【運動による膝や股関節の痛み】実際の症例と当院での運動指導について

こんにちは。

よこはま山手治療院の中野です。

 

本日は、口コミサイト「エキテン」にいただいた

当院への感想をご紹介し、その感想をもとに、

実際の当院の「運動」に対する考え方をご紹介してまいります。

 

運動による痛み

 

膝と足の痛みで先日からお世話に…

 

膝と足の痛みで先日からお世話になっています。

普段からランニングをしているのですが、

15分を超えたあたりから股関節付近に違和感を感じるようになり、

このまま走れなくなるのも不安だったので、

最初は整形外科に行ってみたものの、

「異常はない」と言われ、結局何もしてもらえず。。。

 

不安を抱えて走るのも嫌だったので、

口コミでもよさそうなこちらに行ってみました。

 

院長先生に見ていただきましたが、

一度目でだいぶ痛みが減りました。

 

走り方や足の使い方、足首のことも教えていただき良かったです。

長く運動を続けるために、

体を整えることも必要だなと痛感しているところです。

 

秋にはまた大会に挑戦してみたいと考えています。

今後もよろしくお願いします。

 

運動によるの返信

 

ゲストさん

当院へのご感想、ありがとうございます。

 

まずは、足の違和感がなくなって来たようで、良かったですね。

そうですね。

今ある症状を何とかすることが先決ですが、

そうなってしまう理由がどこかにあるはずですので、

そちらに目を向けない限りは、

また同じことの繰り返しとなってしまいます。

 

それでは、また不安な状態に戻ってしまいます。

大会に参加することも、

普段の生活でも不安にならず、

いつまでも運動を楽しんでいただけるように、

当院ではお手伝いさせていただければと考えております。

 

また、やっていきましょう。

ありがとうございました。

 

—–引用ここまで—–

 

痛みがある時の運動について

 

もちろん、「痛み」は身体からの信号であり、

痛みのある中での運動は、身体のバランスを崩す可能性もあるので、

「無理」をしての運動は、当然ながらオススメはしません。

 

骨折していれば、動かそうと思っても、動かすのは困難です。

 

しかし、慢性的な場合はもちろんですが、急性の場合でも

今では、「動かせる範囲で動かしましょう」

という認識に変化して来ています。

 

例えギックリ腰であっても、安静が必ずしも正解とは言えず、

「動かせる範囲で動かす」

そうした方が、「予後」は良いのではないか

ということが言われているということですね。

 

上記の感想を書いてくださった方は、

「走ることはできる」けど、

「長く走ると痛みが出る」ということでした。

 

走る動作によって「患部に負担がかかる」ということですね。

 

痛みがあって全く歩けない、走れない

という場合と違いますので、

この場合は、走る動作や身体全体のバランスの悪さ、

ある程度の負荷がかかった段階で痛みが出る場合ですね。

 

なぜ痛みが出てしまうのかに目を向ける

 

上記致しましたが、今回は、

「痛くて動けない」という場合と違って、

動き始めてしばらくして痛みが出る

というケースです。

 

「間欠性跛行」もそのような感じです。

間欠性跛行とは、しばらく歩くと下肢に痛みが出て、

しばらく休むと(多くの場合は、前かがみにすると)

痛みが引いて、また歩くことができることを指します。

 

 ちょっと話が逸れてしまいますが、

間欠性跛行は、「脊柱管狭窄症」に見られることが多いです。

 

脊柱管狭窄症とは、「神経」が通っている脊柱管の内面が、

椎間板や靭帯、椎間関節によって圧迫された状態のことを指します。

 

脊柱管が狭くなることで、神経を圧迫して痛みが‥

ということなのですが、脊柱管は、歩くと狭くなるのでしょうか?

 

椎間板ヘルニアにしてもそうなのですが、

椎間板ヘルニアにお悩みの方は、痛みに波があるとおっしゃいます。

 

「ヘルニア」と呼ばれる部分は、

出たり引っ込んだりしているわけではありません。

 

常に出ているわけであって、

そこに「痛い時」と「痛くない時」があることが、

そもそもの矛盾であるという理論もあります。

 

脊柱管狭窄症も、常に神経を圧迫しているはずなのに、

歩行によって左右されることは、理論に合いません。

 

歩いて痛みが出るということは、

「筋肉」に問題があると考えるべきかなと思います。

 

休むと痛みが引くというのは、筋肉を休ませているのであって、

間欠性跛行によって痛みが出るのは、

必ずしも神経の圧迫が関係しているわけではなさそうですね。

 

話を元に戻します

 

運動によって出た痛みは、(しばらく動いた後に出る)

多くの場合、筋肉に負担がかかっているので、

なぜその筋肉に負担がかかるのか?に目を向け、

 身体の使い方やバランスを整えます。

 

私自身も、ジョギングをしたりするので、

長く走ると鼠径部や膝に違和感を感じることがありました。

 

その場合、両足に出ることは少なく、

必ずどちらかの足に出ます。

 

片足ということは、

どちらかへの片寄りが強くなっているということです。

 

まずは、そのバランスを整えていくことで、

痛みは出にくくなります。

 

そうした上で、再び痛みが出ないように、

(また片寄りが大きくならないように)

足の使い方や、靴の選び方、走り方などの

その方にあったアドバイスをしています。

 

私自身も、運動によって身体を痛めてきたので、

スポーツをされる方は、何かと応援したくなります。

 

運動をされる学生さんも多く来院されていますので、

何か運動によって痛みが出たり、

「痛くなりそうで不安」という方もぜひご相談ください。

 

では、今回はこの辺で。

 

=======================


【中区山手・根岸の整体】 よこはま山手治療院

〒231-0846 横浜市中区大和町2-32-1

Kファースト山手1F

JR京浜東北根岸線山手駅から徒歩3分

大和町商店街の中にあります。

 

TEL 045-625-2092
「ホームページを見て…」とお電話ください。


定休日  日曜日、祝日

 

完全予約制(新規の方は1日2名様限定となります)


営業時間 
月~土曜日 : 9:30~20:00

 

フェイスブックページ→https://www.facebook.com/yyc2009

口コミ→http://www.ekiten.jp/shop_6047304/review.html

過去のブログ一覧→http://www.seitai-yamate.net/blog/

=======================

 

友だち追加

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ