【よくいただくご質問】ストレートネックと言われましたが、治りますか?

こんにちは。

よこはま山手治療院の中野です。

 

今回は、何度かこちらのブログで登場しております、

「よくいただくご質問」シリーズです。

(シリーズ化していると思っているだけです笑)

 

ストレートネック1

 

ちなみに、前回と前々回のブログは、下記からご覧ください。

美容整体、エステで痩せるのでしょうか?

筋肉がないと(筋トレしないと)腰痛になるんでしょうか?

 

では、今回のご質問、

「ストレートネック」についてです。

 

ストレートネックについては、こちらのページでも

ご紹介しておりますので、ご覧いただければと思いますが、

 よくメディアを通しても「ストレートネック」という言葉が

よく聞かれるようになりましたね。

 

「ストレートネック」そのものが、どういったものなのか、

なぜストレートネックだと良くないのか、

どういう影響があるのかな‥

 

などなど、「言葉」自体は聞いたことがあって、

何となく良くないものだと認識はしていても、

実際には、よく分かっていないという方もいらっしゃいます。

 

ストレートネックの基本的なお話

 

ここでは、簡単にストレートネックについてご説明致しますね。

 

まず、頚椎(首の骨)の形状としては、

少し反っているのが、生理的彎曲としては正しい状態だとされています。

 

「首」だとイメージにづらいところがあるので、

私は、腰椎(腰の骨)でよく患者さんに説明します。

 

腰椎も、頸椎と同じく生理的彎曲では、「前弯」といって、

反っている状態が理想だと言われます。

 

腰が曲がってしまった高齢者をイメージしていただくと

分かりやすいかもしれませんが、

腰が曲がる=腰椎が後弯している

ということになります。

 

本来反っているべき腰椎が、反対に丸くなっている。

お腹側が沈んでいる状態、つまり背中が丸くなる状態です。

 

本来なら、腰椎が反ることで、骨盤の上に、

上半身が乗っかることができているのですが、

腰椎が丸くなることで、上半身が骨盤よりも前に傾いてしまう。

 

これを頚椎にも当てはめてみると、頭が胴体よりも前に出ている状態、

つまり本来であれば、頚椎が反っていることで、

頭が胴体の上に乗っかることができているのに、

後弯、つまり丸くなることで、胴体よりも前に頭が出てしまっている

状態になるということですね。

 

腰椎の場合であれば、上半身が骨盤の上にあれば、

理論上は負担が減るので、腰痛にもなりにくいとされていますし、

頚椎の場合であれば、首の負担は減るとされています。

 

負担がかかる姿勢を続けていると‥

 

このように、ストレートネックの場合、

頚椎や肩周囲に負担をかけることになり、

肩こりや首の痛みの原因となります。

 

できてしまったコリによって、頭痛や、

腕のしびれなどの症状も出やすくなるかもしれません。

 

スマホ

 

最近は、PC作業やスマホなどで、

頚椎が丸い状態で固定される時間も長くなりがちです。

 

身体の特性として、長時間同じ姿勢を続けていると、

筋肉や関節などが固まりやすくなりますので、

長時間の作業などが、頚椎を固めてしまう要因となっています。

 

ストレートネックだと何がいけないのか

 

まぁ、ほとんど上記で説明しちゃったのですが(笑)

長時間の作業などで、固まってしまった頚椎が、

筋肉に負担をかけ、そうでない人に比べて痛みが出やすくなる

ということになります。

 

実際に、現在では、スマホの普及などによって、

大人だけではなく、子供にまでストレートネックが増えている

という報告もあります。

 

子供は、筋肉や関節、身体も柔軟ですから、

そうはなりにくいはずなのですが、

やはり身体を動かす機会が減っていることも要因の一つかもしれないですね。

 

 しかし、今後ますますPCやスマホなどの電子機器は、

発展して行くことは間違いないことですし、

「PCを使わないで仕事なんてできないよ」

とおっしゃる方ばかりですよね。

 

なので、そうならないように、

ご自分でも対処して行くことが必要になって来るでしょう。

 

ストレートネックは、頚椎だけの問題ではない?

 

こちらも、症状別ページのおさらいとなりますが、

何もストレートネックは、頚椎だけの問題ではありません。

 

整形外科などでは、画像を撮るにも、その部分しか撮りませんね。

 

首が痛いといえば、首のレントゲン、

腰が痛いといえば、腰しか画像を撮りません。

 

なので、頚椎の形状だけを見て判断しているにすぎません。

全体を通して、画像を見ているわけではないんですね。

 

上記しましたように、腰椎が丸くなっている方であれば、

必然的に、頭は前に倒れやすくなります。

 

骨盤も後弯、つまり腰椎が港湾すると、

頚椎も丸くなりやすくなるということになります。

 

この場合、腰椎を剃るようにしてあげると、案外、頚椎の方は、

ちゃんと反っているという方も多くいらっしゃいます。

 

単に姿勢によって、そう見えていただけであって、

実際には、ストレートネックではなかったというケースもあります。

 

ですので、心配するほどの問題ではない方もいらっしゃいます。

 

メディアなどでは、過剰に不安を煽ったり、

「自分もそうなんじゃないか」と心配になるような言い回しをします。

 

あまり私は、そうしたものは見ないようにしていますが、

たまたま見てしまったら、私も不安になってしまうかもしれません(笑)

 

「不安」や「心配」は、痛みを悪化させる働きがある

とも言われていますので、あまり情報に左右されすぎるのも

あまりオススメはできません。

 

骨の模型

 

 

背中は丸い方が良い

 

ストレートネックは、腰椎の形状に影響されると上記しましたが、

背中(胸椎)は、後弯、つまり丸い方が理想的とされています。

 

「猫背」という言葉がありますが、

日本人には、「平背」と呼ばれる姿勢が多いとされています。

 

軍隊教育の流れで、背中を無理に起こそうとする、

まっすぐな背中ということですね。

 

この姿勢だと、本来丸くなるべき背中が、

無理やり起こされているわけですから、

余計に身体に負担がかかります。

 

無理に力を使っているわけですから、それは、「緊張」です。

筋肉の緊張が続けば、コリへとつながります。

 

無理に背中を起こすことが、正しい姿勢だと教えられた人も

多くいらっしゃると思いますが、そうすることで、

余計に痛みを作り出している可能性だってあります。

 

繰り返しになりますが、高齢者の方々の背中が丸くなっているように

感じるかもしれませんが、丸くなっているのは、腰椎です。

 

背中は、丸い方が良いんですよ。

 

クラシックバレーをされている方って、

「肩こり」や「背中の痛み」を訴える方が多いんですね。

 

もし、本当に、ピンと伸ばした背中が正しい姿勢なら、

それを求められているバレリーナは、肩こりなんてないはずです。

 

背中を起こす姿勢、つまり平背は、楽な姿勢ではなく、

頑張って作っている姿勢ということですね。

 

ストレートネックは、改善するの?

 

では、冒頭の「ストレートネックは治るの?」というお話です。

 

上記しましたが、結果的に、

ストレートネックだと思い込んでいるだけで、

そうではない方が多いのが現状ですので、

まずは、本当にそうなのかを確認した方が良いでしょう。

 

その上で、本当にそうであっても、施術をして行くことで、

良くなられた方もいらっしゃいますので、ご安心ください。

 

ストレートネックなどは、元からそうだったわけではなく、

日常生活の身体の使い方によって、身体がそうなってしまった結果です。

 

痛みや症状は、結果にしか過ぎません。

 

まずは、なぜそうなってしまったかに目を向け、

ご自身の生活を見直すことも必要になって来ます。

 

どんなに良い治療を受けても、同じことを繰り返せば、

再び同じ結果になってしまいます。

 

長時間同じ姿勢が続かないようにするなどの、

ご自身でのケアも必要です。

 

もし、あなたがストレートネックでお困りであれば、

お気軽にご相談いただければと思います。

 

では、今回はこの辺で。

 

〈監修〉あん摩マッサージ指圧師(国家資格)よこはま山手治療院院長 中野貴博

=======================


【中区山手・根岸の整体】 よこはま山手治療院

〒231-0846 横浜市中区大和町2-32-1

Kファースト山手1F

JR京浜東北根岸線山手駅から徒歩3分

大和町商店街の中にあります。

 

TEL 045-625-2092
「ホームページを見て…」とお電話ください。


定休日  日曜日、祝日

 

完全予約制(新規の方は1日2名様限定となります)


営業時間 
月~土曜日 : 9:30~20:00

 

フェイスブックページ→https://www.facebook.com/yyc2009

口コミ→http://www.ekiten.jp/shop_6047304/review.html

過去のブログ一覧→https://www.seitai-yamate.net/blog/

=======================

 

友だち追加

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ