シップは貼って良いんですか?冷たいのと温かいのどちらが良いですか?

腰痛のあるシニア女性

 

こんにちは。

よこはま山手治療院の中野です。

 

突然ですが、

患者さんから、「湿布って貼った方が良いんですか?」

といったご質問をいただくことがあります。

 

・スーッとして何だか痛みが治まったような気がする。

・毎日貼っているから、何となく習慣で…

・テレビのCMでもよく見かけるし、効果があるのかと思って。。。

 

そういったお声をよくいただきます。

 

医師や、治療院や接骨院、皆様々な考えはあると思いますが、

私は、

「湿布は貼らない方が良いですよ」とお伝えします。

 

湿布は、消炎鎮痛剤です。

炎症がある場合には、100歩譲って良いとしても、

慢性的な痛みに対しては効果がないどころか、余計に長引く結果になりかねません。

 

「炎症」とは血液が集まってくる状態です。

 

「消炎鎮痛剤」は炎症を抑えるもの、つまり、

 

血液を集まらないようにするものです。

 

肩こりや長期に渡って痛みがあるような慢性腰痛などは、

血液の流れが悪くなっている状態であって、血流を良くしてあげなければなりません。

 

運動したり、お風呂に入ったり、血流を良くしてあげることで、

痛みが軽くなることがありますよね。

 

しかし、

湿布は血流を悪くして痛みを感じなくさせるものです。

 

痛みは脳で感じます。

痛みのある箇所から出る脳への信号を遮断して痛みを止めるものです。

 

ですから、

慢性的な痛みでお悩みの場合には、さらに痛みを長引かせる要因になります。

 

「湿布をすると何だか楽になった気がして…」

 

はい、お気持ちは分かります。

一時的にでも不快な症状から逃れられるのであれば、

すがりたいお気持ちも分からなくもありません。

 

しかし、

長い目でみればというか、本質的には悪化の一途をたどっているに過ぎません。

 

よく、

「温かい湿布なら良いんですか?」

といったご質問も受けますが、

スーッとするメンソールの成分か、唐辛子の成分かの違いだけで、中身は一緒です。

 

テニスをする人

 

血流を良くしたいのですから、温めてあげることが慢性的な痛みには有効ですよね。

そうなると、カイロを患部に貼った方が、よっぽど効果はあると思います。

 

痛みを取りたい一心で良かれと思ってやっていたことが、

実は身体にとってマイナスだったということですね。

 

こういったお話は、

良かれと思って服用している薬もそうだったりするのですが、

またの機会に…

 

〈監修〉あん摩マッサージ指圧師(国家資格)よこはま山手治療院院長 中野貴博

 =======================
【横浜市中区の整体マッサージ】 よこはま山手治療院

〒231-0846 横浜市中区大和町2-32-1

Kファースト山手1F

JR京浜東北根岸線山手駅から徒歩3分

大和町商店街の中にあります。

 

TEL 045-625-2092
「ホームページを見て…」とお電話ください。


定休日  日曜日、祝日

 

完全予約制(新規の方は1日2名様限定となります)


営業時間 
月~土曜日 : 9:30~20:00

 

フェイスブックページ→https://www.facebook.com/yyc2009

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_6047304/

過去のブログ一覧→https://www.seitai-yamate.net/blog/

=======================

 

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ