夏場の体調管理。たまには汗を流した方が理由とは…

こんにちは。

よこはま山手治療院、院長の中野です。

 

夏バテ

 

本日は、夏に欠かせなくなった「エアコン」のお話です。

 

「クーラー病」や「冷房病」という言葉は聞いたことがあるかもしれませんね。

 

しかしながら、

「聞いたことはあっても、実際はどういう『病』なのか分からない」

という方も、たくさんいらっしゃいます。

 

簡単に説明しますと、体温調節の機能、つまり自律神経の乱れが起きることで、

身体がだるくなったり、汗が出なくなったり、様々な不調が起こることです。

 

冷房などない大昔、人間は寒さをしのぐために、「火」を焚いていました。

大昔から、火で温まることはして来ましたが、「暑さ」をしのぐには、

冷たい水に入るくらいしかできなかっただろうと思います。

 

当然、氷などもなく、冷房で「寒い」なんて感じることもなかったはずです。

 

色々な方にお話を伺うと、

 

・会社にいると毎日寒い(夏なのに)

・ひざ掛けが手放せない

・いつも冷えを感じてしまう

 

ということが、あるようです。

 

中には、(会社が寒くて)「オフィスを出るとホッとする」

という方までいらっしゃいます。

 

そもそも、「夏に寒い」と感じることは、かなり異常なことです。

 

体温調節の機能が、乱れるのも当然なことですよね。

 

昨今、「熱中症」についても色々と言われています。

 

日本では、毎年ニュースになりますが、

例えば、暑い地域砂漠に暮らしている人々って、

そんな簡単に熱中症になるものなんでしょうかね?

 

もし毎日熱中症になってたら、生活できなさそうですよね(笑)

 

熱中症とは、体内の熱を身体の外に放出できずにこもってしまう、

水分やミネラルが不足することが原因と言われていますが、

暑いはずなのに「汗」をかいていない、汗をかけない状態にあると、

危険な状態であるとのことです。

 

「汗をかけない」

ということは、体温調節が機能していないということです。

 

それは、上記致しました、「暑い寒いを繰り返している」

そういったことで、自律神経が乱れているということですよね。

 

エアコンを使うことも、非常に大事ですし、否定はできません。

 

しかし、日頃から汗をかくことをしていなかったり、

自律神経を乱すような生活をしていると、

熱中症にかかりやすくなるということです。

 

加えて、「何となく暑いから」と冷たいものを摂っていると、

身体は冷えます。

 

そうすると、ますます体温が下がり、自律神経を乱す要因になります。

 

私は小さい頃から、少年野球をしていましたが、

当時はまだ、「水を飲んじゃいけない」という謎の理論が存在しているころでした。

 

でも、熱中症で倒れる子って、実際には見たことはありませんでした。

 

地球温暖化の影響?で、気温が上がっているという事も言われますが、

実際の気象庁が公開しているデータだと、実は、さほど変化はないそうです。

(こちら)

 

エアコン

 

結局は、エアコンに慣れ過ぎていて、暑さに弱くなったということです。

 

小さい頃から、エアコンに慣れ親しんでいると、

「汗」をかく機能が弱くなります。

 

夏場に体調が悪くなるという人は、

悪くなる理由があるからなんですよね。

 

暑い時には、あったかいお茶を飲むといったことは、

昔から「知恵」として言われて来ました。

 

汗をかくということも、非常に大事なことです。

 

ということで、汗をかくべき理由として、

「体温調節の機能を正常にさせる」、

女性に多い冷えも、本来は夏には感じえないハズですよね。

 

一日中暑さと対峙していたら、冷えを感じる時間はありません。

寒いと感じる空間にいるから、冷えという現象が起きます。

 

そのあたりのことも、考慮して、夏場の体調管理に気を付けてみてくださいね。

 

 

〈監修〉あん摩マッサージ指圧師(国家資格)よこはま山手治療院院長 中野貴博

=======================
【中区山手・根岸の整体】 よこはま山手治療院

〒231-0846 横浜市中区大和町2-32-1

Kファースト山手1F

JR京浜東北根岸線山手駅から徒歩3分

大和町商店街の中にあります。

 

TEL 045-625-2092
「ホームページを見て…」とお電話ください。


定休日  日曜日、祝日

 
完全予約制(新規の方は1日2名様限定となります)

営業時間 
月~土曜日 : 9:30~20:00

 

フェイスブックページ→https://www.facebook.com/yyc2009

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_6047304/

過去のブログ一覧→https://www.seitai-yamate.net/blog/

=======================

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ