本牧「三渓園の蛍の夕べ」実際の感想。駐車場や時間、注意事項について

こんにちは。

よこはま山手治療院の中野です。

 

a0003_000049_m

 

本日は、本牧にあります「三渓園」の蛍のイベントについてです。

 

実は、三渓園には、蛍がいるんです!

ご存知でしたか?(笑)

 

※冒頭の画像は、三渓園の写真ではありません。

 

私は三渓園の近くに住んでいながらも、約10年間、全然知りませんでした。

 

たまたま、Facebookを見ていたら、三渓園の蛍のイベントがあるという事で、

先日、家族で行って参りました。

 

まずは、タイトルにもあります、「駐車場」についての件なのですが、

私達家族が伺ったのは、5/28(日)の18:30頃だったのですが、

すでに正面入り口の駐車場は、すでに”満車”となっており、

「本牧市民公園駐車場」へと誘導されました。

 

「本牧市民公園」は、ちょうど三渓園の裏手にあたり、

「南門入口」が近くにあります。

 

車で三渓園に行って、正面の駐車場が満車だと諦めてしまう方も

いらっしゃるかもしれませんが、市民公園の駐車場は、かなりの広さがありますし、

三渓園へも徒歩で行けますし、、しかも正面の駐車場より、

駐車料金が安いんですよ。

 

1時間¥200で、以降30分¥100です。

(詳しくは、こちら)

 

2017年現在は、まだ本牧市民プールは閉鎖中となっており、

もしプールが再開されたら、駐車場はいっぱいになるかもしれませんが、

夏場以外であれば、こちらの駐車場もおススメです。

 

前置きが長くなりましたが、「蛍の夕べ」についてです。

 

そんなわけで、当日は、夕方から三渓園に入園しました。

 

園内には、蛍の観賞スポットが掲示されており、

18:30に入園しましたが、行ってみると、ビックリするほどの長蛇の列です。

 

「こ、こんなに人がいるのか…」と、

こんな行列は、ディズニーランド以来だと思いながらも、

列につきましたが、一向に前に進みません(笑)

 

最初は、7~8分ごとに、一メートルくらい進むという、

これは時間内に観終わるのか…と思いつつでしたが、

途中から行列は進み始め、30分ほど経っってようやく

蛍を観ることができました。

 

なぜ、行列が進まなかったのかと言いますと、

蛍がいるスポットは、道がとても狭いんですね。

 

そこで、「わーキレイ」となって立ち止まると、後ろが進めないんですね。

そこを抜けると、あとは「なんであんなに混んでいたんだ」と思うほど、

列がなくなって、自由に歩けます。

 

まさに、車での渋滞と一緒ですね。

 

さて、実際の蛍ですが、とてもキレイでした。

 

子供たちはもちろん初めて蛍を見たわけですが、

かなり喜んでおり、捕まえようとしてましたが…(もちろん止めました)

 

石川県出身の私は、小さい頃は田んぼの周囲に、蛍がいた環境で育ちました。

 

とはいえ、上京して20年近く、都会で蛍を観られる環境はなく、

久しぶりでしたが、「こんなにキレイだったのか」と感動するほどでした。

 

三渓園の中で、蛍がいる場所は、もちろん水辺のそばで、

(茶屋の裏手あたり)ぐるっとゆっくり周ると、じっくり観賞できると思います。

 

週末だと、混雑は避けられないようですが、

平日の観賞日を増やしてくださったそうなので、

ゆっくり観られるかもしれませんね。

 

2017年の開催日時は、

5月22日(月)~6月2日(金)となっておりまして、

入場は、20時30分までとなっています。(閉園時間は、21時00分)

 

当然ながら、日が沈んでからの方が良く見えますので、

おススメの時間は、19時30分~21時00分だそうです。

雨の日は、蛍も飛ばずに、葉っぱの裏に隠れてしまうなど、

天候次第なところもあるようです。

 

注意事項についてですが、

①光るものは使わない
②転ばないように
③捕まえないで

 

まず、蛍の光は、繊細ですので、写真などを撮ると、

周囲の方への迷惑になってしまいます。

 

フラッシュだけでなく、動画の撮影も禁止されていますので、ご注意ください。

 

蛍の成虫は、約1週間しか生きられないそうです。

もちろん、捕まえたりしないで、見守っていてあげてくださいね。

 

最初、私は、このイベントのために、蛍をどこか別の場所で飼育して、

その蛍を放しているのかと勘違いしておりました。

 

しかしながら、そうではなく、毎年この時期になると自然に、

蛍が現れるんですね。

 

蛍は、水のきれいなところにしか生息できないと聞いたことがありますが、

三渓園の中も、そういった環境が整えられているんですね。

 

何だか、都会の真ん中で、このような風景が見られて、

とても嬉しくなりました。

 

来年も行ってみようと思っています。

 

これをお読みのあなたのもぜひぜひ!

 

※じっくり見たいという方は、

「ホタルの観察コーナー」というものがあって、

通常では非公開の「旧燈明寺本堂内部」で、

虫かごに入ったホタルを間近でみることができます。

 

5月26日(金)・27(土)・28日(日)、6月2日(金)の4日のみ

18時30分~20時45分

 

となっております。

 

詳しくは、こちらもご覧ください。

三渓園ホームページ内紹介ページ

 

↓↓

こちらは当院の紹介です。

 

 =======================
【横浜市中区の整体マッサージ】 よこはま山手治療院

〒231-0846 横浜市中区大和町2-32-1

Kファースト山手1F

JR京浜東北根岸線山手駅から徒歩3分

大和町商店街の中にあります。

 

TEL 045-625-2092
「ホームページを見て…」とお電話ください。


定休日  日曜日、祝日

 
完全予約制(新規の方は1日2名様限定となります)

営業時間 
月~土曜日 : 9:30~20:00

 

フェイスブックページ→https://www.facebook.com/yyc2009

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_6047304/

過去のブログ一覧→http://www.seitai-yamate.net/blog/

=======================

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ