【よくいただくご質問】枕やマットレスはどういうものを使えばいいですか?まず考えるべきことは…

枕

こんにちは。
よこはま山手治療院の中野です。

本日は、「よくいただくご質問」シリーズということで、
こちらのブログをご覧くださいね)

今回は、皆さんが気になる「枕」と「マットレス」についてです。

一般的に言われていること

テレビや雑誌などを眺めていると、
「枕」や「マットレス」の宣伝って非常に多いですよね。

「あなたの不調は、枕の高さが原因です。」
「あなたの腰痛は、マットレスの問題です。」

有名人の方が、同じように悩んでいて、それが改善された!
というような広告をよく目にします。

・首の形や角度に合わせた枕を使用しないと、不調になります。
・体圧によって変化するマットレスを使うことで、身体への負担がなくなります。
・高反発マットレスが、腰痛対策と極上の寝心地を…

というような言葉が並んでいます。

枕やマットレスを変えると実際にはどんな効果があるか?

そういった広告の中で言われていることは、

・「頸椎の傾斜に合わせた枕を使えば、(首の形に合わせた枕を使うと)
負担がかかることなく、翌日の朝もスッキリ起きられる」

・「マットレスを変えると、腰痛がなくなった」

・「体圧を分散させることで、負担がなくなり、朝起きた時の不調がなくなる」

と大まかに申し上げると、こんな感じの文言が目につきます。

しかし、末尾には、必ずと言って良いほど

※個人的な感想で、効果を保証するものではありません

と書いてあります。

「枕外来」(整形外科)の意見

最近もTVに出られているのかは、存じ上げませんが、
整形外科の先生が、枕の専門外来を作り、一人一人に合わせた枕を作っている
という番組を見たことがあります。

https://makura.co.jp/

上記のサイトからご覧いただけると思いますが、
こちらの整形外科の先生が、研究をされているそうです。

簡単にこちらの先生の意見をまとめると

まず、「睡眠時には寝返りが重要」であって、
寝返りがしやすいような枕を選択しなければいけない。

人間は、寝ている間に何回も寝返りをしていて、
「寝返り」をすることで身体への負担を減らしている。、

高すぎたり、低すぎたりする枕だと、横を向いたときに、
スムーズに寝返りができない。

頸椎(首)から背中までの高さが真っすぐにならなければいけない。

そうしなければ、寝返りに障害が起こり、(スムーズに寝返りができず)
熟睡を妨げたり、肩こりや不調の原因になる。

というような意見です。

この理論(意見)について

この整形外科の先生のご意見に関して、まぁそうだろうなとも感じます。

寝返りが大事なのはそうですし、
真っすぐになることで負担は減るかもしれませんね。

実際に、枕を作ってもらって、

「不調がなくなった」
「肩こりがなくなった」
「いびきがなくなった」

などの不調の改善をおっしゃる方も多いようです。

自分で簡単に作成できる方法を紹介しているようなので、
やってみても良いかなとは思います。

(実際にこちらの整形外科に伺う場合は、
数年待ちだとメディアでは放送してました。)

私自身も、試しにちょっとやってみましたが…

普段使っていたものと比較して、かなり高さがあるように感じました。

仰向けで寝る場合は、ちょっと高いな…と感じ、
何となくやっていません(笑)

でも、起床時にそんなには不調を感じませんが。

朝の不調(腰痛や肩こり)はなぜ?

ここからは、私自身が考える、朝の不調に関しての意見です。

まず、私自身もそうですが、マットレスも普通のベッドですし、
特殊なマットレスを使ってはいませんし、枕もそんなに高額なもの?
を使用しているわけではありません。
(どこで買ったかも覚えていません(笑))

しかし、身体がどこか痛いかというと、そこまで困ることもなく、
朝が不調か?というと、普通に起きられていると思っています。

(いや、もしかしたら、枕やマットレスを変えたら、
めちゃくちゃスッキリ起きられるかもしれませんが)

子供を見ていると

子供を見ていると、枕なんてなくても寝ます。
マットレスなんてなくても、何ならフローリングの上で寝ます(笑)

しかし、それでどこか痛い(腕が痺れるくらいはあるかも)とは言いません。

まぁ大人がそれをやると、さすがにどこか痛くなるかもしれないですが、
子供は平気です。

その違いって何なんでしょうね。

身体の柔軟性?が関係しているのだと考えていますが、
子供のように柔軟な身体、関節や筋肉の柔軟性があれば、
そういう不調が起こらないのかなとも思います。

当院にいらっしゃる患者さんのお話を聞いていると

タイトルにもありますように、「よくいただくご質問」ということで、

「先生、枕やマットレスはどういうものを使ったら良いんですか?」

という質問をよく受けます。

お話を伺っていくと、だいたいそういう方は、
すでに色々とご自分で試しておられます。

「枕は4つも5つも持っているけど、合う枕がない」
「首の傾斜に合わせた枕を買ったんだけど、段々合わなくなってきた」
「マットレスを取り替えて、調子が良かったんだけど、また不調が…」

というようなお声をよく耳にします。

そういったお話を伺うたびに、
「終わらない旅を続けている」ように感じてしまいます。

本当に必要なこと(当院の考え方)

当院では、実際の患者さんには、
「物(道具)だけじゃないですよ」
というお話をさせていただきます。

もちろん、枕やマットレスを取り替えて、
不調が改善されたという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、実際には変わらないという方も数多くいらっしゃいます。

マットレス

大昔は…

庶民が、こんなにフカフカの布団で寝れれるようになったのは、
ここ数十年の話で、江戸時代などは、布団があればいい方で、
(畳すらなかったかもしれません)
ござの上で寝ていた人も多かったでしょう。

それでも、お米を作ったり、農作業はできていたわけです。

腰が痛くて、農作業ができない人ばかりだったら、
子孫である私たちは、存在しないでしょう。

ということは、いくら硬いところで寝ようが、
枕が高かろうが低かろうが、身体の不調と道具は、
100%関係しているわけではありません。

ということは、「じゃあ私の不調は何なの?」
ということになりますが、
大事なのは、「身体」です。

さきほど、子供に関して述べましたが、
子供の身体は、大人に比べてかなり柔軟です。

子供のような身体だったら、不調になることもなくなるかもしれません。

少なからず

そして、身体だけではなく、少なからストレスも関係しているでしょう。

ここで申し上げる「ストレス」は、精神的なことだけではなく、
環境や、化学物質なども含みます。

スマホ依存や、夜でも明るすぎる環境、電磁波なども、
身体の不調に関与していると考えられますし、
大昔とは環境も食べるものも違います。

道具に依存する/h4>

当院では、道具もいいですが、
「不調にならない身体作りをして行きましょうね」
というお話をさせていただきます。

物に頼ると、例えば旅行に行っても眠れないということになりませんか?
せっかくの楽しい旅行なのに、寝具がいつもと違うから…と
不調になってしまっては、全く楽しめませんよね。

道具に依存していると、実際にそれがなくなった時に、
「不安」や「心配」に襲われてしまいます。

不安や心配は、痛みを強くするという研究結果もあります。

自分を正当化する

かなり辛辣な意見で、
もちろん全員がそうだと申し上げるつもりはありませんが、
実際に、マットレスや枕を変えても、不調になることはありますよね。

でも、「そんなはずはない」「あれだけ高いお金を払ったんだから」
とその道具を否定することはしません。

その道具を否定することは、
それを買ってしまった自分を否定することになるからです。

自分を守るという意味では良いのですが、
視野が狭くなると、もったいないですよね。

道具に頼らずとも…

もちろん、枕がない状態で寝たり、硬いところで寝れば、
どこかに負担がかかり、身体に不調が出るでしょう。

高すぎる枕は、首に負担がかかるのは明確で、
まぁそもそも寝付けないような道具は使用すべきではありません。

その前提でお話を進めて参りますが、
やはり「物」よりも「身体」であると当院では考えます。

ほんの数センチの高さを気にしながら生きるより、
ちょっとくらい高かったり低かったりする枕であっても、
「何の不調も出ないような身体」
になった方が良いのではないかと考えます。

少しくらい硬いベッドでも、問題なく眠れる身体になった方が、
生活していきやすいのではないかと考えます。

大丈夫です。

私を含め、特別な枕やマットレスを使わなくても、
どこも痛くない人はいますし、
不調に悩まされていない人も大勢いらっしゃいます。

まとめ

語弊のないように、もう一度申し上げますが、
何も、高額な枕やマットレスが、
「無意味」だと申し上げているわけではありません。

もちろん、研究された優れたものだとは思います。

しかし、必ずしもそれを使わなければ、健康にはなれないのか?
というと、そうではないということです。

「物」に頼らなくても、しっかり身体を整えて行けば、
健康な状態を手に入れることも、続けていくことも可能です。

もし、何かお身体のことでお困りであれば、
当院までご相談ください。

 

〈監修〉あん摩マッサージ指圧師(国家資格)よこはま山手治療院院長 中野貴博

=======================


【中区山手・根岸の整体】 よこはま山手治療院

〒231-0846 横浜市中区大和町2-32-1

Kファースト山手1F

JR京浜東北根岸線山手駅から徒歩3分

大和町商店街の中にあります。

 

TEL 045-625-2092
「ホームページを見て…」とお電話ください。


定休日  日曜日、祝日

 

完全予約制(新規の方は1日2名様限定となります)


営業時間 
月~土曜日 : 9:30~20:00

 

フェイスブックページ→https://www.facebook.com/yyc2009

口コミ→http://www.ekiten.jp/shop_6047304/review.html

過去のブログ一覧→https://www.seitai-yamate.net/blog/

=======================

 

友だち追加

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ