急性腰痛(ぎっくり腰)

ぎっくり腰

急性腰痛(ぎっくり腰)の治療について

重いものを持ち上げた時や、身体を捻った拍子に、
『腰』への急激な痛み!

掃除機や顔を洗おうとしたら痛めた
という方もいらっしゃいます。

痛いですよね。
もう何人も抱えられないと歩けないという方を診てきました。

修業時代も多くのぎっくり腰の患者さんを治療してきました。

修業先は予約制ではなかったため、自分では歩けない、
「さっき痛めた」という方なども来院され、
こちらがアタフタしながら施術したこともありました。

・痛くて寝返りもできない

・トイレにも行けなくて困っている

・痛みで真っ直ぐ立てない

・靴下も履けない

本当につらいですよね。

ぎっくり腰でお困りであれば、当院の治療方針と注意点について書きましたので、
お読みいただければと思います。

色々試してみたけど

・冷やした方が良いのか温めた方が良いのか、湿布も貼ったけど…

・安静にしてたけど、いつになったら仕事に行けるのか不安。

・とりあえず動けるんだけど、真っ直ぐ立てない。

・痛み止めを飲んでるけど、改善しているのかどうか分からない。

このような方が本当にたくさんおられます。

ぎっくり腰(急性腰痛)の原因

考えられる要因として、
日頃から「腰へのダメージ」が蓄積しているということが挙げられます。

コップの水が溢れるように、溜め込んでいたダメージの容量を
超えてしまったため、急激な痛みで身体に知らせる必要があった
ということです。

ほとんどの方は、ぎっくり腰になる前から腰の痛みを
感じていたり、「違和感を感じていたけど放っておいた」
ということをおっしゃいます。

「腰痛など感じたことはなかった」 ぎっくり腰の施術

とおっしゃる方もいますが、何も感じていなくても、
腰が「痛み」という悲鳴をあげたわけですから、
何かしらの原因があったのでしょう。

また、「ストレス」が原因となっている場合も考えられます。

これはぎっくり腰に限らず、
慢性的な腰痛やその他の症状にも当てはまりますが、

一般的には

・ストレスで胃潰瘍になる
・円形脱毛症になる
・血尿が出る

これらは「ストレスが原因」として代表的な症状ですが、
どこに出るかは人によって違います。

ということは、
同じようにぎっくり腰になる可能性も考えられるということです。

「ストレス」と言っても、人によって感じ方は様々ですし、
「溜め込まないようにしましょう」と言うのは簡単ですが、
実際には難しいことも多いかと思います。

当院でお役に立てることがあれば、ぜひお力になりたいと
思っています。

お気軽にご相談ください。

注意点

ぎっくり腰の場合 、ほとんどが患部に炎症を起こしています。

まずは無理をせずに安静にすることが一番です。

炎症がひどい場合、痛めてしまった当日は無理に身体を
動かすとかえって痛みが強くなってしまう場合があります。

一日置いて来院された方が良い場合もあります。

また、痛みの山を登っている(炎症のピークに向かっている)
場合には、治療をしても痛みが強くなってしまう時があります。

治療をすることで、炎症の「山」を低くすることも
できる場合が多々ありますが、まれに炎症がひどいと
施術後に、「より痛みが増す」場合があります。

その場合でも、炎症さえおさまれば回復は早くなるので、
心配する必要はありません。

当院の治療

急性期には無理な施術は行いませんので、ご安心ください。

炎症がひどい場合や患部に触れない状態でも、施術は可能です。

数回、施術させていただければ良くなる方が多いです。

お仕事にもなるべく早く復帰できるよう一緒に頑張りましょう。

また、普段からのダメージが蓄積しないように、
「予防」もしっかりやって、同じことを繰り返さないようにしましょう。

 

お気軽にご連絡ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ