めまい

めまい 画像

当院では、
開院以来様々な症状でお悩みの方の施術をして来ました。

「めまい」でお悩みの方も例外ではありません。

改善の仕方は個人差が大きく、
めまいを感じることがなくなったという方もいらっしゃれば、
「日常生活に困らなくはなった」という方もいらっしゃいます。

しかし、
残念ながら、「改善」には至らなかったという方もいらっしゃいます。

 

めまいの治療について

「めまいなんですが、治りますか?」

といったご質問をよくいただきます。

一言に『めまい』と言っても、様々な原因が考えられます。

病院に行っても、
「原因不明」と言われてしまうケースも多いようです。

 

めまいの種類は大きく分けると3つ

めまいは大きく分けると3つに分かれます。

・グルグルと回転する「回転性のめまい」
・フワフワとする「動揺性のめまい」
・目の前が暗くなるいわゆる「立ちくらみ」の症状

めまいの感じ方によって、
原因となっている箇所がそれぞれ違ってきます。

 

回転性のめまい

めまい画像2

回転性のめまいの原因場所は、
主に耳の中ある三半規管にあると言われています。

「三半規官」というのは、
リンパ液で満たされており、
体が動くことでリンパ液も一緒に動き、
体が傾いたり、寝たりといった
「どの方向に身体が傾いているのか」
を神経が察知します。

メニエール病や神経の炎症などでも起こります。

リンパ液が何らかの原因で増えてしまったり、
炎症が起きるとめまいとして現れるということになります。。

回転性のめまいは気分が悪くなることで、吐き気や嘔吐をともなう場合があります。

「自分自身や周辺がグルグル回っている感じ」で、
まっすぐ立っていることや歩くことができないなど、ふらつきが起こる場合もあります。

 

動揺性のめまい

動揺性のめまいは、主に脳に問題があると言われています。

脳幹や小脳と呼ばれる部位でも起こると言われています。

「脳幹」や「小脳」に何らかの原因で腫瘍や梗塞が
できてしまった場合、めまいとして現れることがあります。

女性 耳 他にも、

・「自律神経失調症」で平衡感覚が乱れたり、
・「薬の副作用」
・「ストレス」

などによっても、
フワフワとした感覚のめまいが起こると言われています。

こうした感覚のある場合は、
適切な医療機関を受診していただかなければなりません。

 

いわゆる「立ちくらみ」の症状

主に脳の虚血状態が原因とされています。

・体位の変動(座っていて急に立ち上がった時など)
・骨折などのケガ
・内臓からの出血
・脳出血や脳梗塞、
・「血圧」の問題
・ストレスや疲労

などが原因とされています。

自律神経の乱れでも起こるとされていますが、
脳や内臓の出血など適切な医療機関を受診しなければならない症状の場合もあります。

 

原因不明と言われてしまった…

当院にめまいで来院された方は、

・耳鼻科に行ったけど、異常がないと薬をもらって帰された

・「慣れるしかありませんね」と言われた

・いつめまいが起こるか分からないので、外出するのが怖い

といったことをおっしゃいます。

実際に、
病院でも原因が分からない場合が多く、
まだまだめまいについては科学的にも解明されていないとされています。

 

当院の治療方針について

まず、めまいの原因を考えなければなりません。
適切な医療機関を受診していただく場合もありますが、

・耳石やリンパ液、三半規管などの耳に異常がある場合
・自律神経失調症
・ストレスなど

首や肩のこり、頸椎のゆがみもめまいの要因になります。

そして、
背骨や骨盤のゆがみ(身体全体のゆがみ)があると、
バランスが取りにくく、平行感覚の乱れになりやすくなります。

その状態を長い間放置しておくと、
脳が間違った情報を記憶してしまうため、
めまいを引き起こしてしまうという可能性もあります。

 

目線がズレる?

蜃気楼

骨盤や身体全体のバランスの状態が悪いと、
そのゆがみで目線の位置が片寄って来ます。

目がからだの傾きを調整しようとするので
眼振が起こります。

そういった時にめまいが生じやすかったりもします。

身体の歪みを整えることで、目線の位置を安定させ、
耳への血流やリンパの流れを良くすることで、
改善の方向へと導きます。

 

脳脊髄液とめまい

脳脊髄液とは、
脳を包む膜(硬膜)と脳の間にある液体のことを指します。

脳脊髄液はゆっくりと循環しています。

脳脊髄液の循環を促しているのが「頭蓋骨」と言われており、
頭蓋骨の一つ一つが連動して動くことで、、
脳脊髄液を循環させていると言われています。

(頭蓋骨は一つの骨ではなく、いくつもの骨に分かれています)

血液は心臓がポンプ役になっておりますが、
脳脊髄液は頭蓋骨がポンプ役になっているということです。

頭蓋骨のゆがみや頸椎のゆがみ、頭部への血流不足は、
脳脊髄液の循環を悪くしてしまいます。

CTスキャン画像 耳は脳に近いため、
脳脊髄液の影響を受けやすい箇所です。

脳脊髄液の循環が悪いことで、
めまいが起きたり、「耳鳴り」も
併用して起こりやすかったりもします。

 

身体全体を通して

頭蓋骨や頚椎のゆがみ、肩こりなどから症状が出る場合も
ありますが、目線のズレなど身体全体を通して、
調整して行くことが必要になります。

いわゆる猫背の姿勢になっていると、
呼吸が浅くなり、自律神経の乱れにつながったり、
脳脊髄液の減少につながったりします。

また、
カフェインの過剰な摂取など、食べ物なども関係している場合もあります。

 

ストレスと自律神経失調症

「めまい」において、
ストレスや自律神経失調症の関係は深いものがあります。

自律神経失調症については、
こちらのページもご覧いただきたいのですが、

「原因が分からない…」
といったいわゆるドクターショッピングを繰り返していると、
さらにストレスが増えてしまいます。

 

めまいの体操

スケート

最近テレビや雑誌を通して、
「めまいの体操」を目にすることも多くなってきました。

平衡感覚を司る、「耳石」を正常な位置に戻すことを
目的としたり、平衡感覚を取り戻すことを目的としています。

フィギュアスケートの選手が、
スピンなどの回転演技を行ってもふらついたり転んだりしないのは、
日頃の練習によって、回転した後の目の動きを出にくくするような
システムを獲得しているためで、めまいのリハビリも同じ理屈になる。

という理論は、私自身も納得です。

平衡訓練を繰り返すことで、めまい症状が改善されていく
といった事例も多くあります。

 

〈監修〉あん摩マッサージ指圧師(国家資格)よこはま山手治療院院長 中野貴博

お気軽にご相談ください

「体操」や「リハビリ」と聞くと、すごく大変なイメージを持たれるかもしれませんが、
座って行ったり、寝て行ったり、比較的簡単な体操です。

今は、
インターネットを介して様々な体操方法も多く見ることもできます。

当院でもアドバイスさせていただいております。

その他、
めまいでお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ