花粉症

花粉症の治療について

花粉症 当院には、「花粉症」でお悩みの方や
花粉症だけではなく、アレルギー症状全般で
お悩みのご相談を受けるといったこともあります。

・鼻水が止まらない
・目がかゆい
・目が腫れてしまう
・喉もおかしくなる

などなど、様々なお悩みのお声をいただきます。

花粉症とは

ご存じの方も多いでしょうが、
「花粉症」とは、ご自分の身体の免疫システムの異常、
つまり自分の身体を守ってくれる免疫が過剰に働き、
本来であれば、身体にとって無害である物質の「花粉」を
異物だと認識して、身体が排除しようとしている状態のことです。

これは、花粉症に限らず、「アレルギー疾患」と呼ばれるものは、
同じような原因で起こっています。

花粉症になる人、ならない人がいる、
特定の食べ物も、食べても平気な人がいるということは、
そういうことですね。

つまり、あの鼻水や目のかゆみなどは、
花粉を一生懸命体外に出そうとしているという反応です。

「花粉症の原因は花粉にあるのではなく、反応してしまうご自分の身体にある」

ということですね。

正常に免疫機能が働いていれば、
身体にとって無害なものまで攻撃しなくてもいいんですが、

免疫が過剰に反応するので、本来無毒のものまで攻撃してしまいます。

なぜそんなに過剰に反応してしまうの?

しかし、なぜ身体はわざわざそんなエネルギーが必要なことをするんでしょう?

免疫を活性化させてまで、花粉に対して攻撃をしてしまう、
それってかなりエネルギーが必要ですよね。

アレルギー症状は、言い換えれば「過敏症」です。

身体が過敏に反応してしまうこと、ちょっとの刺激で過剰に身体に反応が出ます。

刺激は情報の中にも?!

花粉症の皆さんは、
「花粉」という情報だけで症状が出ている人もいます。

例えば、こんな感じの花粉が飛んでいる画像や映像を見ただけで、
目がかゆくなったり、鼻水が出る人がいるんです。

 

花粉3

それって、花粉が実際に体内に入って来たわけではないのに、
症状が出てしまうわけです。

天気予報で、「今日は花粉が非常に多く飛びます」
という情報が入っただけで、憂鬱になって、
症状が重くなったようなになってしまうんですね。

「花粉症」という言葉ができてから、
花粉症になる人が増えたと言われていますよね。
(スギの生育など諸説ありますが)

それまでは、
「春先に目がかゆくなる人」
「春になるとなぜか鼻水が出る人」
という認識だったのに、「花粉症」という病気になってしまったんです。

ご丁寧に名前が付けられてしまったので、
春先にちょっと鼻水が出たり目がかゆくなっただけで、
「それ花粉症だよ!」と言われてしまう。

言われた方は、「これが花粉症なのか」と認識してしまう。
そう思った瞬間から、「花粉症人生」がスタートしてしまいます。

認識を変えると…

私は、たまに目がかゆくなっても、
鼻水が出る時だって全くない時はありませんが、
「花粉症かも」だなんて思いません。

「あぁ、たまたまだな」「そういう時もあるよね」
くらいにしか考えません。

これは、花粉症に限らず、あらゆる病気に対してもそうかもしれません。

花粉に関する情報さえ制限してしまえば、
少なくとも症状は軽くなると考えられます。

テレビなどで花粉に対する情報が多く入って来ると、
身体は反応してしまうということです。

ですから、情報をできるだけ入れないことが大事ですね。
花粉症は、過敏に反応してしまうわけですから…

情報をなるべく入れないようにすることです。

対処療法を続けますか?

「花粉症」の方は、病院に行かれる方が大半だと思います。

そこでは、症状を抑える薬が出されるわけですが、
それは治しているわけではありませんよね。

過剰に反応してしまった免疫を抑制する薬であったり、

どれも根本的なアプローチとは異なります。

近年の治療も…

近年、注射や舌下にアレルギーの元となる物質をあえて入れて、
徐々に身体に慣れさせるという治療法があります。

もちろん、それはその特定の物質に対しては効果がありますが、
例えば、杉花粉なら杉だけにしか効果がありません。

杉花粉もヒノキもブタクサも……という方は、
一度に複数はできないので、数年かかることになってしまいます。

それは現実的ではありませんよね。

どんな薬を使おうが、アレルギー体質を改善させた方が良いことは、
皆さんお分かりかと思います。

まず栄養を見直す

それを可能にするのが、
「食事」や「栄養」を見直すということです。

現代は、生きていく上で必要なエネルギーは足りているが、
「質的な栄養失調だ」と言われています。

身体を構成するタンパク質であったり、
人体に必要な微量な栄養素が不足していると考えられています。

食事を変化させることで、体質が変わり、
アレルギー症状が全く出なくなったという方も多数いらっしゃいます。

詳しくは、ブログもご覧ください

また、近年注目されている
「ビタミンD」についても書きましたので、
詳しくは、こちらのブログもご覧ください。

栄養を見直すことで、体質が改善した例も数多くあります。

花粉症には、こんな治療をします

上記のように、

「花粉症を治療する」=「体質を変える」

ことが本当の治療と言えます。

当院では、頚椎を含め、全身の調整を行いますが、
食事や生活習慣を見直すことが必要になります。

認識を変化させる

花粉症の方は、ご自分の身体に対して、

「なんでこんなに目がかゆいんだ」とか、
「この鼻水、いい加減にしてほしい」

というような自分の身体を責める気持ちを持っている方ばかりです。

しかし、アレルギー症状とは、
免疫細胞が過剰に働いている状態です。

言葉を変化させると、
免疫細胞は、体内に異物が入らないようにあなたを守ってくれています。

ある意味、免疫細胞が優秀なんです。

本当に危険なウイルスや細菌が入って来た場合、
確実にあなたを守ってくれるでしょう。

免疫細胞は、決してあなたを苦しめようとしているわけではありません。

むしろ、あなたを守ろうと身体は一生懸命に働いてくれています。

そんなに身体に対し、「いつも守ってくれてありがとう」
という感謝の気持ちを持つことで、身体にも変化が起きて来るかもしれません。

実際に変化した人もいます

実際に、

「花粉は敵じゃないんだよ」
「花粉も自然の一部、そんなに攻撃しなくても大丈夫」
「いつも守ってくれてありがとう」

と身体に語りかけることで、症状に変化が訪れた方もいらっしゃいます。

「えっ?そんなことで?」

とお思いの方もいらっしゃるとは思います。

いや、そう思うでしょうね(笑)

しかし、実際に変化した人もいるのですから、
騙されたと思ってやってみるというのも良いのでは…と考えます。

ただし、やるなら本気でそう思わないと効果はありません。

少しでも疑いの気持ちがあると、身体は反応しません。
だって、自分の身体ですから、ウソはつけませんよね。

上記の症状がなくなったという方は、
実際にアレルギー検査をすると、スギで反応する体質らしいですが、
今は花粉症の症状はないそうですよ。

誤った情報に…

こういう内容ばかりだと過激になり過ぎてしまいますが、
メディアを通しての情報が全て正しいわけではありません。

薬を服用することが、正しい対処法なのか、
ご自身でも考えるきっかけになれば幸いです。

当院での治療について

まずは、花粉症に対して正しい知識を持つことが大切です。

その後、自律神経を整えるような施術を行います。

治療後は、鼻の通りが良くなったりしますが、
「一時的なもの」で終わらないように、
続けて行く必要があります。

また、食生活も重要です。

「糖」は、腸の環境を荒らし、免疫細胞の働きを弱くします。
食事内容も気を付けることが大事ですね。

〈監修〉あん摩マッサージ指圧師(国家資格)よこはま山手治療院院長 中野貴博

お気軽にご相談ください。

上記の内容は、アナフィラキシーショックなど、
重篤な症状を経験されていない方へのものです。

過剰に反応しすぎてしまう等の場合は、医師に相談してください。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ