすでに備わっています。

当院ができることは、異常を起こしている筋肉、関節、神経の
状態を整えて行き、よりあなた自身の治癒力を高めていきます。

また、椎間板ヘルニアに限らず腰痛の場合、
ストレスや自律神経の乱れが痛みの原因になっている場合が多く、
ご本人が気づいていないことも多いようです。

ということは、患部だけの施術ではなく、
身体全体の状態を整えていくことも重要なことであると考えることができます。

施術が長期に渡る場合が多々ありますが、
焦らずじっくり辛抱強くやっていくことが必要です。

また、日常生活に支障を来たす場合、家族やお仕事場での
協力や理解が必要不可欠です。

 

痛みや症状は結果でしかない

例え症状が軽くなっても、波があったりします。

症状が出てしまった原因は日常生活でのダメージの蓄積、
腰にどれだけ負担をかけているかだと思われます。

当院では、普段からダメージの蓄積を減らせるように、
また、痛みが出ない状態を続けて行けるように
『定期的なメンテナンス』を提案しております。

症状が出てしまうと、またつらい時期が長くなり、
回復にも時間がかかってしまう場合があります。

普段からケアしておく意識が大事です。

再びそのような状態にならないよう、セルフケアのご提案も
させていただいておりますので、お気軽にご相談ください。

手術・注射は必要なのか?

現在、腰椎椎間板ヘルニアの治療では
保存療法と手術療法に大別されているが、
多くの患者で保存療法により3ヵ月以内に軽快することから、
治療の原則は保存療法となっている。

この保存療法では、
安静、コルセット等の理学療法と鎮痛薬、筋弛緩薬、抗うつ薬
などによる薬物療法が推奨されている。

しかし一方で、
これらの保存療法を行っても十分な改善が見られずに
手術療法が選択される症例も少なくないのが現状だ。

手術療法は、全身麻酔下で行う必要があり、
患者への侵襲性も高く、
さらには術後血腫など重篤な合併症の発現のリスクもある。

—- 引用ここまで —-

上記の文は、あるサイトから引用したものです。

決して、現状の医療を否定しているわけではありませんが、
治療の原則は、「保存療法」。

ということは、医療としては、「何もやれることはない」
と捉えることもできるいうことですね。

手術をするにしても、
「なぜそうなってしまったのか」の方に目を向けなければ、
同じことを繰り返してしまいます。

最近では、腰椎椎間板ヘルニアの治療薬として「コンドリアーゼ」
(商品名ヘルニコア)が薬価収載されたとニュースになっていました。

要は、注射でヘルニアを溶かすということらしいですが、
手術と同じく、ヘルニアがあっても痛みを感じない人、
全く症状がないという方もいらっしゃるのが現状ですので、
「結果」ではなく、「過程」の方に目を向けるべきかなとも考えます。

実際に、

・手術をしたのに痛みが取れない
・半年後にまた痛みが出てきた
・手術をしてからずっと足の冷えが続いている

といったお声を当院の患者さんからお聞きします。

もし、手術をしてもあなたの痛みが取れなかったら、
全く変化がなかったとしたら。。。

注射ならそのリスクはないかもしれませんが、
例え内視鏡などの小さな手術跡でも、
筋繊維や筋膜は傷つきます。

組織が壊れてしまうということです。

筋膜は全身を一枚で覆われているとも言われています。

ある部分に傷がつけば、その部分を補正しようと
他の部分が伸びたり縮んだりします。

そういうバランスも変化してしまうということです。

当院としては、安易に手術をすることをおススメしませんし、
注射によってヘルニアがなくなったとしても、
再び同じ状況にならないことの方が大切だと考えています。

もちろん、手術して痛みがなくなったという症例もあるでしょう。

しかしながら、それは、
「手術を受けたんだから、大丈夫だ」
という安心感が生んだものかもしれません。

 

〈監修〉あん摩マッサージ指圧師(国家資格)よこはま山手治療院院長 中野貴博

椎間板ヘルニアで来院された患者さんの声

M.Kさん
<主婦>

「痛みが軽くなり、すごく嬉しいです」
(椎間板ヘルニアで来院されました)

椎間板ヘルニアと診断されました。理学療法や湿布をしても全く良くならず、5分以上座っていられませんでした。施術してもらい、身体がずいぶん軽くなり、痛みもやわらいでいて、少しずつ座っているできるようになりました。痛みが軽くなり、すごく嬉しいです。ありがとうございます。

 

お気軽にご連絡ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ