肘の痛み(テニス肘や野球肘など)

肘の痛み(テニス肘や野球肘など)の施術について

肘の痛み

当院には、肘の痛みを訴える患者さんが、多数ご来院されています。

・テニスをして、痛めてしまった。
・実は、痛みを隠しながら野球を続けている。
・重いものを持つと、肘が痛い・

など、野球をしているお子さんやテニスをしている方、
何も運動をしていない主婦の方まで、痛めてしまう年齢も様々です。

「日常では困らないんだけど、(運動を)続けたいのに…」

とお悩みの方も多くいらっしゃいます。

肘の痛みの施術について

私自身も少年野球に、肘を痛めた経験があります。

「この痛みがずっと続くんじゃないか」
「このままスポーツを続けられなくなるんじゃ…」

と不安になるお気持ちも分かります。

しかし、そんなことはありません。

痛めてしまった経緯や原因があれば、元に戻る経緯も存在するはずです。

もちろん「ぶつけた」などの外傷、骨折などの場合には
病院を受診していただかなければなりません。

肘の痛みでお困りであれば、当院の施術方針に
ついて書きましたので、お読みください。

痛くなって、湿布を貼ったり、電気を当てたりしたのに…

・整形外科で湿布をもらったんだけど、痛みが変わらない
・しばらく運動をしてはいけないと言われた…
・自分でも色々調べてみたんだけど…

運動をしなければ、日常生活には困らないんだけど、
また運動したいのに…といったお声もよくいただいきます。

何とかしたいんだけど、どうしたら良いか分からなくて、
困っているという方が多いですよね。

肘の痛みの原因

・テニス肘

肘の痛みで、よく聞かれる名前としては、「テニス肘」があります。

私はテニスなんてしていないのに、テニス肘と診断されたという人もいらっしゃいます。

正確な名称としては、
「上腕骨外側上顆炎」または「上腕骨内側上顆炎」という
患部に炎症が起こった状態のことを言います。

「上腕骨外側上顆炎」はバックハンドストロークで発生するため、
バックハンドテニス肘とも言われます。

これに対し、「上腕骨内側上顆炎」はフォアハンドストロークで発生するので
フォアハンドテニス肘といいます。

どちらの場合も、過度な刺激、つまり「やり過ぎ」が原因とされていますが、
実際には、私は打ち方にも原因があると考えています。

雑巾などをしぼる時や、重いものを持った時などに痛みが出る時があります。

バックハンドでボールを打つとき、手首の力だけで対応してしまうと、
手首の関節や、筋肉に負担がかかります。

それが繰り返された結果、筋肉の変性や炎症などが生じます。

テニス2 ・野球肘

ピッチャーが、
ボールを投げる時に症状が出ることを言います。

主に、投げ過ぎが原因と言われますが、
投げ方などによっても
痛みが出ることがあります。

「関節内遊離体」といわれる、
いわゆる関節ネズミなどによっても、
肘に痛みを生ずる場合があります。

軟骨や骨のカケラ(小骨片)が、遊離して関節内を自由に動きまわることから、
「関節ネズミ」と呼ばれます。

・日常での肘の痛み

特に運動はしていないのに、肘に痛みが出る。

重いものを持つ時や、手を使う動作で痛みが出る場合があります。

近年では、パソコンでの作業、スマートフォンなどが普及したため、
多くの人が「手首」を固定する時間が長くなったのも要因の一つかもしれません。。

肘だけではなく、手首や肩の関節などの腕の関節に異常がある場合が多いです。

「肘だけ」に問題があるわけではなく、
腕の関節や頸椎、全身のバランスなども痛みの原因となることがあります。

肘の痛みには、こんな施術をします

当院の、肘の痛みの施術方針としては、肘だけではなく、
腕全体の関節と筋肉の状態をチェックします。

主に肘の痛みは、手首の使い方に問題があります。

まずは手首の関節をチェックし、
肘の関節、そして肩の関節を調整することで、
痛みが変化する方が多くいらっしゃいます。

もちろん、頸椎や全身の関節も調整して行きます。

私自身もそうでしたが、スポーツが原因で起こっている痛みは、
病院に行くと、そのスポーツをしてはいけないと言われます。

私自身が、肘を痛めた時もそうでした。

しかし、「ボールが投げられるようになりたい」、
「テニスがしたい」という思いで、病院に行くわけなので、
禁止されることは、とてもつらいことですよね。

炎症がひどい場合や、骨折などはもちろん違いますが、
当院の方針として、できるだけ患者さんのお気持ちに応えたいと
思っております。

「禁止」ではなく、「応援できる存在」でありたい
私自身の経験からそう思っています。

湿布や電気療法、痛み止めなどの対症療法ではなく、
根本からの改善を目指しています。

当院には、運動を続けながら、
症状を改善させたいという方々が多く来院されています。

手首や肘の使い方なども、お教えしていきます。

どこに行っても良くならなかったという方も、ぜひご相談下さい。

〈監修〉あん摩マッサージ指圧師(国家資格)よこはま山手治療院院長 中野貴博

肘の痛みで来院された患者さんの声

お気軽にご連絡ください

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ