花粉症という過敏症に効くかもしれない?ちょっとした治療法

こんにちは。

よこはま山手治療院の中野です。

 

マスクとティッシュ

 

本日は、

先日の「花粉症」についてのお話の続きです。

 

前回は、花粉症は「過敏に反応している」ことだというお話でした。

 

花粉症の人は、

毎朝テレビで流れる花粉情報ってチェックしてませんか?

 

杉の木から黄色い花粉が飛ぶ映像。

そう、想像しただけで鼻がムズムズしてきた方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

こんな映像です。

 

杉花粉

 

この画像を見て「は、鼻が…」となった方は、かなりの過敏症ですね。

 

僕がお世話になっている鍼灸師の先生が、

(こちらのページで紹介致しました先生です。)

花粉症、過敏症について面白いお話を書いていらっしゃいました。

 

本を出されたりされいる先生なのですが、

過去の文章を振り返るのはあまり喜ばないのですが…

これは皆さんにもご紹介した方が良いかなと思いました。

 

↓↓以下文章をお借りしました。

 

渋谷駅の近くに私がよく利用する静かなコーヒーショップがあります。

そこは自習をしている学生さんが多く、とても静かです。

 

先日、私はこの店の真ん中あたりでレポートを書いていました。

 

すると入り口に大きなくしゃみとともに入って来た方がいました。

くしゃみが止まらないとオーダーを受けられませんから店員さんも忍耐が必要です。

静かな店内に何度もくしゃみが響きます。

 

すると間もなく、入り口から一番遠い(一番奥)座席の主がくしゃみをし始めました。

距離は10メートル以上離れています。

 

花粉がそこまで飛んで行と思えませんし、

入り口で苦しんでいる発起人の方も、

店内に入って来てから始まったのでくしゃみの犯人は花粉ではなくコーヒーかもしれません。

 

あるいは私の隣にいる、必要以上に香料を振りかけた奥様かも。

 

以前私もこういう奥様の隣にいると鼻がムズムズしたものですが、

最近は平気になりました。

 

ただし、ある特定のにおいにはいまだに敏感で頭痛がします。

なにかのトラウマが関係しているのかもしれません。

 

そして…

私の予想どおり、

後からつられて4、5人の人がくしゃみを始めました。

くしゃみの合唱、輪唱です。

 

くしゃみは花粉で起きたのではありませんよね。

 

このように過敏症の人が症状をアピールするのは簡単で、

スイッチはどんな情報でもいいのです。

 

そう、花粉でなくてもいいのです。

 

そこで私は花粉症に苦しんでいる患者さん数人に次のような説明とお願いをしました。

 

アレルギーは過敏症である。

 

私がみている女の子は十数メートル前を猫が横切っただけで湿疹が出ます。

 

猫はさわっていないし、猫の毛も届かない。

 

詳しく話を聞いたら、テレビに猫が映っても同様のことが起きるそうです。

 

さて、花粉症のあなた。

 

あなたはテレビのニュースや天気予報で花粉情報など真剣に見ていないでしょうか?

 

ネットにある花粉情報も。

私はテレビで、高尾山の杉から花粉が大量に飛散する様子を見たことがあります。

 

私は杉花粉とくしゃみが結びつかないらしく、見ても何ともありません。

 

それはともかく、花粉症の犯人が花粉症であれ、他の何かであれ、

この映像は何の役に立ちますか?

 

花粉でアレルギー症状が出る人に対する嫌がらせですよね、どう考えても。

テレビですから大々的に飛散している場所を探し、最高のシーンを待って録画したことでしょう。

 

そしてお天気お姉さんが言います。

「明日は今日より花粉が多く飛散します。お気をつけてお出かけ下さい。」

 

今日より多い?

アレルギーは過敏症だから量は関係ないです。

気をつけろ?何を?どうやって?

 

あなたにこのアドバイスは必要ですか?

今日よりあすの花粉が多いと知ってどんな対策がとれますか?

マスク?

防じんめがねでもダメでしたよね、今日は。

 

こういう情報は対策方法があってこそ役に立ちますが、

それがなければ単なる迷惑なおせっかいです。

 

つまり、こういうことです。

 

くしゃみ鼻水が明日も出るぞ!

マスクや鼻炎薬を飲まないとたいへんだぞ。

私を除く多くの素直な日本国民は、

ちいさい頃からお母さんやおばあちゃんに、

具合が悪いときには薬を飲みなさいと洗脳されています。

 

潜在意識には「薬を飲むのは親の言うことをきく良い子」という偏りが根を張っています。

 

こういう人にマスクや鼻炎薬を売るのは簡単です。

 

テレビ局、新聞、雑誌のスポンサーとなっているメーカーの空気清浄機、

鼻炎薬、マスクなどの商品がよく売れるように誘導している…としか思えません。

 

この無駄な予報を見たあなたは、

翌日、勤務先の渋谷辺りで八王子の花粉の映像に反応しながら同僚に言います。

 

「今日の花粉は、昨日の1.5倍だって!」

それを聞いて同僚も鼻がムズムズしはじめます。

 

冒頭にお話ししたくしゃみの連鎖が起きるかもしれません。

 

さて、話を戻して花粉症の治療に私が何をしたか…

花粉症に苦しんでいる患者さん十数人にこう言いました。

 

「今日から、家に帰ったらニュースや天気予報は絶対にみないように、

情報番組もダメ、目や耳から入ってくる花粉の情報をシャットアウトして下さい。」

 

バカバカしいと思ったのか、そのまま忘れてしまった方も多かったのですが、

実直に実行してくれる方も何人かいて、

その中の何人かの方から軽減、半減、治った、という言葉をいただきました。

 

私は学者ではないので理屈は何でもいい。

 

ガンがあっても元気ならいいし、ガンなどなくても廃人のような方は大勢います。

 

情報をシャットアウトするだけで花粉症が治ったなどバカなことを言うな、

と思われるかもしれませんが事実です。

 

方法は何であれ治った方が良いに決まっています。

 

ここで私が言いたいのは治す方法を見つけたとかそういうことではなく、

こんな単純なことで治ったり、症状が軽くなる人がいるということ。

 

そうなるとテレビやコマーシャルの花粉のイメージは目的が見えて来ます。

症状を増悪させ、消費行動に向かわせる。

 

症状の改善には何の効果も持たないマスクや

鼻炎薬を売ることが花粉予報の魂胆です。

 

気象庁はこんなことに無駄な時間とお金を使っているわけです。

皆さん健康のために今日からテレビを見るのをヤメましょう(笑)

 

(※中略)詳しくはこちらのFacebookページを…

 

なかなか過激なことを書いていらっしゃいますが、

これが本質なんじゃないかと私も考えています。

 

私もスギ花粉の映像を見たところで何にも感じないですし、

「花粉症は突然来るって言うから、気を付けないと」

とおっしゃる方も、そういう情報を植え付けられるだけで、

もうそういう状態(過敏症)になる準備はできてしまっているんですね。

 

「何か鼻がムズムズしてきたな」

「も、もしかして花粉症になったのかも!!」

 

その瞬間に花粉症患者が一人誕生してしまう、

そんな感じです。

 

おぉ、何だか私にしてはめずらしく過激なことを書いていますが、

僕は花粉症になんてなるはずがないと思って生きているので、

多少鼻がムズムズしたとしても、花粉症と結び付けることは絶対しません。

 

製薬会社の年間の売上って、花粉症の時期にすごく伸びるんだそうです。

それはテレビで必死に花粉の映像のCMを流しますよね。

 

たまには、過激な内容も良いかなぁと思う私ですが、

「そうは言っても、その苦しさは分からないでしょ!」

とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、

そんな単純なことで症状が軽くなるなら、試す方が良いと思いませんか?

ぜひ試してみてください(笑)

 

 

 =======================
【横浜市中区の整体マッサージ】 よこはま山手治療院

〒231-0846 横浜市中区大和町2-32-1

Kファースト山手1F

JR京浜東北根岸線山手駅から徒歩3分

大和町商店街の中にあります。

 

TEL 045-625-2092
「ホームページを見て…」とお電話ください。


定休日  日曜日、月曜日

 


完全予約制(新規の方は1日2名様限定となります)

営業時間 
火~土曜日 : 9:30~20:00
日曜・祝日 : 9:00~18:00

 

フェイスブックページ→https://www.facebook.com/yyc2009

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_6047304/

過去のブログ一覧→http://www.seitai-yamate.net/blog/

=======================

 

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ