股関節の痛み(動きの悪さ)でお悩みの方からの感想をご紹介します。「変形性股関節痛の手術」に対する当院の考えについて。横浜/中区/整体

こんにちは。

よこはま山手治療院、院長の中野です。

 

本日は、口コミサイト「エキテン」にいただいた

当院への実際の感想をご紹介致します。

 

今回は、「股関節の違和感」を感じていた方からの感想です。

 

股関節痛

 

「行って良かったです。」

 

友人の紹介で行ってみました。

数ヶ月前から股関節の動きが悪いというか、

歩くと硬い感じがして、歩けなくなったら嫌だなと思うようになって、

友達に相談したらこちらを紹介してもらいました。

 

 

丁寧な対応というか、原因も色々考えてくれたり、

体のくせなども教えてもらって良かったです。

何回か通って今は変な感じもなく、歩くのも大丈夫になりました。

 

カフェみたいなカウンターがあって、

ハーブティーもあって、何か癒されるところです。

またよろしくお願いします。

 

当院からの返信

 

股関節 返信

 

ゲストさん ありがとうございます。

 

>歩けなくなったら…

とお考えになる方は、ゲストさんに限らず非常に多いのですが、

不安や心配な気持ちでいることは、

症状を強くするということが言われています。

身体だけではなく、

「気持ち」の部分も変化して行くこと、 それが大事ですよね。

 

ゲストさんのお役に立てたなら嬉しいです。

ありがとうございました。

 

—–引用ここまで—–

 

今回の患者さんは、「股関節の違和感」ということで、

施術させていただきました。

 

可動域(動かせる範囲)は、多少の制限がありましたが、

施術をしていくと、段々と可動域も広がって来ました。

 

しかし、これも一時的なものになってしまっては意味がないので、

少なくともこの状態を維持していかなければ行けません。

 

そういう症状が出てしまったということは、

何かしらの原因があるわけで、

再び同じ状態に戻ってしまわないように、

「なぜそうなってしまったか」の方に目を向けなければ行けません。

 

変形性股関節症の手術について

 

当院にも「変形性股関節症」で、股関節の屈曲や外転、

動きに制限がある方がいらしています。

 

もちろん、全ての症状が良くなるというわけではありません。

症状の緩和、痛みの軽減を目的に通院されている方もいらっしゃいます。

 

施術前と比較して施術後の方が、動きが良くなったりもしますが、

左右を比較すると、かなり差が出てしまったりもします。

 

「変形性股関節症」に関して、

整形外科で治らなかった変形性股関節症が、

「整体を受けて治った」という文言が、

インターネットや雑誌、メディアを通して目にすることもあります。

 

もちろん、その方々を直接診させていただいたわけではないので、

間違っているかもしれない可能性はありますが、

おそらくそれは、「変形性股関節症」が治ったのではなく、

足の付け根や、股関節周囲に感じる痛みが、

軽減したということなのではないかと考えます。

 

「治った」わけではなく、痛みや症状が緩和されたということで、

「変形」が治ったわけではありません。

 

「手術」の適用ではなく、いわゆる軽度の状態で来院された場合の

股関節周囲、鼠蹊部の痛みが軽減、改善したということであって、

どんな状態の変形でも施術において完治するわけではありません。

 

整形外科では治らない、見放された、(手術以外の方法で)

変形性股関節症が、整体で治ったなど、

このような文言を目にすることもありますが、

 

いわゆる「整形外科での手術対象」以外の痛み、

例えば日常生活の動作で、少し違和感がある、

歩きすぎたり、走り過ぎたりすると痛みが出る

(私も走り過ぎた時に、鼠蹊部に痛みが出ました。)

 

上記のようなケースであれば、

当院でも痛みのなくなるという方は、大勢いらっしゃいます。

 

しかしながら、

・股関節の屈曲がほとんどできない(膝をお腹側にくっ付ける動作)

・外転、外旋に制限がある(横に開く、ひねる動き)

・その他(足の爪を切る動作ができないなど)

 

また、痛みが出てから、長期間経過している場合など、

こうした場合は、股関節の変形がかなり進んでいると考えた方が

良いかもしれません。

 

メディアを通して目にする場合は、

「本物の変形性股関節症」ではなく、

軽度の変形性股関節症の場合や、筋肉や靭帯、腱の問題で痛みが

生じている場合が多いように思います。

 

ただ、画像(レントゲンなど)を撮ると、

多少の変形が見られることもあって、

整形外科としても「病名」として、

「変形性股関節症の診断」がつく場合もあります。

 

病院は、「診断」する場所で、「診断」が必要な場所です。

 

しかしながら、手術以外にこれといった治療がなく、

痛み止めの薬や湿布様子を見ましょうと言われ、

悪くなって来たら手術しましょうと言われるケースも多いと言います。

 

運動指導やストレッチなどの指導もされることもあるらしいですが、

簡単な指示のみで、悪化することをただ待つばかりになることもあります。

 

現在では、情報が溢れており、自分で調べることもできます。

 

「自分のこの鼠径部の痛みは何なんだろう?」

と検索すれば、色々な情報が目に入って来ますよね。

 

「変形しているかもしれない」

 

と思えば、不安や心配になりますよね。

 

将来的には、手術しなければ治らない

と書かれていると、恐怖心もあるでしょう。

 

しかし、整形外科で、すぐに手術をしなければいけない

と言われたわけではなく、「経過観察」も診断が出た場合など、

そうしたケースでは、整体の施術で良くなる場合もあります。

 

実際、私もフルマラソンにチャレンジした時に出た鼠径部の痛みは、

今では全くなくなり、普通にジョギングもできています。

 

痛みが出て、まだ日が浅い場合など、

是非ご相談いただければと思います。

 

股関節は、人体の中では、非常に可動域の広い関節です。

 

その分、その可動域が狭まると、日常生活に大きな影響が出ます。

 

あまり痛みを放置せず、我慢せず、早めにご来院いただければ、

何とかなることだってあります。

 

決してあきらめずに。

ということだけ付け加えて、今回のブログを終わります。

 

ありがとうございました。

 

〈監修〉あん摩マッサージ指圧師(国家資格)よこはま山手治療院院長 中野貴博

=======================


【中区山手・根岸の整体】 よこはま山手治療院

〒231-0846 横浜市中区大和町2-32-1

Kファースト山手1F

JR京浜東北根岸線山手駅から徒歩3分

大和町商店街の中にあります。

 

TEL 045-625-2092
「ホームページを見て…」とお電話ください。


定休日  日曜日、祝日

 

完全予約制(新規の方は1日2名様限定となります)


営業時間 
月~土曜日 : 9:30~20:00

 

フェイスブックページ→https://www.facebook.com/yyc2009

口コミ→http://www.ekiten.jp/shop_6047304/review.html

過去のブログ一覧→https://www.seitai-yamate.net/blog/

=======================

 

友だち追加

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ