「慢性化した痛み」を抱えている方へ、よこはま山手治療院が考える対処法をお教え致します。横浜/中区/整体

こんにちは。

よこはま山手治療院、院長の中野です。

 

慢性痛1

 

本日は、当院にご来院の方にも非常に多い、

「慢性痛」についてご紹介して参ります。

 

・腰痛

・肩こり

・腕や足のしびれ

などなど、長年の痛みを抱えているという方は、非常に多いですよね。

 

こちらをご覧のあなたも、もしかしたら「慢性痛」にお悩みかもしれませんね。

 

 

そもそも慢性痛とは?

 

では、そもそも慢性痛とはどういった状態のことをいうのでしょうか?

 

ぶつけた、転んだ、骨折や捻挫などは、急性期の痛みとされています。

 

痛みや症状が、3か月以上続いた場合のことを、

「慢性痛」と定義しましょうと決められているようです。

 

複雑な折れ方をしたとしても、とりあえず3か月あれば、骨はくっ付きます。

捻挫や打撲も、3か月あれば、とりあえずの症状は、落ち着きます。

 

その後、患部に痛みが残ったとしても、それは直接は関係していない

ということになります。

 

 

では、なぜ痛みが慢性化してしまうのでしょうか?

 

骨が折れても、その部分は一生そのままということはありません。

ちゃんと(場合によっては、手術が必要ですが)くっ付いてくれます。

 

捻挫をしても、一生その腫れが続くわけではありませんよね。

ちゃんと痛みや腫れは引いていきます。

 

では、なぜ「腰痛」や「肩や首のこり」は3か月以上続くんでしょうか?

もし筋肉を傷めたとしても、「組織」としては必ず修復するはずなのに、

なぜ痛みだけが続いてしまうのでしょか?

 

 

痛みの原因は、一つではないという前提

 

まず、申し上げておかなければいけませんが、

痛みや症状の原因は一つではありません。

 

複雑な要因が重なり合って、痛みが起きていると考えられています。

実際の、世界的な研究でも、そう言われています。

 

 

ターゲットは、「脳」?

 

以前から、こちらのブログ記事でご紹介しておりますが、

腰が痛くても、その場所、組織には異常がない場合が多かったりします。

 

最近では、NHKなどのメディアを通しても、

慢性化した痛みは、「脳」が関わっているということが言われています。

 

当たり前のことですが、痛みを感じるのは「脳」です。

慢性化した痛みも、それを感じさせているのは、

自分自身の「脳」だということですね。

 

ヘルニアが出ていようが、脊柱管に狭窄があろうが、

痛みを感じる人と、感じない人がいます。

 

そもそも、何か違和感や痛みがあるから「検査」に行くのです。

痛くない人は、そもそもその部分を意識すらしていないので、

検査にすら行きません。

 

現在では、さまざまな研究が行われていますので、

痛みがない人が画像を撮ってみると、

痛い人と同じように、組織に異常があることが分かっています。

 

これは、軟骨組織や骨の形状が、

直接痛みと関係していないのではないかということになります。

 

正解を導き出すのは、困難なこと

 

上記致しましたが、痛みの原因は、一つとは限りません。

 

「一病多因」

いつくもの要因が、複雑に絡み合って、結果を作っている。

 

よこはま山手治療院にも、多くの慢性痛を抱えた方がいらっしゃいますが、

当院なりの見解は、お伝え致しますが、もちろん正解かは分かりません。

 

筋肉のハリがなくなると、痛みがなくなる方もいらっしゃいますし、

身体のバランスが良くなると、痛みがなくなる方もいらっしゃいます。

 

「脳」についてお話することで、徐々に痛みが消えていくこともあります。

 

一つ申し上げるとすれば、「原因探し」をしても、

痛みにフォーカスしてしまい、余計に痛みを増幅させてしまいます。

 

原因探しは、専門の「研究者」に任せ、「今、何ができるか」

を考えるべきだということです。

 

絶対的な正解はないですし、もし原因が分かったとしても、

痛みが治るわけではありません。

 

痛みのことを考えると余計に…

 

痛みのことを考えると、余計に痛みが増す。

腰痛を治そうと、腰痛のことを考えると、

脳の痛みに関する脳領域ペインマトリックスが興奮します。

 

腰痛を治したければ、この「ペインマトリックス」を

の働きを抑えることが重要になってきます。

 

ですから、痛みを考えない、他のことを考えると痛みを感じなくなります。

 

何かに夢中になっている時、例えば、ご飯を食べている時は、

痛みを感じていない時ってありませんか?

 

別なことに意識が持っていかれている時には、

痛みを感じていないんです。

 

脊柱管狭窄症の男性

 

慢性痛を抱える人は年々増えている

 

慢性的に腰痛を抱える人は、年々その数が増えています。

これだけ、医療が発展しているにもかかわらずです。

 

それは、上記の「原因探し」を行うことで、

痛みにフォーカスしすぎることも要因の一つだと思われます。

 

検査の技術が向上する。

それは、以前なら見逃されていたことも、「異常」として処理される方ということです。

 

もし、その時にたまたまそうだっただけで、

それを放置しておいても、自己治癒力でなくなっていたかもしれません。

 

検査をすることで、「病」にフォーカスしてしまい、

自分は「病気なんだ」と思い込む。

 

「病」に自分自身の気持ちが入るから、文字通り「病気」になるんです。

 

まとめ

 

ここまで色々と書いてきましたが、

常に医療情報は更新されています。

 

日本の腰痛治療は、他の先進国に比べると、

20年遅れているとも言われています。

 

もちろん、医療を批判しているわけではありませんが、

「慢性痛」に対するアプローチは、

日本の医療は、遅れていると言わざるを得ません。

 

「脳」に対するアプローチなどは、

ご来院の方には、様子を見ながらお話したりもしています。

 

大事なのは、この痛みは、一生続くわけではないということです。

少しずつで良いので、そういった安心感を持っていただくこと、

それが痛みをなくすためには、非常に大事なことです。

 

もし、あなたがどこに行っても良くならない、

慢性痛でお困りであれば、ぜひ当院へご連絡ください。

 

=======================

【中区山手・根岸の整体】 よこはま山手治療院

〒231-0846 横浜市中区大和町2-32-1

Kファースト山手1F

JR京浜東北根岸線山手駅から徒歩3分

大和町商店街の中にあります。

 

TEL 045-625-2092
「ホームページを見て…」とお電話ください。


定休日  日曜日、祝日

 
完全予約制(新規の方は1日2名様限定となります)

営業時間 

月~土曜日 : 9:30~20:00

フェイスブックページ→https://www.facebook.com/yyc2009

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_6047304/

過去のブログ一覧→http://www.seitai-yamate.net/blog/

 

 =======================

友だち追加

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ