【うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった】栄養が身体に与える影響について

こんにちは。

よこはま山手治療院院長の中野です。

 

藤川徳美先生

 

本日は、藤川徳美先生著【うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった】についてです。

 

以前から、「栄養」に関しては、こちらのブログ内にも書いて参りましたが、

こちらの本は、うつ症状などの精神症状に悩まされている方だけではなく、

今は健康だと思っている方にも読んでいただきたい一冊です。

 

内容としては、「鉄」が与える人体への影響、どういう働きをしているか、

不足するとどういう症状が出るのか、実際に「鉄」を摂り始めて、

みるみる元気になった方々の症例などが載っています。

 

「鉄」だけではなく、糖質過多の弊害、たんぱく質・脂質の不足など、

普段の食事についても、とても分かりやすく書かれているので、

医学的な知識がなくても理解しやすい内容で、非常に読みやすいと思います。

 

私自身も、拝読しまして、

「鉄」がここまで身体に影響していたことは、初めて知りました。

 

日本人の女性はほとんどが潜在的な鉄不足に陥っているというお話や、

日本の医学界の現状についても言及されており、大変参考になりました。

 

著作者の藤川徳美先生は、広島で精神科医をされていますが、

抗うつ剤・抗精神薬を「鉄剤」によって辞めさせることができることは、

すごいことだなと感じます。

 

藤川先生のところに来院される患者さんは、

「フェリチン」という貯蔵鉄が不足している方がほとんどで、

それを補う鉄剤であったり、食事の指導を行うことで、

薬物に依存せず、回復に向かわせることができている。

 

すばらしいですよね。

 

藤川先生は、「寛解」と「完治」の違いにも言及され、

寛解は、症状が出ないものの、完全に治癒したわけではなく、

薬物などで押さえ込んでいる状態です。

 

「完治」とは、もう全くその症状に悩まされない、

薬物も一切必要としないということです。

 

 まさに、「完治」させることができており、

栄養学がいかに現在の医療において重要かを説いておられます。

 

貧血 女子

 

藤川先生は、現在の精神医療についても、

身体の栄養状態には全く目を向けず、集団療法や精神分析などの治療に偏ってばかりで、

的外れな治療になっていることが多いと書かれています。

 

詳しくは、読んでいただきたいのですが、

栄養が足りずに、正常に身体の機能が行えない状態なのに、

いくらカウンセリングをしようが、良くはなりません。

 

もちろん、職場や学校のストレスなども関係はありますが、

2000人のうち、1000人は、栄養指導で「完治」まで持って行けているとのことでした。

 

当院でも、うつ症状の方や、

あらゆる精神的なお悩みを抱えた患者さんが、ご来院されます。

 

この本を読んで、さらに栄養学の重要性が理解できましたし、

患者さんにももっと分かりやすく説明できると思います。

 

こちらをお読みのあなたが、

もし「うつ症状」・「パニック障害」などでお困りであれば、

こちらの書籍を読まれることをおススメ致しますし、

「フェリチン値」の測定など、「栄養」の方に目を向けて行くことも

必要かもしれません。

 

もし、何かのきっかけになれば、幸いです。

 

〈監修〉あん摩マッサージ指圧師(国家資格)よこはま山手治療院院長 中野貴博

=======================
【中区山手・根岸の整体】 よこはま山手治療院

〒231-0846 横浜市中区大和町2-32-1

Kファースト山手1F

JR京浜東北根岸線山手駅から徒歩3分

大和町商店街の中にあります。

 

TEL 045-625-2092
「ホームページを見て…」とお電話ください。


定休日  日曜日、祝日

 
完全予約制(新規の方は1日2名様限定となります)

営業時間 
月~土曜日 : 9:30~20:00

 

フェイスブックページ→https://www.facebook.com/yyc2009

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_6047304/

過去のブログ一覧→https://www.seitai-yamate.net/blog/

=======================

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ